NUCではないけど。 GIGABYTEの「BRIX PRO」は長方形なTiger Lake搭載ミニPC

2020年9月30日、GIGABYTEはIntel第11世代Core CPU(コードネーム:Tiger Lake)を搭載したミニPC「BRIX PRO」(BSi7-1165G7/BSi5-1135G7/BSi3-1115G4)を発表いたしました。

スポンサーリンク

スペック

■BRIX PRO
CPU Core i7-1165G7
Core i5-1135G7
Core i3-1115G4
メモリ SO-DIMM DDR4-3200×2(max64GB)
ストレージ M.2×2、2.5インチ×1
映像出力 HDMI2.0a×4
USB Type-C(TB4)×1
Gen2×2、Gen1×4
wi-fi 802.11ax+BT5.0
サイズ 196.2×140×44.4mm
詳細スペックを見る
メーカー GIGABYTE
型番 BRIX PRO(Tiger Lake)
価格
発売日
196.2mm
奥行き 140mm
高さ 44.4mm
容量 1.16L
CPU Core i7-1165G7
Core i5-1135G7
Core i3-1115G4
CPU世代 Tiger Lake
ベース周波数 1.2GHz
0.9GHz
1.7GHz
バースト周波数 4.8GHz
4.2GHz
4.1GHz
グラフィックチップ Iris Xe
UHD Xe
コア/スレッド数 4C/8T
4C/8T
2C/4T
TDP 28W
チップセット
メモリインターフェイス SO-DIMM DDR4-3200
メモリスロット 2
メモリ最大 64GB
ECC対応 ×
ストレージ ×
SATAポート数 1
M.2 Key-M(2280) x 2
PCIe Gen4対応
mSATA ×
USB2.0(内部) ×
USB2.0(外部) ×
USB3.0(内部) ×
USB3.0(外部) Front x 4(3.2)
Rear x 2(Gen2)
USB type-C Rear x 1(TB4)
SDカード ×
LAN 2.5GbE x 1
1GbE x 1
(Intel 225V+219V)
Wi-fi 802.11ax
(Intel AX201)
Bluetooth 5
D-Sub ×
DVI ×
HDMI Rear x 4(2.0a)
4K対応 4K/60Hz
DisplayPort ×
シリアルポート ×
S/PDIF ×
オーディオジャック Front x 2(in/out)
サウンドチップ Realtek ALC255
光学ドライブ ×
PCI-Eスロット ×
eSATA ×
赤外線 ×
Optaneメモリ対応
最大消費電力
電源 135W / 19V
ノイズレベル
VESA 75×75,100×100
付属品 VESAブラケット
スタンド
その他

特徴

先日紹介した「BRIX s」はNUC規格でしたが、「BRIX PRO」は少し横に広い3.5インチ規格(146×102mm)のマザーボードが使われています。

2020年11月18日、GIGABYTEはモバイル向けRyzen 4000シリーズを搭載したNUC「BRIX s」(GB-BRR7H-480...

CPUは第11世代Tiger Lakeです。対抗馬となりそうなASRock Industrialの「iBOX 1100」が組み込み向けTiger Lakeなのに対し、こちらは通常のTiger Lakeです。まぁ違いはあまりありません。

2020年9月24日、ASRockの産業部門であるASRock Industrialから、第11世代Tiger Lakeを搭載したファンレス...
2020年9月23日、Intelは製造業向けの開発者イベント「Intel Industrial Summit 2020」にて「Elkhart...
2020年9月2日、Intelは第11世代Core CPU、コードネーム「Tiger Lake」を発表いたしました。 合わせて新プラットフォ...
■CPU性能

CPU PassMark
Ryzen 7 4700U(8C/8T) 139802594
Core i7-1165G7(4C/8T) 116123090
Ryzen 5 4500U(6C/6T) 112382475
Core i7-1065G7(4C/8T) 89922504
Core i5-1035G4(4C/8T) 82412360
Core i5-1035G1(4C/8T) 79642390
Ryzen 3 4300U(4C/4T) 78912370
Ryzen 7 3700U(4C/8T) 74252062
Core i5-1135G7(4C/8T) 73392362
Ryzen 5 3500U(4C/8T) 71411991
Core i7-10510U(4C/8T) 70982440
Core i5-10210U(4C/8T) 64852262
Core i3-1115G4(4C/8T) 63202852
Core i3-1005G1(2C/4T) 52472306
Ryzen 3 3200U(2C/4T) 42311976
Core i3-10010U(2C/4T) 41992427

上段:マルチスレッド、下段:シングルスレッド

■グラフィック性能

CPU 3DMark Fire Strike
GTX 1650 Max-Q 68887779
GTX 1050 Max-Q 66017303
Core i7-1165G7
(Iris Xe)
48305139
Core i5-1135G7
(Iris Xe)
36924175
GeForce MX250(25W) 32803655
Ryzen 7 4800U
(Radeon Vega 7)
31193399
Ryzen 7 4700U
(Radeon Vega 7)
27573052
GeForce MX250(10W) 27452983
Ryzen 5 4500U
(Radeon Vega 5)
25412829
Core i7-1065G7
(Iris Pro 10th)
24822715
Ryzen 7 3700U
(Radeon Vega 10)
22462514
Ryzen 3 4300U
(Radeon Vega 5)
20432221
Ryzen 5 3500U
(Radeon Vega 8)
22102451
Core i5-1035G4
(Iris Pro 10th)
18741981
Core i7-10510U
(UHD 10th)
11181221
Core i5-8250U
(UHD 620)
10721172
Core i5-10210U
(UHD 10th)
10411139
Core i3-1005G1
(UHD 10th)
9361024
Core i3-10110U
(UHD 10th)
921995
Core m3-8100Y
(UHD 615)
838935
Celeron N4000
(UHD 600)
375394

上段:総合、下段:グラフィック

第8世代、第10世代と比較すると、グラフィック性能が劇的に向上しています。

メモリは2スロットでDDR4-3200に対応、最大64GBとなっています。

ストレージはNUC規格(101.6×101.6mm)より大きなサイズを活かして、デュアルNVMeとなっています。2.5インチストレージも内蔵できるので、最大でトリプルストレージですね。

Tiger LakeはPCIe 4.0(Gen4)に対応しているため、NVMeのスロットの片方はPCIe Gen4 x4の記載が。

具体的には最大転送速度が2倍に引き上げられ、対応SSDを使えば7000MB/sのトンデモ速度を出すことができます。

created by Rinker
シー・エフ・デー販売
¥16,980 (2021/04/12 02:04:39時点 Amazon調べ-詳細)

▲インターフェースです。

幅の広さを生かして、NUC以上にインターフェースを乗せてきていますね。HDMI×4でクアッド4Kも可能です。
クアッド4Kに対応する製品はそれなりにありますが、Type-CからのDP出力を利用するとかばかりで、HDMIなどの映像端子で揃えられている製品って少ないんですよね。

有線LANは仕様通りなら2.5GbE+1GbEなのですが、どっちがどっちか分かりませんね。プリントの一つくらい入れてあるとありがたいのですが…

USBは、仕様表だと背面は3.2 Gen2と書かれているのに対し、フロントは3.2としか書かれていないので、Gen1と思われます(毎回思うのですが、正確に記載してほしいです)。

また、背面にはTiger Lakeの特徴の一つであるThunderbolt 4端子が用意されています。

なので、こんな感じにGPU BOXを接続することで、グラフィック能力を底上げすることも可能です。

▲「BRIX PRO」はNUCより大きいとはいえ十分小型なので、ディスプレイの裏に設置することができます。

VESAブラケットと縦置き用のスタンドは同梱されるようです。

まとめ

NUCサイズより少し大きいものの、「BRIX PRO」は2.5GbEがあったり、Thunderbolt 4があったり、トリプルストレージだったり、HDMIが4ポートあったりと、使いやすそうな印象です。

株のトレードとかこれ一台で行けそうな気がします。
GPU BOXを接続すれば、3Dデザインなどもいけるでしょう。

ただ、「BRIX PRO」は「BRIX」シリーズの中でも国内販売例が少なく、前回販売は2014年まで遡ります。
正直言って国内販売は期待できないわけですが、今回発表されたモデルは割と日本人好みだと思うのですが、どうでしょう?

関連リンク

プレスリリース(BRIX PRO):GIGABYTE