メモリー増し増し。MikroTikの5ポートルーターボード「RB450Gx4」は99ドルでPoE対応

がじぇっとりっぷでは格安高機能ルーターとして2018年5月にUbiquiti Networks「EdgeRouter X」、MikroTik「RB750Gr3」を続けて紹介しましたが、その翌月、2018年6月にMikroTikの新ルーターボード「RB450Gx4」が発表されていました(完全に見落としていました)。

スポンサーリンク

スペック

※比較のため、「RB750Gr3」「EdgeRouter X」のスペックを併記しています。

model RB450Gx4 BR750Gr3 EdgeRouter X
メーカー MikroTik Ubiquiti
発売日 2018/06 2016/10 2015
価格 99ドル 59.95ドル 49ドル
価格(日本円) 11,456円 9999円
CPU Qualcomm IPQ4019(4コア)
(0.7GHz A7 x 4)
Mediatek MT7621AT(2コア)
(880MHz MIPS1004Kc)
GPU
メモリー 1GB DDR3L 256MB 256MB DDR3
サポートOS RouterOS
OpenWrt
EdgeOS
UNMS
OpenWrt
有線LAN 1GbE x 5
Wi-fi
Bluetooth
チップ M2401IG
AR8327
ストレージ 512MB
microSD
16MB
microSD
256MB
USB 2.0 x 1
GPIO
映像
カメラ
オーディオジャック
その他インターフェース RS232
消費電力 5W
16W(PoE込)
5W 5W
電源 DC 10-57V
PoE 12-57V
DC 8-30V
PoE 8-30V
DC 9-26V
PoE 9-26V
90mm 113mm 110mm
奥行き 115mm 89mm 75mm
高さ 28mm 22mm
その他 175g
ケース込

特徴

「RB450Gx4」は「EdgeRouter X」「RB750Gr3」と同様に、5ポートのルーターとなっています(但しケースは別売)。

SoCにはQualcommの「IPQ4019」を使用しています。
「IPQ4019」はルーター系デバイス界隈では結構メジャーで、有名どころだと「Google Wifi」にも使われています。

「IPQ4019」のスペック表とブロックダイアグラムは以下となっています。
なお、スペック表の項目順序は公式サイトのままとしています。

Wi-Fi Wi-Fi Standards: 802.11ac Wave 2, 802.11ac, 802.11p, 802.11n
Wi-Fi Spectral Bands: 2.4 GHz, 5 GHz
Peak speed: 1.733 Gbps
Channel Utilization: 20/40/80 MHz, 5/10/20/40 MHz
MIMO Configuration: 2×2 (2-stream)
Wi-Fi Features: MU-MIMO, TxBF, Wi-Fi SON
RF Ethernet: 5-port ethernet
CPU CPU Clock Speed: 717MHz
CPU Cores: Quad-core CPU, 4x ARM Cortex A7
製造プロセス Process Technology: 40 nm
DSP DSP Technology: SIMD DSP
セキュリティ Security Features: Qualcomm® Trusted Execution Environment, Crypto Engine, Secure Boot
Wi-Fi Security: 802.11i security, AES-CCMP, AES-GCMP, PRNG, TKIP, WAPI, WEP, WPA, WPA2, WPS
メモリー Memory Type: DDR3L
RAM: 1 GB RAM
インターフェース Supported Interfaces: I²S, I²C, Ethernet, JTAG, LCD, PCIe 2.0, PCM, RGMII, SD/eMMC, SPDIF, SPI, UART, USB 2.0, USB 3.0
パッケージ Package Type: BGA
Package Size: 18 x 18 mm

一番上にWi-fiがきていることから分かるように、Wi-fiに強みを持ったSoCです。802.11ac wave2に対応し、最大1733Mbps(正確には866+866Mbps)をサポートしています。
しかしながら「RB450Gx4」はWi-fi非搭載なので、実のところSoCの実力を活かしきれていません。
WI-fiだけでなく、USB2.0/3.0やPCIeも持っているのに、「RB450Gx4」にはなんにも搭載されていません。
どれだけないかというと、下のブロックダイアグラムを見れば一目瞭然です。

ストイックなまでにルーター機能に特化しています。
せめてUSBだけでもあれば…

もったいないSoCの使い方をしている「RB450Gx4」ですが、それでも「EdgeRouter X」「RB750Gr3」と比べると高スペックになっています。

「RB450Gx4」はメモリを1GB、ストレージを512MB積んでいます。「EdgeRouter X」がメモリ256MB、ストレージ256MBであることを考えると、メモリは4倍です。
ただこれも、前述のUSBやPCIeの処理も考慮した容量のはずなので、やっぱり宝の持ち腐れというか、多分ルーティング処理だけだとこんなになくても大丈夫な気が…

インターフェースは5ポートのLANポート、シリアルポート(RS232)、microSDとなっています。
シリアルポートで入れるところが「EdgeRouter X」「RB750Gr3」と大きく違うところですね。

LANポートはEth0がPoE入力対応、Eth4がPoE出力対応となっています。
対応規格はPassive PoEおよびIEEE802.3af/atです。IEEE802.3afは44〜57Vで15.4Wまで、IEEE802.3atは50〜57Vで30Wまでとなっています。
「EdgeRouter X」のように、PoEスプリッタで24Vを出力するような手間も必要ありません。

PoE出力は500mVまでとなっており、PoEまで含めた最大消費電力は16W、本体のみだと5Wとなります。

OSはMikroTikが開発しているRouterOSとなっています。ライセンスレベルはL5です。

RouterOS ライセンス ※英語

記事執筆時の最新バージョンは6.44.3でした。
英語ではありますが、マニュアルも充実しています。

RouterOSマニュアル ※英語

最初の方に書きましたが、「RB450Gx4」はケース(CA150)が別売です。

このケースは「RB450G」「RB450」「RB850Gx2」(すべて終売)と共通となっています。
もしかして、ケースの流用のためにインターフェースが削られたんだろうか…?

まとめ

なんだかすごくもったいないスペックの使い方をしている「RB450Gx4」ですが、価格は99ドル(約10,600円)と、100ドルを切っています。
実売価格だともっと安くて、80ドル前後です。
ケースは定価19ドル、実売12ドル前後です。

関連リンク


Ubiquiti Networks Edgerouter ER-X

RB450Gx4 – MikroTik
IPQ4019 SoC – Qualcomm