買い時ではないかも? Lenovo「Yoga Slim 750i (14)」は10万円切りのTB3搭載機

2020年9月1日、Lenovoは第10世代Ice Lakeを搭載した2-in-1スタイルの14インチノート「Yoga Slim 750i (14)」を発表しました。記事執筆時点ではすでに販売中です。

スポンサーリンク

スペック

■Yoga Slim 750i (14)
CPU Core i7-1065G7
Core i5-1035G4
メモリ 8~16GB LPDDR4X-3200
ストレージ 512GB NVMe SSD
画面 14.0インチ IPS FHD
USB Type-C(TB3)×1
Type-C(TB3)×1、3.0×2
wi-fi 802.11ax+BT5.0
サイズ 320.6×208.2×15.1mm
重さ 1.36kg
詳細スペックを見る
メーカー Lenovo
名称 Yoga Slim 750i (14)
発売日 2020/09
定価 141,680円~
実売価格 99,176円~
価格条件 税込・配送込
CPU Core i7-1065G7
Core i5-1035G4
グラフィック Iris Plus
メモリ 8 / 16GB
メモリ規格 LPDDR4X-3200
メモリ増設 ×
2.5inch ×
M.2 512GB(NVMe)
画面 14.0インチ
解像度 1920×1080
ベゼル幅
表面
タッチ対応 ×
光学ドライブ
USB2.0
USB3.0 2
USB-C 1(TB3)
1(2.0)
USB PD
HDMI
LANポート
wi-fi 802.11ax
Bluetooth 5
office
カードリーダー microSD
Webカメラ 720p
赤外線カメラ
NFC
指紋センサー
Windows Hello
オーディオジャック
マイク デュアル
スピーカー ステレオ
スピーカー位置
サウンド
キーピッチ
キーストローク
キーボードバックライト
バッテリー 4セル
稼働時間 23.7Hr (i5)
18Hr (i7)
ACアダプタ 65W
充電時間 2.1Hr
急速充電
320.6mm
奥行き 208.2mm
高さ 15.1mm
重量 1.36kg
開口角度 360°
カラー スレートグレー
その他特徴 光センサー

特徴

「Yoga Slim 750i (14)」は「Yoga S740(14)」の後継となる機種です。

もっと遡れば、がじぇっとりっぷのメイン機である「IdeaPad 720S」の後継でもあります。

700シリーズはIdeaPad/Yogaの中でもミドルハイクラスとして価格バランスの取れた製品です。
昨今ではCPUでの差別化が難しくなっていますが、このクラスからThunderbolt3を搭載するようになると言えば分かりやすいでしょうか。

IdeaPad 710S Plus (2016年10月発売) : 第6世代 Skylake

Yoga 720 (2017年9月発売) : 第7世代 Kaby Lake

IdeaPad 720S (2017年11月発売) : 第8世代 Kaby Lake-R

2018年5月にLenovo「ideapad 720S(intel)」を購入し、一ヶ月ほど使ってきましたので、レポートしていきたいと思います...

Yoga S730 (2018年11月発売) : 第10世代 Comet Lake


Yoga S740(14) (2019年11月発売)
: 第10世代 Ice Lake

2019年9月25日、LenovoはIntelの第10世代CPU"Ice Lake"を搭載した14インチノート「Yoga S740(14)」...

Yoga Slim 750i(14) (2020年9月発売) :第10世代 Ice Lake

こんな感じで続いています。

「Yoga Slim 750i (14)」と「Yoga S740(14)」は同じ第10世代 Ice Lake搭載となっています。

CPU PassMark
Ryzen 5 4500U(6C/6T) 112382475
Core i7-1065G7(4C/8T) 89922504
Core i5-1035G4(4C/8T) 82412360
Core i5-1035G1(4C/8T) 79642390
Core i5-8260U(4C/8T) 77762364
Ryzen 5 3500U(4C/8T) 71411991
Core i5-10210U(4C/8T) 64852262
Core i5-8265U(4C/8T) 62782188
Core i5-8250U(4C/8T) 60661984
Core i5-7200U(2C/4T) 33801789

上段:マルチスレッド、下段:シングルスレッド

性能的にもPassMarkで8000オーバーと、十分なものとなっています。

とはいえ先日、第11世代Tiger Lakeが発表され、さらにLenovoからも第11世代搭載のYogaシリーズが予告されたので、「Yoga Slim 750i (14)」はぶっちゃけつなぎになります。

Today, Lenovo reveals the thin and light Yoga laptops that will offer up to the new 11th Gen Intel® Core™ mobile processors with Intel Iris® Xe graphics.

つなぎではありますが、「Yoga S740(14)」のマイナーアップデートではなく、きちんと筐体から作り直しており、「Yoga S740(14)」での不便が解消されています。

▲フロントです。

ディスプレイのベゼルは「Yoga S740(14)」より細くなり、フットプリントは322.4×212mmから320.6mm×208.2mmへと一回り小さくなっています。
正直そろそろ物理的な限界が近づいています。

  1. microSDメディアカードリーダー
  2. USB3.0、Powered USB3.0
  3. 電源ボタン
  4. USB2.0 Type-C (Power delivery対応)
  5. HDMI
  6. USB3.1 Type-C (Power delivery対応、Thunderbolt 3、DisplayPort出力機能付き)
  7. マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック

インターフェースです。

左にType-Cが2ポートとHDMI、オーディオジャック。右に電源ポートとType-Aが2ポート、microSDスロットです

▲参考までに「Yoga S740(14)」のインターフェースです。

HDMIもカードスロットもなくシンプルでスタイリッシュですが、使い勝手の点では「Yoga Slim 750i (14)」に軍配が上がります。さらにType-Cが1ポートしかなく、電源端子になっています。

「Yoga Slim 750i (14)」のType-Cは片方がThunderbolt3に対応し、もう片方はUSB2.0です。2ポートあるとはいえ微妙に見えますがTB3ポートを潰さずにUSB PD充電ができるというのは実は結構重要です。

Thunderbolt 3を使用する周辺機器は必ずしも電源をとれるわけではありません。

例えばがじぇっとりっぷが所有するTB3-10GBase-Tアダプタ「QNA-T310G1T」はバス給電で動作します。

10GbE LAN環境の構築というのは、がじぇっとりっぷが以前からやりたいもののの一つでした。 10GbE(10GBase-T)のポート単価...

それでいて「QNA-T310G1T」は最大で20W近くを消費し、バッテリー動作では不安定になることがあるので、別ポートから給電できることは安定動作につながります。

なのでUSB PD充電ができる機種でType-Cが2ポートというのは十分大きなメリットになるわけです。

▲キーボードです。

IdeaPad/Yogaシリーズの標準的なキーボードですね。

まとめ

「Yoga Slim 750i (14)」の価格は99,176円からとなっています。

Core i5-1035G4/8GB RAM/512GB SSD : 99,176円
Core i7-1065G7/16GB RAM/512GB SSD : 120,226円
Core i5-1035G4/8GB RAM/512GB SSD/Office : 120,118円
Core i7-1065G7/16GB RAM/512GB SSD/Office : 141,970円

最低価格でもCore i5-1035G4/8GB RAM/512GB SSDなので、普段使用だけでなく多少ヘビーな使い方にも耐えられます。

なお、「Yoga S740(14)」および「Yoga S730」は在庫販売が行われており、「Yoga S740(14)」は74,360円から、「Yoga S730」は112,389円からで販売されています。
「Yoga S730」は割引もほとんどない状態なので、売り切る気もないっぽいですね。

7万円台で「Yoga S740(14)」を買うか、9万円台で「Yoga Slim 750i (14)」を買うか、それとも第11世代搭載モデルを待つか、悩みどころです。

ちなみに資料を見る限りでは第11世代搭載Yogaは「Yoga 7i」および「Yoga 7i Pro」、「Yoga slim 7i」となり、「Yoga 7i」は14インチ(FHD)と15.6インチ(FHD)、「Yoga 7i Pro」は14インチ(2.8K)、「Yoga slim 7i」は13.3インチ(2.5K)となるようです。

共通点はThunderbolt4が4ポートであることですが、これ価格がいくらになるか分かりませんね…

関連リンク