ちょっぴり薄型。 Lenovo「ThinkPad T14s Gen2」は高速メモリと大容量バッテリー搭載

2021年3月23日、LenovoはIntel第11世代Core CPU(コードネーム:TigerLake)を搭載した、薄型軽量ハイパフォーマンスノートPC「ThinkPad T14s Gen2」を発表いたしました。

同日には姉妹機となる「ThinkPad T14/T15 Gen2」も発表しており、そちらは別記事にまとめています。

2021年3月23日、LenovoはIntel第11世代Core CPU(コードネーム:Tiger Lake)を搭載した「ThinkPad ...
スポンサーリンク

スペック

■ThinkPad T14s Gen2
CPU Core i7-1185G7
Core i7-1165G7
Core i5-1145G7
Core i5-1135G7
メモリ 8~32GB LPDDR4-4266
ストレージ 256~512GB NVMe SSD
画面 14.0インチ IPS FHD/UHD
インターフェース USB Type-C(TB4)×2
USB 3.0×2
HDMI
有線LAN
オーディオジャック
wi-fi 802.11ax+BT5.2
サイズ 327.5×224×16.1mm
重さ 1.28kg
詳細スペックを見る
メーカー Lenovo
名称 ThinkPad T14s Gen2
発売日 2021/03
定価 235,400円~
実売価格 134,178円~
価格条件 税込・送料込
CPU Core i7-1185G7
Core i7-1165G7
Core i5-1145G7
Core i5-1135G7
グラフィック Iris Xe
メモリ 8~32GB
メモリ規格 LPDDR4x-4266
メモリ増設 ×
2.5inch ×
M.2 128〜512GB(NVMe)
画面 14.0インチ
解像度 1920×1080(250~400nit)
3840×2160(500nit)
ベゼル幅 やや太
表面 ノングレア
タッチ対応
光学ドライブ
USB2.0
USB3.0 2(Gen1)
USB3 Type-C 2(TB4)
USB PD
HDMI
LANポート 1GbE
wi-fi 802.11ax
Intel AX210
Bluetooth 5.2
office
カードリーダー
Webカメラ 720p / 1080p
シャッター付き
赤外線カメラ
NFC
指紋センサー
Windows Hello
オーディオジャック
マイク デジタル
スピーカー ステレオ
スピーカー位置 キーボード上部
サウンド
キーピッチ
キーストローク
キーボードバックライト
バッテリー 57WHr (4セル)
稼働時間 23.6Hr
ACアダプタ 45/65W Type-C
充電時間
急速充電 60分80%
(65Wアダプタ使用時)
327.5mm
奥行き 224mm
高さ 16.1mm
重量 1.28kg
開口角度 180°
カラー ブラック
その他特徴 ドッキングコネクタ―
スマートカードリーダー
WWAN(5G)

特徴

「ThinkPad T14s Gen2」は、言ってしまえば「ThinkPad T14 Gen2」の薄型軽量モデルです。

スペックもかなり似通っていますが、薄型化のためにあれこれ削られている部分もあります。
ざっくりと比較したのが下の表(オプション項目含む)になります。

T14s Gen2 T14 Gen2
CPU 第11世代 TigerLake
GPU Intel Xe GeForce MX450
Intel Xe
メモリ 最大32GB LPDDR4x-4266
オンボードのみ
最大48GB DDR4-3200
オンボード+1スロット
ストレージ 256GB~2TB 128GB~2TB
カメラ 1080p+IR
720p+IR
720p
720p+IR
720p
インターフェース USB4(Thunderbolt 4)×2
USB3.2 Gen1×2
HDMI
有線LAN
オーディオジャック
ドッキングコネクタ
カードリーダー スマートカード microSD
スマートカード
WWAN 4G LTE / 5G 4G LTE
バッテリー 57WHr (4セル) 50WHr (3セル)
サイズ 327.5×224×16.1mm 329×227×17.9mm
重量 1.28kg~ 1.47kg~

CPUはvPro対応モデル選択可能

「ThinkPad T14s Gen2」のCPUは、標準ではCore i7-1165G7、Core i5-1135G7です。
カスタマイズ画面でvPro対応のCore i7-1185G7、Core i5-1145G7に変更することができます。

この辺りは「T14/T15 Gen2」と同じですね。

メモリはオンボードのみ

ここが一番大きな違いなのですが、オンボード+1スロットだった「T14/T15 Gen2」と違い、「ThinkPad T14s Gen2」はオンボードのみで、後からの増設ができません

その代わり、メモリ規格は「T14/T15 Gen2」より高速なLPDDR4x-4266となり、最大メモリは32GBまでカスタマイズができます。

基本的に16GBあればだいたいの作業で困ることはないですし、32GBあればメモリを食う作業にも対応できるでしょう。

GPUは内蔵グラフィックのみ

もう一つの大きな違いとして、「ThinkPad T14s Gen2」にはdGPUのGeForce MX450を搭載することができません

グラフィック能力を必要とする作業が想定されるのであれば、素直にGeForce MX450搭載可能な「T14/T15 Gen2」もしくは「E14/E15 Gen2」を選択するべきでしょう。

もしくは本格的なGPUを搭載したLegionシリーズなどのゲーミングノートを使うか、Thunderbolt4端子を活かして、外付けのGPU Boxを使うなどですね。

ゲーミングノートは10万円前後からあるので価格帯としてはあまり変わりませんが、安価なゲーミングノートはインターフェース周りがやや貧弱なので、この辺りはトレードオフの関係となります。

2020年5月29日、Lenovoは第10世代Core HプロセッサとGeforce GTX 1650/GTX 1660Ti/RTX 206...
がじぇっとりっぷではASUS「PN62」をレビューしています。 「PN62」はUSB PD給電に対応したり、Type-Cケーブル一本で...

ディスプレイはFHD/UHD

「ThinkPad T14s Gen2」のディスプレイは標準がFHDで、UHD(4K)を選択することができます
不思議なことにカスタマイズの選択肢が「T14 Gen2」と微妙に異なっており、一番下のランクは250nitと少し暗いパネルになっています。
一つ上の300nitパネルとは価格差が1,100円(クーポン割引が入ると数百円)なので、カスタマイズしておいた方が無難でしょう。

■参考:T14 Gen2の場合

14.0型FHD液晶 (1920×1080) IPS、300nit、マルチタッチ非対応
14.0型FHD液晶 (1920×1080) IPS、300nit、マルチタッチパネル(10点)
14.0型FHD液晶 (1920×1080) IPS、400nit、マルチタッチ非対応、省電力
14.0型FHD液晶 (1920×1080) IPS、500nit、マルチタッチパネル(10点)、Think Privacy Guard
14.0型UHD液晶 (3840×2160) IPS、500nit、マルチタッチ非対応、HDR

Wi-fiは最新規格

Wi-fiは前モデルで拡張版802.11ax(Wi-fi 6E)に対応したIntel AX210が搭載されます。

AX210はLinuxだとカーネル5.10以降しか対応していません。UbuntuだとLTS(長期サポート)版のUbuntu 20.04(カーネル5.4)やUbuntu 20.10(カーネル5.8)はそのままだと使えず、自力でカーネルアップデートをする必要があったりします。

もうすぐ登場するUbuntu 21.04および、夏ごろ登場予定のUbuntu 20.04.3(LTS版のアップデートバージョン)はカーネル5.11なので、そのままで使えるはずですが、ドライバのインストールは必要になるかもしれません。

参考:インテル® ワイヤレス・アダプターの Linux* サポートについて

その他

「ThinkPad T14s Gen2」は「T14/T15 Gen2」と同じく、オプションでNFCおよびスマートカードリーダーを搭載することができます。
この2つを搭載できる機種は限られていて、地味な差別化要因となっています。

バッテリーは4セルの57WHrと大容量で、駆動時間は最大約23.6時間、1時間で80%の急速充電(65Wアダプタ使用時)が可能です。

WEBカメラはお決まりの720pの他に1080pを選択することができます。1080pカメラは「T14/T15 Gen2」にはない、「ThinkPad T14s Gen2」のアドバンテージです。

WWANは4G LTE(Quectel EM120R-GL 4G LTE CAT12)の他に、上位モデルでは5Gモデム(Qualcomm Snapdragon X55 5G Modem-RF System)を選択することもできます。
「T14 Gen2」は4G LTEのとなっている(けど今のところカスタマイズ不可)ので、5Gが欲しければ「ThinkPad T14s Gen2」を選択する必要があります。

なお、4G LTEのカスタマイズ費用が0円になっていますが、ベース価格がアップして実質1万円程度かかるので注意が必要です。

また、PCの前に戻るとスリープから復帰するHPD(Human Presence Detection)機能にも対応しています。

筐体

正面から見ると左右のベゼルはやや太いかなくらいです。
「T14 Gen2」より本体幅が1.5mm狭いので、ベゼルは「T14 Gen2」比で1割くらい細くなっています。

■左
1. USB 4(Thunderbolt4 対応)
2. USB 4(Thunderbolt4 対応)
3. イーサネット拡張コネクタ
※ドッキングコネクター(1、2、3とあわせて使用)
4. HDMI
5. USB 3.2 Gen 1
6. マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック
■右
7. スマートカードリーダースロット(オプション)
8. USB 3.2 Gen 1
9. セキュリティキーホール

インターフェースはmicroSDカードスロットが削られ、そのほかは「T14 Gen2」と変わりありません。

厚みが1.8mm薄くなり、かなりシュッとした見た目になっています。

参考までに「T14 Gen2」のインターフェース。
数字以上に厚さに差があるように感じられます。

本体の表と裏。
GeForce MX450を搭載しない分冷却機構が簡素化され、吸気口が最低限となっています。

スピーカーはキーボード上部に設置されています。

まとめ

「ThinkPad T14s Gen2」は薄型軽量のモバイル向きなノートで、価格は134,178円からとなっています。
「T14 Gen2」が105,138円からであることを考えると、少々割高ですね。

ただし、モバイル用途・テレワーク用途であれば比較的安価にWWANを搭載できて、カメラも1080p可能、バッテリーも大容量な「ThinkPad T14s Gen2」の方が向いています

「T14/T15 Gen2」は大半の用途にマッチする万能機種ですが、メインの用途によっては代わりに「ThinkPad T14s Gen2」を購入候補に入れてもいいかもしれません。

関連リンク