これはいいアップデート。 ドスパラ「VF-AD4」はUSB PD充電になった3万円のCeleronノート

2020年8月20日、PC・パーツショップのドスパラはCeleron N4000ながらUSB PD充電に対応した14インチノート「THIRDWAVE VF-AD4」を発売いたしました。

スポンサーリンク

スペック

■THIRDWAVE VF-AD4
CPU Celeron N4000
メモリ 4GB DDR4
ストレージ 64GB eMMC
画面 14.0インチ FHD
USB 3.0(Type-C)×1
3.0×1、2.0×1
wi-fi 802.11ac+BT5.0
サイズ 332.5×222×14mm
重さ 1.28kg
詳細スペックを見る
メーカー ドスパラ
名称 VF-AD4
発売日 2020/08
定価 29,980円(税別)
実売価格
価格条件
CPU Celeron N4000
グラフィック UHD 600
メモリ 4GB
メモリ規格 LPDDR4
メモリ増設 ×
2.5inch 64GB eMMC
M.2 2280(SATA) x 1
画面 14.1インチ
解像度 1920×1080
ベゼル幅
表面
タッチ対応 ×
光学ドライブ
USB2.0 1
USB3.0 1(Gen1)
USB3 type-c 1(Gen1)
USB PD
HDMI micro x 1
LANポート ×
wi-fi 812.11ac
Intel AC9461D2W
Bluetooth 5
office
カードリーダー microSDXC
Webカメラ HD
赤外線カメラ ×
NFC ×
指紋センサー
Windows Hello
オーディオジャック
マイク
スピーカー
スピーカー位置
サウンド
キーピッチ
キーストローク
キーボードバックライト
バッテリー
稼働時間 8.6Hr
ACアダプタ 45W
充電時間
急速充電
332.5mm
奥行き 222mm
高さ 14mm
重量 1.28kg
開口角度
カラー
その他特徴

特徴

「THIRDWAVE VF-AD4」(以下VF-AD4)は「THIRDWAVE Altair VH-AD3S」(以下Altair VH-AD3S)の後継にあたります。ブランド名のAltairはなくなったようです。

「Altair VH-AD3S」との違いは以下のようになっています。

VH-AD4 VH-AD3S
CPU Celeron N4000 Celeron N3450
メモリ 4GB LPDDR4
ストレージ 64GB eMMC
USB Type-C(Gen1)×1
3.2 Gen1×1
2.0×1
3.0×2
電源入力 USB PD 電源ジャック
サイズ 332.5×222×14mm 333×222×16.9mm
重量 1.28kg 1.36kg

CPUは4コア4スレッドなCeleron N3450から、2コア2スレッドのCeleron N4000になりました。

CPU PassMark
Core i5-7200U(2C/4T) 33801789
Core m3-8100Y(2C/4T) 30341841
Pentium N5000(4C/4T) 26531156
Celeron N4100(4C/4T) 24761005
Celeron N3450(4C/4T) 1925762
Celeron N4000(2C/2T) 14781072
Atom z8750(4C/4T) 1406704
Celeron N3350(2C/2T) 1133801
Atom z8350(2C/2T) 922488

上段:マルチスレッド、下段:シングルスレッド

そのため、シングルスレッドスコアは向上したのですが、マルチスレッドスコアは下がっています。
これがCeleron N4100だったら文句はなかったのですが…

「Altair VH-AD3S」のときは2019年2月の発売当初は2コア2スレッドのCeleron N3350で、2019年7月に価格据え置きでCeleton N3450にアップグレードしたので、「VF-AD4」もしばらく待てばCeleron N4100にアップグレードする可能性も残されてはいます。

で、肝心のCeleron N4000については別機種ですが、がじぇっとりっぷでもレビューしていまして、結論から言うとハードな使い方には向いていません。

がじぇっとりっぷではエントリークラスのPCを紹介する際に、Celeron N4000をある程度ストレスなく使えるレベル以下(Passmark...
先日、Celeron N4000を搭載した DELL「Vostro 15 3582」のレビューを行ったわけですが、ベンチマークは完了するもの...

まぁ向いていない一番の原因がHDDの遅さなので、eMMCな「VF-AD4」は多少ましでしょう。

特に記載はありませんが、メモリの増設ができそうにない(「Altair VH-AD3S」は増設不可)点はマイナスですね。

Wi-fiは802.11ax(Wi-fi 6)ではなく、802.11acなIntel Wireless-AC 9461D2Wを使っています。
ただこれ、最大433Mbpsな上に換装不可のオンボードタイプなんですよね…

筐体

▲フロントです。

ベゼルはやや太めです。
ディスプレイはエントリーながらフルHD(1920×1080)解像度で、非光沢液晶となっています。

「Altair VH-AD3S」と同等であれば、IPS相当のパネルとなります。

▲インターフェースです。

左にUSBが2ポート(Type-C+3.0)、右に1ポート(2.0)の計3ポートが用意されています。

▲電源は何度も書いている通り、USB PD給電です。

電源アダプタもコンパクトなものとなった上、USB PD対応アダプタであればなんでも使えるので、用意のしやすさが格段に上がっています。

各所にUSB充電器を置いておけば、本体の持ち運びだけで済むようになるのは大きいですね。

▲キーボードです。

奇をてらった部分のない、使いやすそうな配列です。

▲これは「Altair VH-AD3S」の画像ですが、仕様を見る限り「VF-AD4」にも同じようなSSDスロットが用意されているものと思われます。

ただし、CPUの制限からおそらくはM.2 SATA SSDのみの対応(少なくとも公式の追加ストレージはM.2 SATA)で、M.2 NVMe SSDには対応していないものと思われます。

▲天板には何もありません。

まとめ

「VF-AD4」の価格は税抜き29,980円と、一応3万円切りとなっています。
500GBのM.2 SATA SSDを追加したモデルで税抜き45,980円です。こっちはちょっと高いですね。

ちなみに「Altair VH-AD3S」もまだ併売されていまして、こちらは値下げされて税抜き27,255円、税込みで29,980円となっています。
USB PDに消費税分の差を見出せるかどうかですね。

Celeron N4000は、あまり多くのタスクをこなすには向いていませんが、例えば子供用の学習ノートにするなど、用途を絞れば結構ありだと思います(ゲームはまともに動かないので、学習専用にできます)。

とはいっても1万円上乗せすればLenovo「ThinkPad E495」が買えちゃいますので、よほど予算がひっ迫していないのであればこちらをおすすめします。

がじぇっとりっぷでは先日、Ryzenを搭載する「ThinkPad E495」を3万円台という格安で購入する方法を紹介しました。 上の記...

…エントリーノート紹介の締めが毎回これになっちゃうので、やっぱり「ThinkPad E495」はえげつないよなぁ…

関連リンク

製品ページ:ドスパラ
リリースノート:ドスパラ