【レビュー】 HP Pavilion Aero 13-be:軽量高性能でコスパ抜群な、外に持ち出したくなるノート

レビュー

Pavilion Aero 13-be」はHP初のZen3ノートで、性能抜群かつ軽量、そして手ごろな価格にHPらしいスマートなデザインと、非常人気の高い機種です。

さらにしょっちゅうセールに並ぶので、がじぇっとりっぷでも結構な頻度でセール記事に登場しています。

そんな人気の一台、実は9月には入手していたのですがまとまった時間が取れず、遅まきながらの公開となります。

スポンサーリンク

HP Pavilion Aero 13-be

■ HP Pavilion Aero 13-be
CPURyzen 7 5800U
Ryzen 5 5600U
メモリ8~16GB DDR4-3200
ストレージ256~512GB NVMe SSD
画面13.3インチ IPS WUXGA
インターフェースUSB Type-C(Gen2)×1
USB 3.0×2
HDMI2.0
オーディオジャック
wi-fi802.11ac+BT5.0
サイズ298×209×18.9mm
重さ0.957kg

GoodPoint
持っていて嬉しくなる
軽量かつ高性能
アスペクト比16:10ディスプレイ

BadPoint
右一列ありのキーボード
メモリがオンボード
電源アダプタが野暮ったい

パッケージ

内容物
・本体
・電源アダプタ
・電源ケーブル
・ウォールマウンタ
・速攻!HPパソコンナビ
・セットアップ手順
・サポートガイドブック
・サービスおよびサポートを受けるためには
・alexaの使い方

「Pavilion Aero 13-be」のインターフェース

天板はとキーボード面はセラミックホワイトです。
汚れや傷の目立ちやすいホワイトですが、AED(アニオン電着塗装)によって指紋や傷が付きにくくなっています

カラーバリエーションのピンクベージュはよく言えば落ち着いた、率直に言えばくすんだピンクで、個人的にはセラミックホワイトの方が好みです。

■左サイド
・HDMI
・USB 3.2 Type-A Gen1
・USB 3.2 Type-C Gen2 (PD給電/DP出力対応)
・オーディオジャック
■右サイド
・USB 3.2 Type-A Gen1
・電源ポート

「Pavilion Aero 13-be」のインターフェースはUSBが3ポートにHDMIとシンプル。
オーディオジャックは手前側にあるため、画像には入っていません。

「Pavilion Aero 13-be」のディスプレイ

ベゼル色はブラック。ここもホワイトだと嬉しかったのですが、ブラックはブラックで締まった感じが出ます。

ベゼル幅は5.0mmでした。

ディスプレイパネルはLG Philipsの「LGD06B9」で13.3インチ1920×1200。
このパネル、「Pavilion Aero 13-be」以外にヒットしないんですよね…

比率カバー率
sRGB101.3%97.9%
AdobeRGB75.1%72.8%
NTSC71.8%67.8%
DCP-P374.7%74.3%

色域は結構広めでsRGB比101.3%でした。

ガンマ補正グラフは全色やや下向き、特に青が弱いです。

パネルそのものはかなり明るく、白が白いです。
左右の角度が付いてもはっきり見えますが、上下は少し反射が入ります。

ノングレアパネルなので反射はほとんどありません。

「Pavilion Aero 13-be」のキーボード

キーボードは”右一列”タイプ。
でもこのキーボード、よく見ると変則キーがないので日本向けに金型を起こしてますね

それだけ日本で売れると踏んだのでしょう。

キーピッチは18.5mm
やや狭くなっていますが、使っている分にはちょっと狭いかなー?くらいでそれほど気にはなりません。手の大きな人は窮屈感があるかも。

キートップはフラット。
打鍵は押し込み始めがやや硬めでそのあとは軽く、クッと押し込んだ感があります。

一定の荷重で押し込む方が好きな人は苦手かもしれません。

キーボードライトはくっきりはっきりです。

「Pavilion Aero 13-be」のパフォーマンス

購入した「Pavilion Aero 13-be」は6コア12スレッドのRyzen 5 5600Uモデルとなります。

全体

PassMarkは旧バージョン(v9)と新バージョン(v10.1)の両方を掲載。
CPUのスコアがぶっ飛んでいます。

CPU

CPUCINEBENCH R15
本機(Ryzen 5 5600U)1353223
Core i7-1165G7859227
Ryzen 5 4500U858177
Core i5-1135G7693200
Core i5-1035G7656170
Ryzen 3 4300U640161
Core i5-10210U612165
Ryzen 5 3500U609136
Core i5-8250U547144
Core i7-10510U502170
Core i7-8550U476163
Core i5-7200U324126
Ryzen 3 3200U309124

上段:マルチスレッド、下段:シングルスレッド

CPUCINEBENCH R23
本機(Ryzen 5 5600U)79301368
Core i7-1165G754451522
Ryzen 5 4500U53931163
Core i5-1135G743361338
Ryzen 3 4300U42231062
Core i5-1035G741001119
Core i5-10210U36531088
Ryzen 5 3500U3624940
Core i5-8250U3035906
Core i7-10510U29641046
Core i5-7200U1862799
Ryzen 3 3200U1736773

上段:マルチスレッド、下段:シングルスレッド

なんというか、ダントツですね。
以前は弱かったシングルスレッド性能でもIntel(TigerLake)と張り合えるようになっているのが印象的です。

しかもこれでRyzen 5なわけで…いずれRyzen 7もレビューしたいところです。

ただこの領域まで来ると通常使用の範囲ではオーバースペックもいいところなので、差を感じる場面というのは少ないです。

GPU

CPU3DMark Fire Strike (Graphic)
Core i7-1165G7(8GB×2)3883
Core i5-1135G7(8GB×2)3842
Ryzen 5 4500U(8GB×2)3247
本機(8GB×2)3044
Core i5-1035G7(8GB×2)2693
Ryzen 5 3500U(4GB×2)2355
Ryzen 5 4500U(8GB×1)2217
Ryzen 3 4300U(4GB×2)2209
Core i5-1135G7(8GB×1)2061
Ryzen 3 3200U(4GB×2)1289
Core i5-10210U(8GB×2)1257
Core i5-8250U(8GB×1)997
Core i5-7200U(4GB×2)962

CPU3DMark Time Spy (Graphic)
Core i7-1165G7(8GB×2)1236
本機(8GB×2)1187
Core i5-1135G7(8GB×2)1118
Ryzen 5 4500U(8GB×2)940
Core i5-1035G7(8GB×2)801
Ryzen 5 3500U(4GB×2)776
Core i5-1135G7(8GB×1)741
Ryzen 3 4300U(4GB×2)684
Ryzen 5 4500U(8GB×1)664
Core i5-10210U(8GB×2)413
Ryzen 3 3200U(4GB×2)388
Core i5-7200U(4GB×2)321
Core i5-8250U(8GB×1)318

「Pavilion Aero 13-be」はオンボードメモリのため、メモリを変更した検証は行えません。

GPUアーキテクチャは引き続きRadeon Vegaが使われているため、グラフィック面ではRyzen 4000シリーズとは大きな差はありませんね。

ストレージ

ストレージはWDC(Western Digital)のSN530シリーズを使用。仕様上の性能はリード2400MB/s、ライト1750MB/s、耐久性は300TBWです。

参考 PC SN530 NVMe SSD:Western Digital

ベンチマークは仕様をやや上回る、リード2470MB/s、ライト1700MB/sでした。

外観

パッケージ

上でも掲載したパッケージ全体の画像です。

付属品

電源アダプタはミッキータイプ。
通常のロングケーブルの他にウォールプラグが付属しています。

出力は65Wです。

マニュアル類。
分厚い「パソコンナビ」が入っているのはHPくらいですね。

これ、Windows 11版も出すのでしょうか?

筐体

▲左右全体。

オーディオジャックだけキーボードの手前に配置されています。
他の端子に比べて直径も奥行きもあるので、キーボードの下には収まらなかったんでしょうね。

▲全体像。

▲カメラは720pで、左右にステレオマイクが付いています。

▲排気口は広く開いているように見えて、実際には数字キーの8~0の辺りからしか排気されません。残りの部分は吸気ですね。

▲パームレストのロゴシール。Ryzenのシールは各世代似ていますがちょっとづつ進化しています。

▲最大に開いたところ。だいたい135度くらいです。

▲天板は中央にロゴ

▲ヒンジの裏にはひっそりと「PAVILION」のロゴ

▲底面も真っ白。

ねじはゴム足の下に隠されています。

▲スピーカーは底面手前左右に設置。

「Pavilion Aero 13-be」のスピーカーはかなり音量があり、かつ音の輪郭がはっきりしているので会話の類が聞き取りやすいです。

ノートPC用の小さなスピーカーの常として低音が弱いのは仕方のないところですが、人の声だとほとんど影響はありません。

中音・高音はクリアでフラット感が強く、金属音などのとがった音はやや丸くなります。
耳にやさしいので長時間聞くのに適していますね。

全体としてはテレワークや遠隔授業向き、音楽鑑賞はボーカル中心のJ-POPなどであれば問題なく聞けますが、ヘヴィメタルなどは厳しいです

重量

重量は仕様(957g)よりわずかに重い970gでしたが、しっかり1kgを切っています。
300g超の電源アダプタが重く感じますね。

ウォールプラグを使うのもいいのですが、外では複数ポートのUSB PD充電器でスマホ用とまとめてしまった方がよさそうです。

システム

起動前

▲UEFI

HP製品のUEFIは項目ごとに分かれていて分かりやすいのですが、一覧性が低いのが欠点です。

▲恒例のバックアップです。

使用したのは「Macrium Refrect Free」で、バックアップサイズは35.06GBでした。

システム情報

▲デスクトップ画像は色域の広さをアピールするような画像が使われています。

▲システム情報

▲HWiNFO

オンボードメモリなのでメモリ情報が拾えていませんが、Micron製のDDR4-3200で8GB×2となっています。

▲マザーボードとバッテリー情報

▲スタートアップにはなぜかVPNアプリ

ゲームベンチマーク

レビュー機のスペック

レビュー機のスペックは以下の通り。

CPURyzen 5 5600U
グラフィックRadeon Vega
メモリ16GB
ストレージ512GB

比較対象

[軽量級] DQベンチマーク

設定スコア評価
1920×1080 最高品質9953とても快適
1280×720 標準品質19102すごく快適
DQベンチマーク
Core i7-1165G7(8GB×2)10398 / すごく快適
Core i5-1135G7(8GB×2)10382 / すごく快適
本機(8GB×2)9953 / とても快適
Core i5-1035G7(8GB×2)9703 / とても快適
Ryzen 5 4500U(8GB×2)9431 / とても快適
Ryzen 5 3500U(4GB×2)6861 / 快適
Ryzen 3 4300U(4GB×2)6043 / 快適
Ryzen 5 4500U(8GB×1)5722 / 快適
Core i5-1135G7(8GB×1)5564 / 快適
Core i5-10210U(8GB×2)5479 / 快適
Ryzen 3 3200U(4GB×2)4241 / 普通
Core i5-7200U(4GB×2)3701 / 普通
Core i5-8250U(8GB×1)3393 / 普通

1920×1080(最高品質)での比較

軽量級タイトルでの比較ではRyzen 5 4500Uを5%ほど上回っています。

[中量級] FF XIV 漆黒のヴィランズ

設定スコア評価
1920×1080 最高品質2738やや快適
1920×1080 高品質3606快適
1920×1080 標準4657快適
1280×720 標準7358とても快適
FF XIV 漆黒のヴィランズ
Core i5-1135G7(8GB×2)2901 / やや快適
本機(8GB×2)2738 / やや快適
Ryzen 5 4500U(8GB×2)2685 / やや快適
Core i7-1165G7(8GB×2)2676 / やや快適
Core i5-1035G7(8GB×2)2317 / 普通
Ryzen 5 3500U(4GB×2)1925 / 普通
Ryzen 3 4300U(4GB×2)1859 / 普通
Ryzen 5 4500U(8GB×1)1664 / 普通
Core i5-1135G7(8GB×1)1303 / 設定変更
Core i5-10210U(8GB×2)1159 / 設定変更
Ryzen 3 3200U(4GB×2)1152 / 設定変更
Core i5-7200U(4GB×2)928 / 動作困難
Core i5-8250U(8GB×1)872 / 動作困難

1920×1080(最高品質)での比較

中量級だとRyzen 5 4500Uとの差は2%弱と縮まりました。

[重量級] FF XV Windowsエディション

設定スコア評価
1920×1080 高品質1140動作困難
1920×1080 軽量品質2125重い
1280×720 標準品質2634やや重い
1280×720 軽量品質3263普通
FF XV
Core i5-1135G7(8GB×2)2733 / やや重い
Core i7-1165G7(8GB×2)2702 / やや重い
本機(8GB×2)2634 / やや重い
Ryzen 5 4500U(8GB×2)2606 / やや重い
Core i5-1135G7(8GB×1)2001 / 重い
Ryzen 3 4300U(4GB×2)1914 / 動作困難
Ryzen 5 3500U(4GB×2)1823 / 動作困難
Ryzen 5 4500U(8GB×1)1724 / 動作困難
Core i5-1035G7(8GB×2)1543 / 動作困難
Core i5-10210U(8GB×2)1012 / 動作困難
Ryzen 3 3200U(4GB×2)1011 / 動作困難
Core i5-8250U(8GB×1)890 / 動作困難
Core i5-7200U(4GB×2)867 / 動作困難

1280×720(標準品質)での比較

重量級タイトルではRyzen 5 4500Uとの差は1%強となり、ほぼ誤差のレベルです。
全タイトルを通してわずかながら上回ってはいるので多少の改良はされているのでしょうが、ゲームプレイをする分には体感的にはRyzen 5 4500Uと変わらないですね。

消費電力・稼働時間・騒音・温度

消費電力

アイドル時6.7W
画面オフ時3.1W
スリープ時0.7W
充電(アイドル)37.9W
充電(電源オフ)56.1W
CINEBENCH(S)24.0W
CINEBENCH(M)39.8W
最大(CPU+GPU)45.7W
最大(充電中)73.7W

消費電力で面白いのが充電。電源オフ時はかなり高速で充電されています。
6コアなだけあって、マルチスレッド負荷の時の消費電力も高めですね。

稼働時間

キー入力のみ45625秒(12.7時間)
動画再生44159秒(12.2時間)
フルロード4874秒(1.35時間)

稼働時間は割と平凡な12時間台でした。といっても43WHrというさほど大きくないバッテリーであることを考えると、結構優秀な数字と言えます。

フルロード時は1時間21分。
バッテリー容量に対し最大消費電力が高めなので、こっちの短さも納得できます。

まぁそもそも、性能が高い分高負荷になりづらく、バッテリー駆動でフルロードを継続する状況というのはそうそうないとは思いますが。

騒音

状況音量聞こえ方
電源オフ35.2dB
アイドル35.2dBファンは回っていない
最大41.1dB低めの音

騒音レベル[dB]音の大きさのめやす自室内の聞き騒音
うるさい70掃除機
騒々しい街頭
非常にうるさい
60普通の会話・チャイム
時速40キロの自動車の内部
非常に大きく聞こえうるさい
声を大きくすれば会話ができる
普通50エアコンの室外機
静かな事務所
大きく聞こえる
通常の会話は可能
40深夜の市内
図書館
多少大きく聞こえる
通常の会話は十分に可能
静か30ささやき声
深夜の郊外
非常に小さく聞こえる
20ささやき
木の葉のふれあう音
ほとんど聞こえない

「Pavilion Aero 13-be」は低負荷時はファンの回転が停止していて無音です。

ファンの音は2mも離れたら気にならない程度で、音の高さとしては扇風機以上掃除機以下、ANC付きイヤホンで消えます。

温度

Intel系CPUと違ってRyzenはコアごとの温度センサーがなく、一括でしか温度が把握できません。
最高94度まで上がりますが、ファンが回り始めると80度台まで下がります。

フルロードで5分くらい経過した後の温度分布。
ホームポジションに指を置くと左手だけ指先があったかいです。

まとめ

「Pavilion Aero 13-be」は性能の高さもさることながら、さりげなく見せびらかしたくなるデザインで、「Z世代に向けた新製品」というのも納得です。天板ロゴの主張がもっとおとなしかったら言うことはないのですが。

キーボードの”右一列”こそ好き嫌いが分かれるところですが、変則キーがないのは美点です。
インターフェースは十分と言えますが、欲を言えば右サイドにもType-Cがあると嬉しかったですね。というか、右側の電源端子をType-Cにすればよかったのではないかと。

理想を上げればきりがありませんが、1kgを切る軽量さ、300mmを切る幅298mmのコンパクトさもあり、今まで触ってきたノートPCの中で外に持ち出す一台を選ぶなら、がじぇっとりっぷはこれを選びます

関連リンク

付録

ベンチマーク結果一覧

メーカーHP
モデル名Pavilion aero 13
CPURyzen 5 5600U
GPURadeon
メモリ16GB
ストレージ512GB
PassMark 9Total4837.5
CPU Single2875
CPU Multi16841
2D786.1
3D2628.6
Memory1877.5
Disk20064.5
PassMark 10Total4900.9
CPU Single3100
CPU Multi14720.5
2D763.3
3D2347.4
Memory2446.1
Disk16944.6
3DMarkTimeSpy1187
Graphics1047
CPU4908
FireStrike3044
Graphics3315
Phisics16094
Combined1076
NightRaid12844
Grapihics14299
CPU8148
SkyDiver11017
Graphic10847
Phisics12778
Combined10115
CloudGate19589
Graphics26257
Phisics10371
IceStorm140767
Graphics193834
Phisics71886
IceStormEX102833
Graphics117163
Phisics72008
IceStormUnlimited176161
Graphics264114
Phisics81348
3DMarkTimeSpy1201
Graphics1060
CPU4934
FireStrike3050
Graphics3310
Phisics16823
Combined1083
NightRaid12935
Grapihics14482
CPU8058
CINEBENCH R15OpenGL68.56fps
CPU(M)1353cd
CPU(S)223cd
CINEBENCH R20CPU(M)3087pts
CPU(S)532pts
CINEBENCH R23CPU(M)7930pts
CPU(S)1368pts
CPU-ZSingle582.7
Multi3955.7
CrystalMarkMark591031
ALU224052
FPU103055
MEM111040
HDD66847
GDI19515
D2D7064
OGL59458
GeekBench4Single5790
Multi23983
OpenCL46096
OpenCL(dGPU)
GeekBench5Single1341
Multi5572
OpenCL13102
OpenCL(dGPU)
PCMarkALL5695
Essensial10288
Productivity9461
DigitalContent5150
VR Mark
DQ(DX9)1920・最高9953
とても快適
1280・標準19102
すごく快適
FF XIV(DX11)
紅蓮
1920・最高2720
やや快適
1920・標準3724
快適
1920・低4949
快適
1280・標準6442
とても快適
1280・低7971
非常に快適
FF XIV(DX11)
漆黒の反逆者
1920・最高2738
やや快適
1920・標準3606
快適
1920・低4657
快適
1280・標準6159
とても快適
1280・低7358
非常に快適
FF XIV(DX11)
暁月の終焉
1920・最高2835
設定変更
1920・標準3768
設定変更
1920・低4944
普通
1280・標準6562
やや快適
1280・低7953
やや快適
FF XV(DX11)1920・最高1140
動作困難
1920・標準
1920・低2125
重い
1280・標準2634
やや重い
1280・低3263
普通
MHF(DX10)
大討伐
19205196
128010664
ブラウザjetstream2178.637
BaseMark1270.66
WebXPRT282
MotionMark720.08
SpeedMeter2.0173.3
octane62925

ベンチマーク結果画像

コメント

タイトルとURLをコピーしました