Alexa対応! ECS「LIVA Z3 Plus / LIVA Z3E Plus」はクアッドマイクなNUCサイズPC

2019年1月7日、ECSはCES 2020(会期:‎2020年01月07日~01月10日)内で第10世代Intel Coreプロセッサを搭載するNUCサイズPC「LIVA Z3 Plus」および「LIVA Z3E Plus」を発表しました。

2020年11月11日追記:2020年11月7日、秋葉原で「LIVA Z3 Plus」が発売されました。また、11月1日よりAmazonでも取り扱いを開始しています。

LIVAZ3P-4/128-W10Pro(i3-10110U):パソコンショップark
LIVAZ3P-8/256-W10Pro(i5-10210U):パソコンショップark

スポンサーリンク

スペック

メーカー ECS
型番 LIVA Z3 Plus LIVA Z3E Plus
価格
発売日
117mm
奥行き 128mm
高さ 35mm 52.9mm
容量 0.52L 0.8L
CPU世代 第10世代(Comet Lake)
グラフィックチップ UHD
コア/スレッド数 upt to 6C / 12T
TDP
チップセット
メモリインターフェイス SO-DIMM DDR4 2666
メモリスロット 2
メモリ最大 32GB
ECC対応 ×
ストレージ ×
SATAポート数 × 1
M.2 1(2280)
mSATA ×
USB2.0(内部) ×
USB2.0(外部) ×
USB3.0(内部) ×
USB3.0(外部) Front x 3(Gen1)
USB type-C Front x 1(Gen1)
SDカード ×
LAN 1Gb x 2
Wi-fi 802.11ax
(M.2 2230)
Bluetooth 5.0
D-Sub ×
DVI ×
HDMI Rear x 1(2.0)
4K対応 4K/60Hz
DisplayPort Rear x 1(mDP)
シリアルポート × Side x 4(RS232)
S/PDIF ×
オーディオジャック Front x 1
マイク Front x 4(Alexa対応)
サウンドチップ ×
光学ドライブ ×
PCI-Eスロット ×
eSATA ×
赤外線 ×
Optaneメモリ対応
最大消費電力
電源 90W / 19V 90W / 19V
120W / 19V
ノイズレベル
VESA
付属品
その他
オプションでHDMI-in

特徴

「LIVA Z3 Plus / LIVA Z3E Plus」は見た目はスタイリッシュ感のあるUCFF(Ultra-Compact Form-Factor)PCです。サイズ感はほぼNUCと同等となります。

搭載CPUについては第10世代Intel Coreプロセッサ(Comet Lake)で、6コア12スレッドまで対応とされていますが、具体的なプロセッサナンバーは明らかになっていません。

2019年8月21日、IntelはノートPC向けの第10世代Coreプロセッサ、UシリーズとYシリーズ合わせて8製品を発表しました。 スペ...

仕様についてもComet Lakeに準じたものとなり、メモリはDDR4-2666まで、HDMIは2.0、Wi-fiはWi-fi 6(802.11ax)、Optane Memory対応などとなっています。

一方でUSBは全ポート3.1(Gen1)となり、Comet Lakeの持つUSB3.2(Gen2)やThunderbolt3といったインターフェースまでは活かされていません。

USBは全ポートフロント側に配置されています。
筐体上部に並んでいる4つの穴は音声認識用デジタルマイクで、5mまでの距離でAmazon Alexaによる音声操作が可能となっています。
たぶんここが一番の、他社との差別ポイントですね。

背面にはHDMI2.0、miniDisplayPort、LANポート×2(片方はIntelチップ)、電源ポートとなっています。
デュアルLANポートはIntel系では珍しいですね。

サイドにはデザイン性の高いスリットが開けられています。

「LIVA Z3 Plus」はIntel NUCと同様に2.5インチストレージ内蔵モデルの「LIVA Z3E Plus」があります。
これは単に背を高くして2.5インチストレージスペースを作るだけではなく、RS232コネクタ(シリアルポート)が2ポートついています。

画像にはありませんが、「LIVA Z3E Plus」オプションで背面(電源ジャックの下辺り)にHDMI-inをつけることができます。
CES会場ではHDMI-in搭載バージョンが展示されていたようです。

HDMI-inがあるということで、もしかするとゲーム実況などに使えるかもしれません。

また、「LIVA Z3 Plus」「LIVA Z3E Plus」にはカラーバリエーションとしてブラックがあります。

まとめ

実のところ、「LIVA Z3/Z3E Plus」は初お目見えというわけではなく、2019年8月21日に東京で開催された事業説明会にて、2020年投入予定製品として披露されています(当時はまだモックアップだったようです)。

当時の発表では2020年1月発売予定だがIntelのCPU供給状況次第とされていたので、ほぼ予定通りということになります。

2020年11月11日追記:2020年11月7日に秋葉原で「LIVA Z3 Plus」が発売されました。
価格はCore i3-10110U/4GB RAM/128GB SSDモデルが税込79,800円、Core i5-10210U/8GB RAM/256GB SSDモデルが税込97,799円です。
Core i7モデルは11月21日発売です(Amazonでは予約受付中)。

LIVAZ3P-4/128-W10Pro(i3-10110U):パソコンショップark
LIVAZ3P-8/256-W10Pro(i5-10210U):パソコンショップark

さらにCESでは「LIVA Q2」の後継になると思われる「LIVA Q1L」「LIVA Q1D」なども展示されていたようなので、今後の新製品にも注目です。

2018年10月12日、ECSの日本代理店のひとつである株式会社リンクスインターナショナルは、ECSの超小型デスクトップ「LIVA Q2」の...

関連リンク

LIVAZ3P-4/128-W10Pro(i3-10110U):パソコンショップark
LIVAZ3P-8/256-W10Pro(i5-10210U):パソコンショップark

LIVA Z3 Plus:ECS
LIVA Z3E Plus:ECS

コメント

  1. 匿名 より:

    背面にはHDMI2.0、miiDisplayPort、LANポート×2(片方はIntelチップ)、電源ポートとなっています。
    デュアルLANポートはIntel系では珍しいですね。

    「miniDisplayPort」