2.5GbEラッシュ。 QNAP「TS-231P3」「TS-431P3」はホームユースの2.5GbE NAS

2020年7月9日、NASメーカーのQNAP(本社:台湾)は、2.5GbEを搭載したホーム・SOHO向けの2ベイ/4ベイNAS「TS-x31P3(TS-231P3/TS-431P3)」を海外で発表いたしました。

スポンサーリンク

スペック

型番 TS-231P3 TS-431P3
メーカー QNAP
価格
発売日
102mm 160mm
高さ 169mm
奥行き 219mm
CPU AnnapurnaLabs
Alpine AL-314
1.7GHz Quad-Core
内部フラッシュメモリ 512MB
メモリ 2/4GB DDR3
最大メモリ 8GB
ホットスワップ
SSD対応
NIC
(1GbE)
1(2.5GbE)
1(1GbE)
NIC
(10GbE)
LA/PT
USB2.0
USB3.0 3
USB type-c
eSATA
PCIe
SDカード
HDMI
4K対応
DisplayPort
S/PDIF
オーディオジャック
スピーカー
赤外線
レシーバー
ハードウェア
暗号化
ハードウェア
アクセラレーション
IPカメラ
(無償)
2
IPカメラ
(最大)
25
仮想化
(VMWare)
×
仮想化
(Windows)
×
仮想化
(Citrix)
×
仮想化
(OpenStack)
×
仮想マシン
(VirtualBox)
×
仮想マシン
(Docker)
対応RAID 0/1 0/1/5/6/10
ファイルシステム EXT4
システム
ファン
70mm x 1 120mm x 1
ノイズレベル 19.2dB 19.5dB
Wi-fi USBアダプタ
消費電力 15.6W 26.7W
重さ 1.35kg 3kg
DTCP+
DTCP-IP ×
DLNA
iSCSIターゲット
iSCSI LUN
ユーザー数 4096
グループ数 512
並列接続数 1500
共有フォルダ 512
スナップショット 32
read性能
write性能
read性能
(暗号化)
write性能
(暗号化)
備考

特徴

「TS-x31P3」はQNAPの分類ではHOME向けミドルレンジとなっています。
前世代の「TS-x31P2(TS-231P2/TS-431P2)」は2017年11月の発表だったので、2年8ヵ月でのリニューアルとなります。

で、どこが変わったのかというと、メモリが増えたのと、1GbE×2が2.5GbE+1GbEになったこと、この2点です。

CPUについては「TS-x31P2」から変わらず、Amazon傘下のAnnapurnaLabs社製「Alpine AL-314」を搭載しています。スペックは4コア1.7GHzです。
「Alpine」シリーズはNASやWi-fiルーター、ゲートウェイなどをターゲットとしたCPU(SoC)で、QNAPの他、Synology、Buffaloなど、大手メーカーのNASに採用されています。

同じQNAP製品でいえば、先日発表された「TS-431X3」も「Alpine AL-314」搭載です。

2020年7月3日、NASメーカーのQNAP(本社:台湾)は、10GbEの他に2.5GbE+1GbEを備えた4ベイNAS「TS-431X3」...

メモリについては「TS-x31P2」の1GB/4GBから、2GBまたは4GBへと変更されました。
メモリは換装可能でDDR3を1スロット備えており、最大8GBまで換装が可能です。

なお、「TS-x31P2」では対応規格がDDR3/DDR3Lとなっていましたが、「TS-x31P3」ではDDR3のみとなっている点に注意が必要です。

インターフェースについてはUSB3.0が3ポートである点は変わらず、有線LANが1GbE×2から2.5GbE+1GbEに変更されました。
「TS-x31P3」はPCIeスロットを持たず拡張ができないため、標準ポートの高速化は大きいですね。

QNAPのここ最近の新製品を見ると、2.5GbE化とメモリ2GB化はセットであるように見えます。
このことから考えるに、2.5GbEを扱うには、相応のメモリ容量が必要なものと考えられます。

HDDの転送速度はシーケンシャルで130~150MB/s、高速なモデルでも200MB/s程度です。ランダムアクセスなんか一桁台です。
対して2.5GbEは300MB/s弱まで速度が出ます。

この転送速度の差分をどうするかというと、HDDよりはるかに高速なメモリ上にキャッシュすることで、見かけ上の転送速度を稼ぐわけです。
これが1GbE(125MB/s、実測で110MB/s程度)であればHDDの方が早く、キャッシュする横からどんどん書き込めるので、キャッシュに割くメモリ容量は少なくて済むのですが、2.5GbEだと書き込みが追い付かないのである程度以上のメモリ容量が必要になります。

多分ではありますが、これがメモリの増えた理由(のひとつ)じゃないかなぁと。
「TS-x31K」などは1GbE×2のままで、メモリも1GBで据え置きなのも、推測の裏付けとなっています。

2020年4月28日、NASメーカーのQNAP(本社:台湾)は、4コアのAlpine AL-214を搭載した1ベイ/2ベイ/4ベイNAS「T...

筐体

▲フロントはカラーリングが変更され、HDDベイに鍵が付きました。

この2つの変更はここ最近発表されたQNAP製品に共通のものです。

▲リアはUSBが二つLANポート(RJ45)が二つです。

上のRJ45ポートに2.5Gと書かれているのが見えますね。

▲サイドは左側にだけ吸気用の穴が開いています。

▲HDDベイを引き出したところです。

QNAP製品共通のツールレスベイであることが見えます。

まとめ

「TS-x31P3」はまだ国内発表されていないため、国内の価格は不明です。
海外では、イギリスのNAS専門販売サイトのSPAN.COMで「TS-231P3(2GB)」が£233(スターリング・ポンド、約31,500円)、「TS-431P3(2GB)」が£308(約41,700円)の値が付いていました。
同サイトでは「TS-231P2(1GB)」が£217(約29,300円)「TS-431P2(1GB)」が£294(約39,700円)なので、価格帯はほぼ変わらないとみてよさそうです。

ちなみに4GB同士だと、「TS-231P2(4GB)」が£274、「TS-231P3(4GB)」が£253で逆転しています。

ここ最近の新製品ラッシュで、QNAPのエントリークラスにある2ベイ/4ベイ製品はほぼ置き換えられました。
特に2.5GbEは、経路に当たるネットワークハブなども対応製品に変える必要があるとはいえ、転送速度が大幅に上がるため恩恵は大きいです。

あとは2018年のQNAPのトレンドであった3ベイNASですが、こちらも置き換えられるのでしょうか…

関連リンク

TS-231P3:QNAP ※英語
TS-431P3:QNAP ※英語
ニュースリリース:QNAP ※英語