お手頃第10世代。 mouse「mouse X4」シリーズは使えるスペックで8万円台から。MX250入りの「DAIV 4N」シリーズも

PC

2020年1月14日、mouseは第10世代Intel Coreプロセッサ(Comet lake)を搭載した14インチノート「mouse X4」シリーズと、GeForce MX250を搭載した「DAIV 4N」シリーズを発売いたしました。

スポンサーリンク

スペック

メーカーmouse
名称X4DAIV 4N
発売日2020/01
定価87,800円(税別)〜139,800円(税別)〜
実売価格
価格条件
CPUCore i7-10510U
Core i5-10210U
Core i7-10510U
グラフィックUHDUHD
GeForce MX250
メモリ8GB16GB
メモリ規格DDR4-2666
メモリ増設最大16GB
(1スロット)
2.5inch×
M.2128 / 256GB(SATA)256GB(NVMe)
画面14.0インチ
解像度1920×1080
ベゼル幅
表面ノングレア
タッチ対応
光学ドライブ
USB2.01
USB3.02(Gen1)
USB3 Type-C1(Gen1)
USB PD○(60W以上)
HDMI1
LANポート1GbE
wi-fi802.11ax
Intel AX201
Bluetooth5.0
office
カードリーダー×
Webカメラ100万画素
赤外線カメラ
NFC×
指紋センサー×
Windows Hello
オーディオジャック
マイクデュアル
スピーカーステレオ
スピーカー位置
サウンド
キーピッチ18mm
キーストローク1.4mm
キーボードバックライト
バッテリー
稼働時間12.0Hr
ACアダプタ45W / 19V65W / 19V
充電時間
急速充電
320.2mm
奥行き214.5mm
高さ17.5mm
重量1.13kg1.09kg
開口角度150°
カラー
その他特徴Sound Blaster Cinema 5

ラインナップ

モデル名 OS CPU メモリ ストレージ dGPU 価格(税別)
mouse X4-i5-E Windos 10 Home(S) Core i5-10210U 8GB 128GB M.2 SATA 87,800円
mouse X4-i5 Windos 10 Home Core i5-10210U 8GB 256GB M.2 SATA 89,800円
mouse X4-i7-E Windos 10 Home(S) Core i7-10510U 8GB 128GB M.2 SATA 97,800円
mouse X4-i7 Windos 10 Home Core i7-10510U 8GB 256GB M.2 SATA 99,800円
DAIV 4N Windos 10 Home Core i7-10510U 16GB 256GB M.2 NVMe GeForce MX250 139,800円

mouse X4シリーズを見る

DAIV 4Nシリーズを見る

特徴

「mouse X4」と「DAIV 4N」は姉妹モデルというか、「mouse X4」のハイスペックモデルにGeForce MX250を搭載したものが「DAIV 4N」となります。
なので、筐体やインターフェースは共通となっています。

CPUには第10世代Intel Coreプロセッサ(Comet lake)のCore i5-10210UまたはCore i7-10510Uを採用、どちらも4コア8スレッドですが、動作周波数、L3キャッシュ、内蔵GPU(iGPU)の動作クロックに差があり、マルチスレッド性能・グラフィック性能ともに、大雑把に10%程度の性能差となっています。

まぁ実際のところグラフィックについては、一新されたIce Lakeと違って第8世代からの改良なので、UHD 620と比べても数%の差の性能です。
「DAIV 4N」ではGeForce MX250を搭載するので、性能は3倍弱くらいになります。

メモリは「mouse X4」が8GB、「DAIV 4N」が16GBで、ともにDDR4-2666です。
メモリスロットはひとつで、最大16GBとなっています。詳細は後述しますが、海外の同型品においてBTO項目に32GBまでラインナップされるので、自己責任ですが32GBまで増設可能なようです。

ストレージは128GB/256GBのM.2 SATA SSDですが、BTOでNVMeモデルに変更が可能です。
「DAIV 4N」は256GB M.2 NVMe SSDとなっています。

重量は1.13kg(「DAIV 4N」は何故か減って1.09kg)でバッテリー駆動時間は12時間ということなので半分としても6時間、外に持ち出しても一日持ちそうです。

大きくアピールされているのがWi-fiで、Intel Wi-Fi 6 AX201を搭載しています。
AX201はIntel独自のCRFモジュールで、Intel CPU内臓のCNViインターフェースを利用するため、汎用であるAX200と違って特定のIntel CPU/チップセットとの組み合わせでしか動作しません。機能的にはAX200と同じですが、機能の一部をCPU側に任せて省略できるので、チップサイズが小型になります。

ディスプレイはNTSC比72%(参考値sRGB比 換算102%)の広色域液晶パネルとなっていますが、TNパネルかIPSパネルかは不明です。
ベゼルは狭額縁ですが、幅については記載がありません。同じ14インチの他社製品の大きさ(ベゼル幅5.7mmで幅322mm)から判断すると、ベゼル幅は5mm弱となりそうです。

カメラはディスプレイ上部にあり、Windows Hello用の赤外線カメラも内蔵しています。
一方で指紋リーダーはないので、Windows Helloは顔認証のみとなります。

インターフェースは低価格系に多い並びで、USBはUSB2.0含む計4ポート、他は有線LANとHDMI端子があります。
最近のノートらしくSDカードスロットがありません。

電源ポートがありますがUSB PD給電にも対応しており、60W以上の充電器で充電が可能です。
電源アダプタだけ違っていて、「mouse X4」が45W、「DAIV 4N」が65Wです。

スピーカーのハウジング部と思われる場所に枠が切ってるのが、デザイン上のアクセントですね。

キーボードはギリギリアイソレーションタイプと言えるかなというくらいにキー間が狭くなっています。キーピッチは18mmで、キーストロークは1.4mmです。

英語キーボードをちょっと改良したくらいの配列なので、”ろ”キーはありますが右Ctrlキーやスペースキー左の”無変換”キーなどがありません。

実は個人的に気に入っているのがヒンジ部で、ちょっとゲーミングっぽい雰囲気を出しています。
しかもこれ、ちゃんと意味があって、ヒンジの下にある排気口のスペースを作っているんです。

GeForce MX250搭載モデルもあるということでファンの音が少し大きいと思われるので、ディスプレイに沿って排気させると音がうるさいかもという判断なんでしょうね。

なお、筐体はマグネシウム合金製となっているので剛性についても確保されていそうです。

同型品について

がじぇっとりっぷでは以前に「Mouse Pro C100」とECS「LIVA Q」を同型品として取り上げたことがあります。

MousePro C100の兄弟機? ECSが超コンパクトデスクトップ「LIVA Q」を発表。コンパクトさはそのままにPentium N4200が選択肢に追加!
Mouse Pro C100、Intel Compute Stick、ZBOX-PI330 NUCよりも更に小さいフル機能PCを紹介します!

「mouse X4/DAIV 4N」もmouseらしくないデザインだなぁと思ってどこかのOEM品かなと調べたところ、BTO.euというオランダのサイトの「BTO U•BOOK 14U1035」が見つかりました。

BTO U•BOOK 14U1035 - 14 inch Laptop voor Onderweg
Deze 14U1035 wordt geleverd in een extra sterke metalen behuizing, de laptop heeft een accuduur van 8 uur en een gewicht van slechts 1.05 kilogram.

画像ギャラリーを見れば分かりますが、側面の特徴的なデザインも一致しています。

とはいえ、このサイトは明らかに生産はしていなさそうなので、同じメーカーからパーツを購入しているものと思われます。
このことからmouseも”国内生産”を謳ってはいますが、正しくは”国内組み立て・国内テスト”になるでしょう。

まとめ

Comet Lakeでいい感じのデザインな「mouse X4/DAIV 4N」の価格は「mouse X4」が税別87,800円から、「DAIV 4N」が税別139,800円からとなっています。
OSはWindows 10 Home(Sモード)とWindows 10 Homeがありますが、Sモードは無償で解除できるのであまり気にする必要はありません。
ストレージ128GBと256GBに2000円差がありますが、カスタマイズでNVMeにするとか、もっと大容量にする場合は結局同じ価格になります。初期費用を抑えて自分で換装する場合は128GBモデルのほうがいいでしょう。

なんだかんだ、第10世代でWi-fi 6(802.11ax)対応、メモリ換装可能でこの価格というのは割安だと思います。
結構人気のようで、記事執筆時点では一番安いモデルは現在完売、他のモデルも出荷予定日まで2週間以上となっています。

関連リンク


mouse X4シリーズ

ニュースリリース:mouse
14型 mouse X4シリーズ:mouse
DAIV 4Nシリーズ:mouse

コメント

タイトルとURLをコピーしました