液晶パッドじゃないのか。 ASUSのRyzen搭載ノート「ZenBook Flip 14 UM462DA」「ZenBook 14 UM431DA/UM433DA」はテンキー兼タッチパッド付き

2019年7月25日、ASUSは海外でNumPad付きのRyzenノート「ZenBook 14 UM431DA/UM433DA」を海外で発売いたしました。
また、これまで記事にしていませんでしたが、2019年5月19日に同じくNumPad付きの2-in-1型Ryzenノート「ZenBook Flip 14 UM462DA」を海外で発売しています。

スポンサーリンク

スペック

メーカー ASUS
名称 ZenBook Flip 14
UM462DA
ZenBook 14
UM431DA
ZenBook 14
UM433DA
発売日 2019/05 2019/08 2019/08
定価
実売価格 €749 £599 €751
価格条件
CPU Ryzen 7 3700U
Ryzen 5 3500U
グラフィック Radeon RX Vega 10
Radeon Vega 8
メモリ 8 / 12 / 16GB 8 / 16GB
メモリ規格 DDR4-2400
メモリ増設 ×
2.5inch
M.2 256GB(SATA/PCIe)
512GB(PCIe)
256GB〜1TB(PCIe) 256GB〜1TB(PCIe)
画面 14.0インチ
解像度 1920×1080
ベゼル幅 4.3mm 6.45mm 2.9mm
表面
タッチ対応
光学ドライブ
USB2.0 1
USB3.0 1(Gen1) 1(Gen2)
USB3 type-c 1(Gen1) 1(Gen2)
USB PD
HDMI
LANポート
wi-fi 802.11ac
Bluetooth 4.2 5.0 4.2
office
カードリーダー microSD SD microSD
Webカメラ HD
赤外線カメラ ×
NFC ×
指紋センサー × ×
Windows Hello
オーディオジャック
マイク アレイ
スピーカー クアッド
スピーカー位置 底面左右 キーボード左右
底面左右
底面左右
サウンド SonicMaster
キーピッチ
キーストローク 1.4mm
キーボードバックライト
バッテリー 42WHr 47WHr 50WHr
稼働時間 9.0Hr 12Hr 12Hr
ACアダプタ 45W 47W 45W
充電時間
急速充電
322mm 324mm 319mm
奥行き 210mm 212mm 199mm
高さ 18.9mm 15.9mm 16.9mm
重量 1.6Kg 1.39kg 1.12kg
開口角度 360° 145°
カラー Light Grey Utopia Blue Icicle Silver
その他特徴 Number Pad
ASUS Pen(1024段階筆圧)
MIL-STD 810G
Number Pad
MIL-STD 810G

特徴

ASUSはRyzen搭載ノートについては初期の頃は積極的で、世界初のデスクトップ向けRyzen搭載ノート「ROG STRIX GL702ZC」や、ゲーミング向けに「X570ZD」、一般向けには「VivoBook 15 X505ZA」などを発売していました。

初の一日2記事を書いていたらまたしても比較表が書けていません、がじぇっとりっぷです。 一つ前のエントリでAMDのモバイル向けRyzen AP...
2018年6月のCOMPUTEX TAIPEI 2018でお披露目されていたRyzen+GeForce GTX 1050なASUS「X570...

だいたいこれが2018年8月くらいまでの話で、そこから記事は出していませんでしたがその後も継続的にRyzen搭載ノートを出しており、最近出たのが2019年5月の「ZenBook Flip 14 UM462DA」、そして2019年8月登場の「ZenBook 14 UM431DA / UM433DA」です。

「UM462DA」「UM431DA」「UM433DA」は似たような型番で共通する特徴も多いのですが、それぞれちょっとづつ性格が違っています。具体的に言うと、下のような部分がポイントになります。

UM462DA:ディスプレイが360°回転する2-in-1機
UM431DA:底面とキーボード横合わせて4つのスピーカーを持つ
UM433DA:最小最軽量

3モデル共通の特徴として、”NumPad”が挙げられます。

これはタッチパッド部分をテンキーとして使用できる機能です。

また、テスト項目は異なっていますが、3モデルともMIL-STD-810Gを取得しています。

各モデルのテスト内容は以下となっています。

UM462DA:落下、振動、高度
UM431DA:落下、高度、低温
UM433DA:落下、振動、高度、高温、低温

テストの詳細は下記ページに記載されています。

参考:ASUS Laptop Quality Test – ASUS Global

ZenBook Flip 14 UM462DA

「ZenBook Flip 14 UM462DA」は上の画像の通り、ディスプレイが360°回転する2-in-1スタイルのノートです。
ベゼル幅は4.37mmで、画面占有率は90%になります。

2-in-1スタイルの常として、「UM462DA」もまたタッチパネルを搭載、スタイラスとしてASUS PenとWindows Inkに対応しています。
タッチパネルの仕様としては、筆圧が10g〜300gまで1024段階となっています。

インターフェースは必要なものは揃っている、といった感じになっています。
2-in-1スタイルのためか、電源ボタンがサイドに来ています。

ZenBook 14 UM431DA

「ZenBook 14 UM431DA」はキーボード左右のスピーカーがアクセントになっています。
スピーカーがある分、ベゼルはちょっと太めの6.45mmで、画面占有率は86%となります。

キーボード部を真上から見るとこんな感じです。

ヒンジはリフトアップ構造となっており、キーボードに最大4.5度の角度が付きます。
最近のASUSは吸気量が増え、打鍵もしやすくなるリフトアップ構造を取ることが多いのですが、その角度は3度くらいが多く、4.5度は結構傾斜が付いています。
これはスピーカーの向きをなるべく顔に向けるためではないかと思われます。

インターフェース面では3モデルの中で唯一フルサイズのSDカードスロットを備えています。

ZenBook 14 UM433DA

最もコンパクトな「ZenBook 14 UM433DA」はベゼル幅が2.9mm、画面占有率は92%と、狭額ベゼルで有名なDELL「XPS」シリーズ以上の細さとなっています。

前世代のZenBookと比較すると、フットプリントで13%も小さくなっています。
「XPS 13」が302mm×199mmなので、幅は17mm大きいもののの奥行きは同じです。14インチなのに13.3インチのコンパクトモデル並というのは凄いですね。

ヒンジのリフトアップ角度は3度です。

インターフェースは「UM462DA」から電源ボタンを省いた形です。
というか、3モデルとも左サイドは同じ並びですね。

まとめ

ASUSのRyzen搭載ノートはそれなりの機種が出ているにもかかわらず、国内ではゲーミング向けしか発売されていません。
そんな中で、この3モデルは、国内でも発売される可能性がありそうだなぁと感じています。
「UM431DA」のIntel CPU版とも言える「ZenBook 14 UX433FN」は国内発売されていますしね。
価格の欄がユーロだったりスターリング・ポンドだったりするのは記事執筆時点での販売元が少ないためです。価格としてはだいたい7万円第後半くらいです。

また、ASUSのRyzen搭載ノートの中でテンキー兼タッチパッドな”NumPad”を備えているのはこの3モデルのみで、液晶ディスプレイなタッチパッド”ScreenPad”を搭載するモデルはありません。

2019年8月23日、ASUSはタッチパッド部分が液晶ディスプレイとなっている「ZenBook 14 UX434FL」「ZenBook 15...

Ryzenのグラフィック能力ならFHD+FHDのデュアルスクリーンでも大丈夫だと思うのですが・・・
今後、”ScreenPad”搭載モデルが発売されることを期待してやみません。

関連リンク


ASUS ZenBook 14 UX433FN

ZenBook Flip 14 UM462DA – ASUS Global
ZenBook 14 UM431DA – ASUS Global
ZenBook 14 UM433DA – ASUS Global