在庫復活。 Lenovo「IdeaPad Slim 550 (14)」はコストバランスのいいRyzen 4000ノート

2020年7月14日、LenovoはRyzen 4000シリーズを搭載したミドルクラスの14インチノート「IdeaPad Slim 550 (14)」を発売いたしました。

発売後半年経って今更なのですが、実は機種紹介を忘れていたこと、記事執筆時点で在庫があるということで紹介することにしました。

スポンサーリンク

スペック

■IdeaPad Slim 550
CPU Ryzen 7 4700U
Ryzen 5 4500U
Ryzen 3 4300U
メモリ 4~16GB DDR4-3200
ストレージ 128~512GB NVMe SSD
画面 14.0 IPS FHD
USB Type-C(3.0)×1、3.0×2
wi-fi 802.11ac+BT5.1
サイズ 321.6×211.6×17.9mm
重さ 1.45kg
詳細スペックを見る
メーカー Lenovo
名称 IdeaPad Slim 550
発売日 2020/07
定価 96,800円~
実売価格 45,496円~
価格条件
CPU Ryzen 7 4700U
Ryzen 5 4500U
Ryzen 3 4300U
グラフィック Radeon Vega 7
Radeon Vega 6
Radeon Vega 5
メモリ 4~16GB
メモリ規格 DDR4-3200
メモリ増設 ×
2.5inch ×
M.2 128〜512GB(PCIe,2242)
画面 14.0インチ IPS
解像度 1920×1080
ベゼル幅
表面 ノングレア
タッチ対応
光学ドライブ
USB2.0
USB3.0 2(Gen1)
USB-C 1(Gen1)
USB PD
HDMI
LANポート
wi-fi 802.11ac
Bluetooth 5.1
office
カードリーダー SDXC
Webカメラ 720p
ThinkShutter
赤外線カメラ ×
NFC ×
指紋センサー
Windows Hello
オーディオジャック
マイク デジタルアレイ
スピーカー ステレオ
スピーカー位置 キーボード左右
サウンド
キーピッチ
キーストローク
キーボードバックライト
バッテリー 3セル
稼働時間 12.0Hr
ACアダプタ 65W
充電時間 3.5Hr
急速充電
321.6mm
奥行き 211.6mm
高さ 17.9mm
重量 1.45kg
開口角度 180°
カラー プラチナグレー
その他特徴

特徴

現在のLenovoでは下位となる”1″、”3″、”5″を「IdeaPad」シリーズに、上位の”6″、”7″、”9″を「Yoga」シリーズに分類しています。

「IdeaPad Slim 550」は”5″に分類され、「IdeaPad」内では最上位に位置します。

これは先日紹介した「IdeaPad Slim 550i」と同じですね。

2021年1月13日、LenovoはIndel第11世代Coreプロセッサ(コードネーム:Tiger Lake)を搭載した14インチと15....

搭載CPUはRyzen 7 4700U、Ryzen 5 4500U、Ryzen 3 4300Uです。
2021年1月のCES 2021でRyzen 5000Uシリーズが発表されましたが、ゲーミングノート用の5000Hシリーズが先行しており、5000Uシリーズ搭載モデルが登場するのはもうちょっと先になります。

4000Uから5000Uの性能向上は前モデルSMT(Intelにおけるハイパースレッディング)に対応したことでかなり向上はしていますが、コア数が倍増した3000Uから4000Uの時ほどのインパクトはなく、グラフィック面でもアーキテクチャの更新はなく、動作周波数の向上止まりです。

CPU GeekBench 5
Ryzen 7 5800U(Zen3)(8C/16T) 64501421
Ryzen 7 5700U(Zen2)(8C/16T) 67001170
Ryzen 7 4700U(Zen2)(8C/8T) 4765971
Ryzen 7 3700U(Zen+)(4C/8T) 2646730
(参考)Core i7-1165G7(4C/8T) 46581409

上段:マルチスレッド、下段:シングルスレッド

メモリは4GBから16GBで、オンボード固定です。増設もできません。

ストレージは128GBから512GBのM.2 SSDです。こちらは空きM.2スロットがあり、増設が可能です。

ちょっと残念なのがWi-fiで、802.11ac(Wi-fi 5)止まりとなっています。M.2 2230カードなので、換装可能です。

筐体については「IdeaPad Slim 550i」と同じものが使われています。

▲フロントです。

ベゼル幅は細く、画面占有率は90%です。
また、ディスプレイにはIPSパネルが使われています。仕様では45%NTSC、60Hz、ノングレアとなっています。

1. 4-in-1メディアカードリーダー
2. USB3.0
3. USB3.0
4. 電源ジャック
5. USB3.0 Type-C
6. HDMI
7. マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック
8. Novo ボタン

インターフェースも「IdeaPad Slim 550i」と同じです。
電源ジャックがありますが、「IdeaPad Slim 550」はUSB PDに対応しているので、電源アダプタの代わりにType-C充電器が使えます。

持ち歩きの際は便利ですね。

▲キーボードは「IdeaPad」共通のタイプで、スピーカーはキーボード左右に位置しています。

この手のスピーカーは経験上、底面よりはクリアに聞こえますが、耳に届くというより目の前を通過していく感覚が強くなります。

▲底面カバーはプラスチック製と思われます。

下位モデルとの差異

「IdeaPad Slim 550」には下位に「IdeaPad Slim 350」があります。CPUは共通で、その他があれこれと違っています。

Slim 550 Slim 350
CPU Ryzen 3/5/7
メモリ 8/16GB(オンボード)
DDR4-3200
4~8GB(うち4GBオンボード)
DDR4-2666
メモリ増設 不可 可能(1スロット)
ストレージ 128~512GB M.2 SSD
ストレージ増設 M.2 SSD 2.5インチ
(コネクタがあるかは不明)
ディスプレイ IPS TN
USB 3.0(Type-C)×1
3.0×2
3.0×2
2.0×1
USB PD ×
バッテリー 3セル 2セル

がじぇっとりっぷでもレビューしていますが、「IdeaPad Slim 350」に対する個人的な感想としては「長時間画面を見る作業用として買うのはやめた方がいい」です。
TNパネルはマジで目がつらくなります。

「IdeaPad Slim 350」はRyzen 4000シリーズを搭載していながら3万円台で購入できるという、格安ノートです。 Ryze...

個人的には「IdeaPad Slim 350」は受付用など長時間画面を見ない用途、外付けディスプレイに表示する母艦、メモリを増設して「ディスプレイとバッテリーのあるサーバー」にするなどの使い方がいいと思います。

ラインナップ

CPU メモリ ストレージ Office 価格
Ryzen 3 4300U 4GB 256GB 45,496円
67,112円
Ryzen 5 4500U 8GB 52,668円
74,921円
512GB 64,108円
85,228円
Ryzen 7 4700U 16GB 85,668円
107,074円

まとめ

「IdeaPad Slim 550」はIPS液晶やUSB PDにも対応したミドルクラスながら、4.5万円台からと割安で、コストパフォーマンスは抜群です。

ただしRyzen 3モデルはメモリ4GBがネックなので、一つ上のRyzen 5モデルを狙った方がいいでしょう。それでも5.2万円台です。
すでに一部モデルは在庫僅少となっているので、購入するのであれば早めの方がいいでしょう。

使い勝手とコストパフォーマンスの両立を考えるなら、おすすめの一台です。

関連リンク