結構パワフル? ZOTAC「ZBOX QCM7T3000」は第10世代+Quadro RTXなコンパクトベアボーン

2020年8月20日、PCメーカーのZOTAC(本社:香港)は、Core i7-10750HとQuadro RTX 3000(GDDR6 6GB)を搭載したコンパクトベアボーン「ZBOX QCM7T3000」を発表いたしました。

スポンサーリンク

スペック

■ZBOX QCM7T3000
CPU Core i7-10750H
GPU Quadro RTX 3000
メモリ SO-DIMM DDR4-2933/2666×2
ストレージ 2.5″×1、M.2 NVMe×1
画面 HDMI(2.0)×2
DisplayPort(1.4)×2
USB 3.0(Type-C)×1、3.0×5
wi-fi 802.11ax+BT5.0
電源 330W
サイズ 210×203×62.2mm
詳細スペックを見る
メーカー ZOTAC
型番 ZBOX ACM7T3000
価格
発売日 Sat Aug 01 2020 00:00:00 GMT+0900 (JST)
210mm
奥行き 203mm
高さ 62.2mm
容量 2.65L
CPU Core i7-10750H
CPU世代 Comet Lake-H
ベース周波数 2.6GHz
バースト周波数 5.0GHz
グラフィックチップ NVIDIA Quadro RTX 3000
(6GB GDDR6)
コア/スレッド数 6C/12T
TDP 45W
チップセット
メモリインターフェイス SO-DIMM DDR4 2933
メモリスロット 2
メモリ最大 64GB
ECC対応 ×
ストレージ ×
SATAポート数 1
M.2 1(NVMe)
mSATA ×
USB2.0(内部) ×
USB2.0(外部) ×
USB3.0(内部) ×
USB3.0(外部) Front x 1(3.0)
Rear x 4(3.0)
USB type-C Front x 1(3.0)
SDカード Front x 1(SDXC)
LAN 1Gb x 1
2.5Gb x 1
Killer E3000
Wi-fi 802.11ax
Killer AX1650
Bluetooth 5
D-Sub ×
DVI ×
HDMI Rear x 4(2.0)
4K対応 4K/60Hz
DisplayPort Rear x 2(1.4)
シリアルポート ×
S/PDIF ×
オーディオジャック Front x 2(in/out)
サウンドチップ
光学ドライブ ×
PCI-Eスロット ×
eSATA ×
赤外線 ×
Optaneメモリ対応
最大消費電力
電源 330W/19.5V
ノイズレベル
VESA
付属品 無線LANアンテナ
USBメモリ
その他

特徴

ZOTAC ZBOXシリーズはサイズとスペックに合わせてC,B,P,M,E,Qの6シリーズとPROシリーズがあります。

今回紹介する「ZBOX QCM7T3000」はQuadro搭載のQシリーズに属しており、Qシリーズ初の第10世代Core CPU搭載機となります。

なお、GeForce搭載のEシリーズではまだ第10世代Core CPU搭載機は出ておらず、MシリーズではNUCサイズ(127.8mm x 126.4mm x 50.8mm)の「MI622/MI642/MI662」および薄型(149.5mm x 149.5mm x 28.5mm)の「edge MI623/MI643」がComet Lakeを搭載しています。

ファンレスのCシリーズでも大型ヒートシンクの「CI622/CI642/CI662」、コンパクトファンレス機の「CI341」がComet Lakeを搭載しています。

2020年1月2日、ZOTACはCES 2020で発表する小型デスクトップPCなど計16モデルを発表しました。 全開は「ZBOX CA621...
2018年8月9日、小型PCメーカーのZOTAC(本社:香港)が第8世代Coreプロセッサを搭載したファンレスミニPC「ZBOX CI660...

※第8世代Core CPU機の記事ですが、筐体は同じものとなっています

Pシリーズはカードタイプの超小型機なので搭載できず、BシリーズはエントリークラスのCeleron機なので、第10世代への入れ替えで残すはEシリーズとQシリーズだったところに登場したのが「ZBOX QCM7T3000」というわけです。

おそらく今後はEシリーズにも第10世代Core CPU搭載機が登場することでしょう。

2019年8月8日、小型PC&グラフィックボードメーカーのZOTACが、GeForce RTXを搭載した世界最小クラスのゲーミングデ...

「ZBOX QCM7T3000」の話に戻ると、CPUにCore i7-10750H、GPUにQuadro RTX 3000(GDDR6 6GB)を搭載しています。

CPU PassMark
Ryzen 9 4900HS(8C/16T) 197562667
Ryzen 7 4800H(8C/16T) 193322672
Core i9-10980HK(8C/16T) 173203027

Core i9-9980HK(8C/16T) 156302754

Ryzen 5 4600H(6C/12T) 150642507
Core i7-10750H(6C/12T) 126952743
Core i7-9750H(6C/12T) 114182525
Core i7-8950HK(6C/12T) 111022571
Core i7-8750H(6C/12T) 102412363
Core i5-10300H(4C/8T) 90272653
Ryzen 7 3750H(4C/8T) 84712172
Ryzen 5 3550H(4C/8T) 81522114
Core i7-7920HQ(4C/8T) 80582233
Core i5-9300H(4C/8T) 80562431
Core i7-7820HK4C/8T) 79032302
Ryzen 7 2800H(4C/8T) 76562164
Core i5-8300H(4C/8T) 75752352
Ryzen 5 2600H(4C/8T) 75372125

上段:マルチスレッド、下段:シングルスレッド

…Ryzen 4000Hシリーズが優秀すぎてスコアが低く見えますが、Intel系は世代を経るごとにこつこつと10~15%ずつ性能アップを続けています。
唐突にスコアが2倍になるRyzenの方がおかしいだけです。

GPUについては、クリエイター向けのQuadro RTXを搭載しています。

GeForceがゲーミング特化(DirectX最適化)なのに対し、Quadroは3D CADなどクリエイター向けに特化(OpenGL最適化)したGPUです。

Quadro GeForce
主な用途 クリエイター ゲーム
API最適化 OpenGL DirectX
発色 RGB各色10bit
10億6433万色
RGB各色8bit
1677万色

発色数に差があるので、DTP(DeskTop Publishing、出版物・印刷物の作成)などの色にこだわる分野では圧倒的にQuadroなのだとか。

Quadro RTX 3000は、Quadro RTXシリーズの中では最下位のモデルで、性能面でみると5.4TFlopsとなっています。

GeForce GTX 1660 Ti(mobile)が4.884 TFLOPS、GeForce RTX 2060(mobile)が4.608 TFLOPSなので、これらより少し上くらいですね。

VR Readyなので、ゲーミング用としてみてもそれなりに使えるようです。

ベアボーンなのでメモリは搭載していません。
搭載可能メモリはSO-DIMM DDR4-2933/2666×2、最大64GBとなっています。

ストレージは2.5インチとM.2 NVMe(Optane Memory対応)が各ひとつづつとなっています。

ちょっと面白いのがネットワークで、有線・無線ともにKiller製品が使われています。
有線がチップ内蔵の1GbEに加えて2.5GbE対応のKiller E3000、無線が802.11ax(Wi-fi 6)対応のKiller AX1650です。

Killer製品はゲーミング向けというイメージが強いですが、大容量データのやり取りが想定されるクリエイター向けであれば、高速な2.5GbE+Wi-fi 6の組み合わせを管理しやすい同一メーカーで揃えるというのは理にかなっているのではないでしょうか。

筐体

▲筐体サイズは225×203×62.2mmです。容量換算だと2.65Lとなります。

狭額ベゼルな14インチノートで底面が330×220mmくらいなので、だいたいその2/3くらいの面積になりますね。

NUCほどに小さいとは言えませんが、デスクトップ機から比べるとかなり小さいです。

▲インターフェースです。

映像出力が4つ並んでいるのが目につきます。

HDMI(2.0)、DisplayPort(1.4)ともに4K@60Hzの出力に対応しているので、クアッド4Kが可能です。

Wi-fiは二つのアンテナのどちらも外出しになっています。

▲内部図です。

CPUに一つ、GPUに二つのトリプルファンとなっているため、騒音はそれなりにありそうです。

裏側の画像はありませんが、2.5インチストレージらしきものがくっついています。

メモリとM.2 SSDスロットも裏側でしょう。

▲パッケージです。

ACアダプタは330W出力なので、相応の大きさがあります。

まとめ

がじぇっとりっぷでは久しぶりのZOTAC製品です。

個人的にZOTACというと、他の追随を許さないカードサイズPC(「PI335」とか)の印象が強いのですが、GPU搭載機も数多く出しています(が、国内販売されるモデルが少ない…)。

「ZBOX QCM7T3000」は発表されたばかりで海外での販売情報もなく、価格も発売日も不明です。

国内だと発売されたりされなかったり、忘れたころに登場したりと安定しないので、何とも言えません。
一応オンラインストアもあるのですが、ラインナップは少ないです。

ZOTACはグラフィックボード以外の国内販路が弱いのが悩みですね。

関連リンク

ZBOX QCM7T3000 (Barebone):ZOTAC
リリースノート:ZOTAC
オンラインストア:ZOTAC Direct