ついにお目見え! Zen3搭載なLenovo「ThinkBook 13s Gen3(AMD)」が登場!

PC

2021年6月1日、LenovoはAMD社のZen3版Ryzen 5000シリーズを搭載した13.3インチノート「ThinkBook 13s Gen3(AMD)」を発売いたしました。

スポンサーリンク

スペック

■ThinkBook 13s Gen3(AMD)
CPURyzen 7 5800U
Ryzen 5 5600U
メモリ8~16GB LPDDR4x-4267
ストレージ256GB~1TB NVMe SSD
画面13.3インチ IPS FHD
インターフェースUSB Type-C(Gen2)×1
USB 3.0×2
HDMI
オーディオジャック
wi-fi802.11ax+BT5.1
サイズ299×210×14.9mm
重さ1.26kg
詳細スペックを見る
メーカーLenovo
名称ThinkBook 13s Gen3
発売日2021/06
定価147,400円~
実売価格92,862円~
価格条件税込・送料込
CPURyzen 7 5800U
Ryzen 5 5600U
グラフィックRadeon Vega 8
Radeon Vega 7
メモリ8~16GB
メモリ規格LPDDR4-4266
メモリ増設×
2.5inch×
M.2256GB〜1TB
(2242 NVMe)
画面13.3インチ IPS
解像度1920×1200
2560×1600
ベゼル幅
表面ノングレア
タッチ対応
光学ドライブ
USB2.0
USB3.02(Gen1)
USB3 Type-C1(Gen2)
USB PD
HDMI
LANポート
wi-fi802.11ax
Bluetooth5.1
office
カードリーダー×
Webカメラ720p
ThinkShutter
赤外線カメラ×
NFC×
指紋センサー
Windows Hello
オーディオジャック
マイクデジタルアレイ
スピーカーステレオ
スピーカー位置底面左右
サウンド
キーピッチ
キーストローク
キーボードバックライト
バッテリー4セル 56WHr
稼働時間16.1Hr
ACアダプタ65W
充電時間3.5Hr
急速充電
299mm
奥行き210mm
高さ14.9mm
重量1.26kg
開口角度180°
カラーミネラルグレー
その他特徴

特徴

「ThinkBook 13s Gen3(AMD)」はがじぇっとりっぷが確認した範囲において、現在国内発売されたモデルで初めて、Zen3版Ryzen 5000Uシリーズ(コードネーム:Cezanne)を搭載したノートとなります。

Zen3版Ryzenというくくりだと、ゲーミング向けのCezanne-H(Ryzen 5 5600HやRyzen 7 5800Hなど)を搭載したノートがすでに販売されています。

仕様がぶっ飛んでる! Lenovo「IdeaPad Slim 560 Pro(16)」はRyzen 5000HにGeForce GTX搭載可能!
電力効率アップ! モバイル向けRyzen 5000シリーズまとめ

CPU

CPU(AMDではAPUと呼称)はRyzen 7 5800UまたはRyzen 5 5600Uです。

CPUPassMark
Ryzen 7 5800U(8C/16T)198213110
Ryzen 7 4800H(8C/16T)192282660
Core i9-10980HK(8C/16T)173203027
Ryzen 7 5700U(8C/16T)162842585
Ryzen 5 5600U(6C/12T)162443056
Core i9-9980HK(8C/16T)156302754
Ryzen 5 4600H(6C/12T)150642507
Ryzen 7 4700U(8C/8T)138072576
Ryzen 5 5500U(6C/12T)138022515
Core i7-11370H(4C/8T)128623205
Core i7-10750H(6C/12T)125762738
Core i7-1165G7(4C/8T)116123090
Core i5-11300H(4C/8T)115642860
Ryzen 5 4500U(6C/6T)112782474
Core i7-10710U(6C/12T)100812498
Core i5-1135G7(4C/8T)99022750
Core i3-1125G4(4C/8T)89962563
Core i7-1065G7(4C/8T)89922504
Ryzen 3 4300U(4C/4T)78912370
Ryzen 7 3700U(4C/8T)74252062
Ryzen 5 3500U(4C/8T)71411991
Core i7-10510U(4C/8T)70982440
Core i5-10210U(4C/8T)64852262
Core i3-1115G4(2C/4T)64352760

上段:マルチスレッド、下段:シングルスレッド

見ての通り、化け物みたいなスコアをたたき出しています。
マルチスレッドスコアもそうですが、注目すべきはシングルスレッドスコアで、Zen2より2割程度向上した結果、Intel TigerLakeと同等クラスとなりました。
これによって今までの”マルチスレッド性能で勝ってシングルスレッド性能で負ける”状況をついに脱出して、名実ともにIntel以上のCPU(APU)となったわけです。

グラフィック周りはZen2から変わらずVegaアーキテクチャのままですが、電力効率の最適化が進み、動作周波数が向上しています。
残念ながらまだ第3者によるベンチマーク結果が見当たりませんが、(都合のいいデータばかりの)発表資料によると、グラフィック性能もTigerLakeと同等程度に追いついたようです。

メモリとストレージ

「ThinkBook 13s Gen3(AMD)」のメモリは8GBまたは16GBのLPDDR4x-4266です。オンボード固定で増設はできません。

ストレージは256GBまたは512GBと控えめ。一般的なM.2 2280ではなくM.2 2242で、カスタマイズでは1TBまで用意されています。
1TBのM.2 2242ってSATA規格ばかりなので、NVMe規格品は割と貴重だったりします。

ちなみに保守マニュアルによると、M.2 2280は非対応、デュアルストレージも不可のようです。

参考:ThinkBook 13s G3 ユーザーガイド

その他

Wi-fiは802.11ax(Wi-fi 6)に対応しています。
Intel Wireless-AX 22560という、Wireless-AC 9560の後継に当たるチップで、オンボードなCNVio形式なので換装はできません

バッテリーは4セル56WHrと、このサイズにしては頑張っています。
低消費電力化したZen3 Ryzenと合わせて、約16.1時間というかなり長い稼働時間が確保されています。半分としても8時間超えなので、無補給でも一日使えそうです。

マイクも今の時代に合わせて、単一指向性と無指向性の切り替えが可能です。AIベースのノイズキャンセリングアルゴリズムも搭載しているため、テレワークやビデオ会議で力を発揮することでしょう。

個人的に一番のポイントがディスプレイです。
アスペクト比16:10の画面で、解像度はWUXGA(1920×1200)またはWQXGA(2560×1600)から選択できます。カスタマイズではWQXGAは+6,600円と高くないので、興味ある場合はサクッと選択していいと思います。

なお、どちらも300nits、100% sRGB、非光沢、タッチ非対応で共通しています。

筐体

ディスプレイは180度まで開きます。
ベゼルは特に下部が細く、無地となったことで、すっきりした印象になっています。

■左
1.USB 3.2 Gen2 Type-C
2.HDMI
3.オーディオジャック
■右
4.USB 3.2 Gen1
5.セキュリティ キーホール

インターフェースはシンプルに抑えていますが、最低限のものは揃っています。
AMD系なのでThunderbolt 3/4はありませんが、Type-Cは転送速度10GbpsなUSB 3.2 Gen2なので、そうそう不足することはないでしょう。

ただ電源兼用なので、欲を言えばType-Cはもう1ポート欲しかったですね。

キーボードはIdeaPadシリーズそのままで、電源ボタンには指紋リーダーが組み込まれています。

天板は「ThinkBook」独自の、ツートンカラーです。

まとめ

「ThinkBook 13s Gen3(AMD)」の価格は、Core i5/8GB/256GBで92,862円(税込・送料込)から、Core i7/16GB/512GBで134,464円からとなっています。どちらもカスタマイズに対応しています。
Ryzen機としては高価格帯ですが、性能を考えれば納得の価格でもあります。

個人的なお薦めは、Core i7モデルにWQXGAディスプレイの追加(合計138,688円)ですね。カスタマイズにも割引が適用されるので、実際には4,200円程度の追加で済みます。

10万円の壁に悩む個人事業主向けだと、Core i5モデル+WQXGAで97,020円あたりでしょうか。ただしメモリは8GBなので、派手に使うのは厳しいでしょう。

もう少し待てば「ThinkPad E」シリーズなどで安価なモデルが出るかもしれませんが、幅300mm以下というコンパクトさや画面の広さが欲しい場合は「ThinkBook 13s Gen3(AMD)」が適当でしょう。

関連リンク

コメント

  1. 匿名 より:

    A485のM.2 2242+NVMe壊れた時、マウザーという所見つけて買ったのですが…今は容量メーカー選択肢もほぼ壊滅的な感じです。
    在庫が無い…

    換装は考えずに最初から容量余裕持つことをお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました