GTX1050超えの性能!「GeForce MX450」は3種類ある模様

ニュース

2020年8月25日、NVIDIAは「GeForce MX450」を発表しました。

性能上がったなぁ。 「GeForce MX350/MX330」が登場。性能はGTX 960M並に

※2020年10月18日追記:デスクトップ向けの情報が混在していたので整理しなおしました。海外での販売情報を追記いたしました。

スポンサーリンク

スペック

※これまでの「GeForce MX」シリーズも併記しています。

GPUコアアーキテクチャメモリーSP数動作周波数最大周波数消費電力
MX450(28.5W)TU117TuringGDDR68961395MHz1575MHz28.5W
MX450(25W)TU117TuringGDDR5/68961395MHz1575MHz25W
MX450(12W)TU117TuringGDDR5896720MHz930MHz12W
MX350(25W)GP107PascalGDDR56401354MHz1468MHz25W
MX350(12W)GP107PascalGDDR5640746MHz937MHz12W
MX330GP108PascalGDDR53841531MHz1594MHz25W
MX310GP108PascalGDDR52561341MHz1379MHz25W
MX250(25W)GP108PascalGDDR53841518MHz1582MHz25W
MX250(15W)GP108PascalGDDR5384937MHz1038MHz10.5W
MX230GP108PascalGDDR52561518MHz1531MHz25W
MX150(25W)GP108PascalGDDR53841468MHz1531MHz25W
MX150(10W)GP108PascalGDDR5384937MHz1038MHz10W
MX130GM108MaxwellGDDR53841122MHz1242MHz25W
MX110GM108MaxwellDDR3256963MHz993MHz10W

※MX450の25Wと28.5Wはリーク元で同じ周波数となっています。

特徴

「GeForce MX」シリーズはNVIDIAのノートパソコン向けGPUです。これまでのGeForce MXシリーズの発表は以下のようになっています。

2017年11月:MX150/MX130/MX110
2019年02月:MX250/MX230
2020年02月:MX350/MX330
2020年08月:MX450

…だんだんローンチサイクルが早まっていますね。次は3か月後になるんじゃなかろうか。

で、GeForce MX450の特徴は以下のようになっています。

・コアアーキテクチャがTuring世代に
PCIe4.0 x4接続
・VRAMはGDDR6にも対応
・TDPは3パターン

GeForce MXシリーズは少し世代の古いコアアーキテクチャからスタートして、駆け足で更新しています。
これまでのGeForce MXシリーズと同じコアアーキテクチャのGPUが以下。

GM108:GeForce 830M/840M
GP108:GeForce GTX 1030
GP107:GeForce GTX 1050
TU117:GeForce GTX 1650/1650Ti

GeForce MX450ではGeForce GTX 1650と同じTU117コアアーキテクチャ、つまり現行世代に追いつきました。

判明している情報をもとにGeForce MX450とGeForce GTX 1650を比較した表がこうなります。

GPUコアアーキテクチャメモリーメモリ速度SP数動作周波数最大周波数消費電力
GTX 1650TU117Turing4GB GDDR5/68Gbps10241395MHz1560MHz50W
MX450(28.5W)TU117Turing2GB GDDR610Gbps8961395MHz1575MHz28.5W
MX450(25W)TU117Turing2GB GDDR5/67/10Gbps8961395MHz1575MHz25W
MX450(12W)TU117Turing2GB GDDR610Gbps896720MHz930MHz12W

GeForce MX450は画像がリークされており、スペックや性能が推し量れます。

(Image Source: Zhuanlan)

GPU-Zの画像からはPCIe4.0 x4接続であることが分かります。メモリは2GBですね。

ただ、この画像がTDP25Wのものか、TDP28.5Wのものかが不明です。

さらに3DMark FireStrikeのグラフィックスコアを3DMark公式平均スコアと比較するとこんな感じです。

CPU3DMark FireStrike Graphics
RX 5300M10428
GTX 16509168
GTX 1650 Max-Q7771
GTX 1050 Ti7718
MX4507500
GTX 10506496
RX 560X6461
Core i7-1165G75047
MX3504376
GTX 960M4359
Ryzen 7 4800U3814
MX250(25W)3648
MX1503378
Core i7-1065G72690
Ryzen 7 3700U2506
Core i7-10510U1214
UHD 6201169

※dGPUはすべてノート向けのものです。

さっくりとモバイル向けのGeForce GTX 1050を超えています
一応、リーク元での複数のベンチマークの結果では勝ったり負けたりとなるようで、完全に超えたとは言い難いようですが…

現行のエントリーゲーミング向けのGeForce GTX 1650 Max-Qにも迫っていますね。
ただし実ゲームでは専有メモリ量の違いからか、差が開くようです。

というか、MX350との差がえげつないですね…
あと地味にIntel第11世代の内蔵GPU(Xe)が強いです。内蔵GPUでGeForce MX350超えも驚異的ですね。

リーク情報の大元はこちらです。TDP28.5W版をオーバークロックして、30.5W相当にしたベンチマークなどが掲載されています。

https://zhuanlan.zhihu.com/p/203213776

まとめ

GeForce MX450を搭載したノートは2020年10月より順次登場となっています。

海外ではすでにHPが搭載モデル(Pavilion 14)を販売しています。

HP HP Laptops - Officiële HP Store Nederland
Ontdek de laptops van HP. De OMEN by HP voor gaming of een ZBook voor optimale prestaties. Ontdek onze verschillende series en vind de laptop voor jou.

まぁ国内におけるこれまでのGeForce MXシリーズ搭載機の登場は結構遅れがちだったので、手に届く範囲で発売されるのは年明けくらいじゃないでしょうか。

GeForce MXシリーズのいいところは、GTX搭載モデルよりも安価で、ゲーミングノートのように大仰な筐体にならずに済むところです。

例えばDELL「Inspiron 13 7000」シリーズは16.5mmの薄型筐体にGeForce MXシリーズを搭載していますし(おそらくは15W版ですが)、MX330であれば厚さ16.9mmのMSIの「Modern 14-B10R」や厚さ17.9mmのLenovo「ThinkPad T14 Gen 1」があります。

上記HP「Pavilion 14」も見に行けば分かりますが厚さ17mmの薄型ノートで重量も1.4kgとまぁまぁ軽量です。
これならモバイルするに不便はありませんね。

一応、MSIの「Prestige-14-A10SC-165JP」のようにGeFOrce GTX 1650 Max-Qを搭載する薄型ノートもありますが、実売17万円弱と高額です。

GeForce MXシリーズ搭載機であれば、おおむね10万円ちょっとで購入できるものが多いです。

性能もエントリークラスのゲーミング機に追いつきそうなレベルまで来ていますし、これまでラインナップが少なかったGeForce MX搭載機が一気に増える可能性だってあります。

10万円前後の格安ゲーミングノートにするか、MX450搭載機にするか、悩む日が来るかもしれません。

関連リンク

GeForce MX450:NVIDIA

コメント

  1. 匿名 より:

    Core i7-1165G7がMX350を超えているのは変。

タイトルとURLをコピーしました