微妙にお高い。Lenovo「Yoga Slim 750i」がTigerLakeにアップデート

2021年1月13日、Lenovoは「Yoga Slim 750i」のIntel第11世代Core CPU(コードネーム:Tiger Lake)搭載モデルを発表、1月末頃より販売を開始しました。

スポンサーリンク

スペック

■Yoga Slim 750i (14/15)
CPU Core i7-1165G7
Core i5-1135G7
メモリ 8~16GB DDR4-3200
ストレージ 512GB NVMe SSD
画面 14.0/15.6インチ IPS FHD
インターフェース Type-C(TB4)×2
USB 3.0×2
HDMI
オーディオジャック
microSDカードリーダー(14″)
4-in-1カードリーダー(15″)
wi-fi 802.11ax+BT5.0
サイズ 320.6×208.2×15.1mm(14″)
355.5×230×16.2mm(15″)
重さ 1.36kg(14″)
1.68kg(15″)
詳細スペックを見る
メーカー Lenovo
名称 Yoga Slim 750i(14) Yoga Slim 750i(15)
発売日 2021/01
定価 153,670円~ 158,070円~
実売価格 105,197円~ 108,189円~
価格条件 税込・送料込
CPU Core i7-1165G7
Core i5-1135G7
グラフィック Iris Xe
メモリ 8GB(i5)
16GB(i7)
メモリ規格 DDR4-3200
メモリ増設 ×
2.5inch ×
M.2 512GB(NVMe)
画面 14.0インチ IPS 15.6インチ IPS
解像度 1920×1080
ベゼル幅
表面 ノングレア
タッチ対応
光学ドライブ
USB2.0
USB3.0 2(Gen1)
USB3 Type-C 2(TB4)
USB PD
HDMI 1.4b?(4K/30Hz)
LANポート
wi-fi 802.11ax
Bluetooth 5
office
カードリーダー microSD SDXC
Webカメラ 720p
赤外線カメラ
NFC
指紋センサー
Windows Hello
オーディオジャック
マイク デジタルアレイ
スピーカー ステレオ
スピーカー位置 キーボード左右
サウンド
キーピッチ
キーストローク
キーボードバックライト
バッテリー 4セル
稼働時間 18.0Hr 16.0Hr
ACアダプタ 65W Type-C
充電時間 2.0Hr
急速充電
320.6mm 355.5mm
奥行き 208.2mm 230mm
高さ 15.1mm 16.2mm
重量 1.36kg 1.68kg
開口角度 180°
カラー スレートグレー
その他特徴 光センサー

ラインナップ

画面 CPU メモリ ストレージ Office 価格 週末価格
14インチ Core i5-1135G7 8GB 512GB 105,197円 102,188円
125,677円 122,118円
Core i7-1165G7 16GB 125,917円 120,644円
147,200円 147,200円
15インチ Core i5-1135G7 8GB 108,189円 105,092円
128,713円 125,066円
Core i7-1165G7 16GB 128,997円 123,592円
150,324円 150,324円

※価格は2月4日・5日時点のものです。
※税込み・送料込み

特徴

「Yoga Slim 750i(Tiger Lake)」は、「Yoga Slim 750i(Ice Lake)」のアップデートモデルです。

2020年9月1日、Lenovoは第10世代Ice Lakeを搭載した14インチノート「Yoga Slim 750i (14)」を発表しまし...

前世代は2020年9月1日発表だったので、4ヶ月半でのリニューアルですね。

「Yoga Slim 750i(Tiger Lake)」にはCore i3モデルはなく、Core i7-1165G7またはCore i5-1135G7となります。

性能面では、Tiger Lakeとここ最近のCPUを比較すると、こんな感じです。

CPU性能 PassMark CPU
Ryzen 7 4700U(8C/8T) 139802594
Core i7-1165G7(4C/8T) 116123090
Ryzen 5 4500U(6C/6T) 112382475
Core i5-1135G7(4C/8T) 99022750
Core i7-1065G7(4C/8T) 89922504
Core i5-1035G4(4C/8T) 82412360
Ryzen 7 3700U(4C/8T) 74252062
Ryzen 5 3500U(4C/8T) 71411991

上段:マルチスレッド、下段:シングルスレッド

GPU性能 3DMark Fire Strike
GeForce MX450(25W) 68337500
Core i7-1165G7
(Iris Xe)
48305139
GeForce MX450(12W) 41914371
GeForce MX350 39444340
Core i5-1135G7
(Iris Xe)
36924175
GeForce MX250(25W) 32803655
Ryzen 7 4700U
(Radeon Vega 7)
27573052
Ryzen 5 4500U
(Radeon Vega 5)
25412829
Core i7-1065G7
(Iris Pro 10th)
24822715
Ryzen 7 3700U
(Radeon Vega 10)
22462514
Ryzen 5 3500U
(Radeon Vega 8)
22102451
Core i5-1035G4
(Iris Pro 10th)
18741981

上段:総合スコア、下段:グラフィックスコア

Ice Lakeから比較して、CPU性能は2割強、GPU性能はほぼ2倍に向上しています。例え現在Ice Lake搭載機を使っていても、買い換えるだけの魅力がありますね。

メモリは8GBまたは16GB DDR4-3200で、オンボード固定の増設・交換不可となっています。
ストレージは全モデル512GB M.2 SSDです。

「Yoga Slim 750i(Tiger Lake)」は、「Yoga Slim 750i(Ice Lake)」と同じ販売ページで並べて販売されており、サイズが同じであること、インターフェースの種類と数が同じであることから、筐体は同じものが使われているようです。

そのことを前提とした画像であること、ご了承ください。

▲フロントです。

「Yoga Slim 750i(Ice Lake)」ではWVA(Wide View Angle、広視野角)パネルとなっていましたが、「Yoga Slim 750i(Tiger Lake)」ではIPSと明記されています。

▲ベゼル上部にはブランド文字が入れられています。

この文字は画面を開くときの滑り止めにもなっています。

■右
1. microSDカードリーダー(14″)
  4-in-1カードリーダー(15″)
2. USB3.0
3. 電源ボタン
■左
4. USB Type-C (Thunderbolt4)
5. HDMI
6. USB Type-C (Thunderbolt4)
7. オーディオジャック

インターフェースは種類と数は変わっていませんが、中身は大きく変わりました。
Type-C端子はThunderbolt3+2.0だったのが、Thunderbolt4×2となり、使い勝手がよくなっています。

Thunderbolt4があれば、10GbEアダプタで高速ネットワークを組んだり、GPU Boxでグラフィック能力を底上げしたりと、より深い使い方をすることができます。

欲を言えばTB4は左右に分散させて、左右どちらからでも電源が取れるようになっていると、ケーブルの取り回しがしやすくなって嬉しいんですけどね。

カードリーダーは14インチモデルがmicroSD、15インチモデルがフルサイズSD(4-in-1)と、ここだけ違っています。

HDMIは、仕様表では4K/30Hzとされているので、HDMI1.4と思われます。
Type-C to DP出力にも対応していて、そちらは5K(5120X2880)/60Hz出力まで対応しています。

▲キーボードです。

14インチモデルはキーボードの左右に、15.6インチモデルはキーボードの上にスピーカーが配置されています。
キーボードはバックライト搭載です。

まとめ

Tiger Lakeモデルとなり、TB4×2となって魅力を増した「Yoga Slim 750i」ですが、Ice Lakeモデルではあった、ぎりぎり10万円を切る(99,213円)モデルがなくなり、最安価格が105,197円と10万円を超えてしまいました。

でも実は、現在行われている「新生活応援キャンペーン」のクーポンを使うと5,500円引きとなるので、実質価格はなんとか10万円切りになります。

クーポン:NEWLIFE0509

まぁクーポンは併売されているIce Lakeモデルにも使えるので価格差は縮まらないわけですが、性能差を考えると、このくらい値上がりしてもコストパフォーマンスはむしろ上がっていると言えます。

※2月5日19時追記:「プレミアムWEEK価格」という名目で、Ice Lakeモデルの週末価格が8.0万円台~まで下がっています(「新生活応援キャンペーン」との併用不可)。

ついでに言うと、インターフェースに差はあるものの、2-in-1スタイルな「Yoga 750i」は、タッチパネルとペンまで付いて90,204円スタートなんですよね。もちろんここからクーポンで5,500円引きとなります。

2020年11月6日、LenovoはIntel第11世代Core CPU(開発コード名:Tiger Lake)を搭載した、14インチと15....

「Yoga 750i」はグレアパネルなので好き嫌いが分かれますが、ちょっと値段差がありすぎます。
せめて「Yoga Slim 750i」が9万円台前半スタートであれば、もっとおすすめできたのですが…

関連リンク