【レビュー】 Lenovo M75q Tiny Gen2:コスパの高さは変わらず!デザインも性能も一新したRyzenミニPC

2020年10月末、LenovoはRyzen搭載ミニPC「ThinkCentre M75q Tiny Gen2」(以下M75q Gen2)を発売しましたが、売れ行きが良かったのか部材調達が遅れたのか、2021年1月下旬に販売停止となっていました。

2021年3月末にようやく販売再開したので、ちょっと遅くなりましたが、がじぇっとりっぷもレビューをお届けします。

前世代「ThinkCentre M75q-1 Tiny」のレビューはこちら。

Lenovoは2018年7月にRyzen PRO 2200GE/2400GEを搭載した「ThinkCentre M715q Tiny」を、2...
スポンサーリンク

Lenovo ThinkCentre M75q Tiny Gen2

CPU Ryzen 7 PRO 4750GE
Ryzen 5 PRO 4650GE
Ryzen 3 PRO 4350GE
メモリ 4~16GB DDR4-3200
ストレージ 256~512GB NVMe SSD
インターフェース USB Type-C(Gen2)×1
USB 3.2 Gen2×1
USB 3.0×2
USB 2.0×2
HDMI
DisplayPort
有線LAN
オーディオジャック
wi-fi 802.11ax+BT5.1
サイズ 182.9×179×36.5mm
重さ 1.25kg

GoodPoint
コンパクト感そのままに性能アップ!
USB 3.2 Gen2搭載
内部アクセス性が良い

BadPoint
カスタマイズ部材の入手性

ハードウェア

パッケージ

「M75q Gen2」は格安購入手段があり、がじぇっとりっぷもその手順に則って購入しています。購入したのはRyzen 7 PRO 4750GEモデルです。
ただし最低価格での購入ではなく、Wi-fiとスタンド、Type-C端子を追加しています。

LenovoのミニPC「ThinkCentre M Tiny(AMD)」シリーズはカスタマイズ次第で激安価格になることから一部界隈で大人気で...

付属品

紙類は5種類。ここは他のLenovo製品と変わりません。

電源アダプタは65W出力
前世代の「M75q-1」は容量の大きい電源アダプタに変えることでパフォーマンスが大幅に向上するという裏技がありましたが、「M75q Gen2」ではなくなったため、付属アダプタで十分です。

スタンドは前世代よりスタイリッシュになり、安定性も増しています。
スタンドの役目は安定感だけでなく、下側になる吸気口のスペースを開けるという目的もあります。

スタンドに置くとこんな感じ。
本体左右にも少し隙間ができるので、スタンドで隠れている吸気口にも少しは空気が流れ込むようです。

アンテナは背面に挿し込みます。

インターフェース

■前面(左から)
・オーディオジャック
・USB 3.1 Gen2
・USB Type-C 3.1 Gen2
・電源ボタン
■背面(左から)
・電源コネクタ
・DisplayPort
・USB 3.1 Gen1
・HDMI
・USB 3.1 Gen1
・USB 2.0×2
・USB Type-C 3.1(カスタマイズによる選択、DP出力対応)
・イーサネット・コネクター(RJ-45)
・Wi-fiアンテナ(カスタマイズによる選択)

インターフェースは前面がUSB 3.1 Gen2(最大10Gbps)にグレードアップしています。
高速なUSBメモリとか、外付けSSDとかを繋ぐときに重宝します。

背面はカスタマイズでUSB Type-Cを追加。
前世代「M75q-1」では、カスタマイズ項目にUSB Type-Cはなかったんですよね。

追加したType-Cは映像出力&USB給電に対応しているので、ケーブル一本でモバイルディスプレイを表示させることができます。
ケーブル周りがすっきりするので、おすすめのカスタマイズです。

本体左右は吸気口のみです。

筐体

「M75q-1」では前面だけだった吸気口が、フロントパネルの上下にも追加されました

天面はRyzenのシールのみ。
底面は「M75q-1」と同じ形のフタがされています。

ラベルのアップです。
2020年12月製造になっていました。

「M75q-1」と比較

「M75q-1」と並べたところ。デザインは好みが分かれるところですね。がじぇっとりっぷはシックな雰囲気の「M75q Gen2」の方が好みです。

右側の吸気スペースが減っていますが、その分をフロントパネル上下で補っています。
あと、地味に天面のロゴがなくなっていますね。

サイドも地味に吸気口が増えていたりします。

上が「M75q-1」、下が「M75q Gen2」です。
インターフェースに大きな差はありませんが、排気口が少し広がり、左下にアンテナスペースが追加されています

「M75q-1」ではあとからWi-fiを増設するときは、アンテナ穴が一つしかなく大変だったので、この改良はうれしいですね。

もっと地味なところではインターフェースのラベル位置の変更なんかもあります。

分解・内部構造

「M75q Gen2」はネジ一本外すだけで内部にアクセスできます。

2.5インチ用ベイはワンタッチで着脱可能

2.5インチベイの下にはWi-fiカードが隠れています。
そしてPCIeスロットとWWAN用と思しきスペースが。

Lenovoは「ThinkStation P340 Tiny」という、TinyサイズでNVIDIA Quadro P1000/P620を搭載するという、変態極まりない機種を販売しています。
2.5インチスペースと背面のカスタマイズポートを潰して、グラフィックボードを載せているんですね。

「P340 Tiny」はIntel CPUですが、ボード全体の設計を流用していると思われるため、PCIeスロットスペースが残されているわけです。
逆に今後AMDのグラボ搭載モデルを出す布石だったら面白いですね。

本体前面のWi-fiアンテナ。
購入時にWi-fiを選択しておかないと、このアンテナが付いてきません。

とはいえ左側面には前面アンテナ用のアンテナ穴があるので、必須とまではいかなくなりました。
これも「M75q-1」にはなかったもので、地味な改良点ですね。

底面の蓋を開けると、SSDとメモリにアクセスできます。
SSDの横には未実装の空きM.2スペースがありますが、ThinkStationではこれが実装され、デュアルストレージができます。

筐体の製造日は2020年11月だった模様。

システム

起動前

UEFIはグラフィカルかつ見やすく整理されています。

UEFIとは別に診断モードも用意されています。

恒例のバックアップです。

使用したのは「Macrium Refrect Free」で、バックアップサイズは23.12GBでした。

システム情報

デスクトップは「M75q-1」と同じようで違う背景が使われています。

システム情報。
ストレージは207GB空いているので、100GBサイズのゲームを複数インストールするとかでない限り、そうそう足りなくなることはないでしょう。

HWiNFOの情報。
グラフィックはPCIe 4.0接続となっています。

マザーボードのモデル名は「Lenovo 3190」。

再起動直後のメモリ使用量は2.0GB。
多くもなく少なくもなく、平均的です。

スタートアップはRadeon関係のソフトが入っていました。

デバイスマネージャ。
有線LANはRealtek、無線LANはIntel AX200です。

ストレージ

CrystalDiskInfo。
UMISとは中国Union Memory(圳忆联信息系统有限公司)のことです。

先日レビューした「Yoga 750i」にも使われていました。

昨年よりがじぇっとりっぷはメインノートの買い替えを検討していまして、その候補筆頭だったのが「Yoga 750i」です。 割といい機種なのに...

CrystalDiskMarkの結果。
同じUMIS製でも「Yoga 750i」よりも高速とか…

ベンチマーク

レビュー機のスペック

レビュー機のスペックは以下の通り。

CPU Ryzen 7 4750GE
グラフィック Radeon 8 Graphics
メモリ 8GB(シングル)
16GB(8GB×2)(デュアル)
ストレージ 256GB M.2 NVMe SSD

対象アプリ一覧

PassMark 9.0
CPU-Z
Geekbench 4.4.2
Geekbench 5.0.1
CrystalMark 2004R7 v0.9.200.452
CINEBENCH R15.0
CINEBENCH R20
CINEBENCH R23
PCMark 10
3D Mark v2.0.6762
DQ X ベンチマーク v1.51
FF XIV 紅蓮の解放者
FF XIV 漆黒の反逆者
FF XV v1.2
MonsterHunter Frontier 大討伐

jetstream 2
BaseMark
WebXPRT
MotionMark
SpeedMeter2.0
octane

※ベンチマーク条件

■ ゲーム

DQ Xは1280×720・標準、および1920×1080・最高品質の2パターン
FF XIV(紅蓮/漆黒)は1280×720・高品質(ノート)、および1920×1080・最高品質/高品質(ノート)/標準品質(ノート)の4パターン
FF XVは1280×720・標準のみ

■ 騒音

対象機材の端、またはヒンジから30cmの位置

結果総覧

スコアの比較として、以下の機種のスコアを用いています。

「M75q-1」(Ryzen 5 3400GE):8GBシングルチャネル/65Wアダプタ使用時
「M75q-1」(Ryzen 5 3400GE):32GBデュアルチャネル/130Wアダプタ使用時
「Yoga 750i」(Core i7-1165G7):16GBデュアルチャネル

「M75q Gen2」は「M75q-1」と同様、メモリの影響(シングルチャネル/デュアルチャネル)を大きく受けます
そのため、今回は8GBシングルチャネルと16GBデュアルチャネルでベンチマークを計測しています。

影響が一番大きいのはグラフィック関係のベンチマークですが、CPU処理もメモリの読み書きが発生するようなものは最大で2割近くスコアが変化しています。

グラフィック性能は冷却能力がいいのか、高負荷なほどスコアが伸びる傾向にありました。
シングルチャネル時とデュアルチャネル時では倍近いスコア差が出ることもあり、よほどの理由がない限り、メモリを足してデュアルチャネルにした方がいいでしょう

CPU

CPU PassMark
Ryzen 7 4800H(8C/16T) 192282660
Ryzen 7 4750GE(デュアル) 185172919
Ryzen 7 4800U(8C/16T) 173482608
Core i9-10980HK(8C/16T) 173203027
Ryzen 7 5700U(8C/16T) 161532483
Core i9-9980HK(8C/16T) 156302754
Ryzen 7 4750GE(シングル) 140512960
Ryzen 7 4700U(8C/8T) 138072576
Core i7-1165G7(Yoga 750i) 134102974
Core i7-1165G7(4C/8T) 116123090
Ryzen 5 4500U(6C/6T) 112782474
Core i5-1135G7(4C/8T) 99022750
Ryzen 5 3400GE(デュアル) 98732073
Core i7-1065G7(4C/8T) 89922504
Ryzen 5 3400GE(シングル) 88082063
Core i5-1035G1(4C/8T) 79642390
Ryzen 7 3700U(4C/8T) 74252062
Ryzen 5 3500U(4C/8T) 71411991
Core i7-10510U(4C/8T) 70982440
Core i5-10210U(4C/8T) 64852262
Core i7-8565U(4C/8T) 63812266
Core i5-8265U(4C/8T) 61302144
Core i7-7500U(2C/4T) 36661969
Core i5-7200U(2C/4T) 33801789

上段:マルチスレッド、下段:シングルスレッド

「M75q-1」はRyzen 5 3400GE(4コア8スレッド)搭載機で、8コア16スレッドなRyzen 7 PRO 4850GEと厳密な比較はできませんが、シングル時/デュアル時ともにスコアが2倍近くになっています。
というか、デュアルチャネル時はさらっと同じ8コア16スレッドであるRyzen 7 5700Uのスコアも上回り、TDP45WとRyzen 7 PRO 4850GEより高いTDPで動作するRyzen 7 4800Hに迫っています。

「Yoga 750i」はRyzen 7 4850GE(TDP35W)に近いTDP28Wで動作し、スコアのばらつきの大きいTigerLake搭載機の中では高いスコアを出していますが、「M75q Gen2」のシングルチャネル動作時にも届いていません。

比較対象がモバイル向けCPUとは言え、これだけ高いスコアを出すのであれば文句はないでしょう。

GPU

3DMark FireStrike

CPU 3DMark FireStrike
GTX 1650 Max-Q 68447756
GeForce MX450(25W) 68337500
GTX 1050 Max-Q 65917296
Core i7-1165G7
(Iris Xe)
42634843
GeForce MX450(12W) 41914371
Ryzen 7 4750GE
(デュアル)
39324336
GeForce MX350 35843980
Core i7-1165G7
(Yoga 750i)
35273883
Core i5-1135G7
(Iris Xe)
34183967
Ryzen 5 3400GE
(デュアル)
31803566
Ryzen 7 4700U
(Radeon Vega 7)
28273105
Core i7-1065G7
(Iris Pro 10th)
24822715
Ryzen 7 3700U
(Radeon Vega 10)
22462514
Ryzen 7 4750GE
(シングル)
22612526
Ryzen 5 3500U
(Radeon Vega 8)
22102451
Ryzen 5 3400GE
(シングル)
19242158
Core i5-1035G1
(Iris Pro 10th)
13661461
Core i7-10510U
(UHD 10th)
11181221
Core i5-10210U
(UHD 10th)
10411139

上段:総合スコア、下段:グラフィックスコア

3DMark FireStrikeのスコアは、GeForce MX350以上GeForce MX450(12W)以下となりました。
何気に性能が高くてRyzen 7 4700Uをかなり引き離し、グラフィック性能に定評のあるTigerLakeといい勝負になっています。

[軽量級] DQベンチマーク

DQベンチマーク
本機(デュアル) 11555 / すごく快適17967 / すごく快適
Core i7-1165G7 10398 / すごく快適16266 / すごく快適
Ryzen 5 3400GE (デュアル) 9341 / とても快適15351 / すごく快適
本機(シングル) 6676 / 快適13484 / すごく快適
Ryzen 5 3400GE (シングル) 4694 / 普通9701 / とても快適

上段:1920×1080(最高品質)、下段:1280×720(高品質)

軽量級のドラクエベンチマークは高いスコアはぶれやすいのですが、なんとなく上下関係がつかめます。
「M75q Gen2」であれば、フルHD/最高品質でもストレスなくプレイできそうです。

[中量級] FF XIV 漆黒のヴィランズ

FF XIV 漆黒のヴィランズ
本機(デュアル) 3458 / やや快適7482 / 非常に快適
Core i7-1165G7 2676 / やや快適6426 / とても快適
Ryzen 5 3400GE (デュアル) 2646 / やや快適6166 / とても快適
本機(シングル) 1893 / 設定変更4348 / 快適
Ryzen 5 3400GE (シングル) 1381 / 設定変更2939 / やや快適

上段:1920×1080(最高品質)、下段:1280×720(高品質)

中量級のFF XIVベンチマークもスコア順序はドラクエベンチマークと変わりません。
「M75q Gen2」はフルHD解像度でも画質を標準(ノート)まで落とせばスコアが6177(とても快適)となり、プレイに支障がなくなります。

なお、「Yoga 750i」では”フルHD/標準(ノート)”で4489(快適)だったので、高負荷時の性能の伸びはデスクトップ機の面目躍如といったところでしょうか。

[重量級] FF XV Windowsエディション

FF XV
本機(デュアル) 3400 / 普通
Core i7-1165G7 2702 / やや重い
Ryzen 5 3400GE (デュアル) 2777 / やや重い
本機(シングル) 1972 / 動作困難
Ryzen 5 3400GE (シングル) 1535 / 動作困難

1280×720(高品質)

割と衝撃だったのが、重量級のFF XVベンチマークです。なんとかプレイ可能な”普通”評価となりました。
「Yoga 750i」のスコアが伸び悩んでいるのを見ると、デスクトップ機ならではの冷却能力とか、高負荷時の性能維持能力とかが考えられますが、ここまで伸びるとは思っていませんでした。

消費電力・稼働時間・騒音・温度

消費電力

アイドル時 4.6W
画面オフ時 4.0W
スリープ時 0.9W
CINEBENCH(S) 18.3W
CINEBENCH(M) 59W
最大 59W

消費電力は電源アダプタの65Wに収まる範囲で推移します。
これは90Wや135Wといった大容量のアダプタを使った時も同じで、65Wどころか60Wも超えませんでした。

よって「M75q-1」の時のような、大容量アダプタでさらなる性能アップ!ということはできません

騒音

状況 音量
電源オフ 35.0dB
アイドル 36.5dB
最大 47.8dB
最大(背面) 47.0dB
最大(サイド) 52.1dB

騒音レベル[dB] 音の大きさのめやす 自室内の聞き騒音
うるさい 70 掃除機
騒々しい街頭
非常にうるさい
60 普通の会話・チャイム
時速40キロの自動車の内部
非常に大きく聞こえうるさい
声を大きくすれば会話ができる
普通 50 エアコンの室外機
静かな事務所
大きく聞こえる
通常の会話は可能
40 深夜の市内
図書館
多少大きく聞こえる
通常の会話は十分に可能
静か 30 ささやき声
深夜の郊外
非常に小さく聞こえる
20 ささやき
木の葉のふれあう音
ほとんど聞こえない

「M75q Gen2」のファンは1500RPMを超えた辺りから音がし始め、最大で2700RPM近くまで回転数が上がります。
音はザアァァといった感じの、室内で聞く土砂降りのような音です。やや高音気味で、気になる人は気になる類の音ですね。

熱がこもりやすいのか、フル稼働を停止してもファン音が静かになる(=CPU温度が下がる)のに30秒以上かかります。

面白いのが、ファンの位置が右手前なので、右サイドが一番うるさいんですよね。
なので、右サイドを下にして縦に置くと、ほんの少し音が弱くなります。

温度

Ryzen 7 PRO 4750GEの仕様上の最大温度は95℃です。
実際に負荷をかけてみると、65℃を超えた辺りからファンが音を立てて回り始め、頑張っても78℃までしか上がりませんでした。

少々うるさいですが、温度を気にせずにぶん回せますね。

まとめ

「M75q Gen2」は前世代から大幅に性能がアップした良機種です。
今回レビューしたのは上位のRyzen 7モデルですが、最安値はギリギリ5万円台なんですよね。正直言って、いい意味で価格と性能が見合っていないと思います。

LenovoのミニPC「ThinkCentre M Tiny(AMD)」シリーズはカスタマイズ次第で激安価格になることから一部界隈で大人気で...

性能が高いのでテレワークも十分に対応できますし、グラフィック能力もあるので軽量級・中量級ゲーム用にしてもいいでしょう
どういう使い方をしても平均以上にこなせるコンパクトPCと言えそうです。

関連リンク

付録

ベンチマーク結果一覧

メーカー Lenovo
モデル名 M75q Gen2
CPU Ryzen 7 4750GE
GPU Radeon 7
メモリ 8GB 16GB
ストレージ 256GB
PassMark Total 4497.6 5281.9
CPU Single 2960 2919
CPU Multi 14051.2 18517.2
2D 723.4 715.3
3D 1890.6 3528.6
Memory 2277.5 2710.7
Disk 15771.7 15300.6
CPU-Z Single 532.5 531.7
Multi 5321.7 5338.8
GeekBench4 Single 5179 5547
Multi 23368 29026
OpenCL 40044 56964
OpenCL(dGPU)
GeekBench5 Single 1228 1242
Multi 6002 7762
OpenCL 13001 16401
OpenCL(dGPU)
CrystalMark Mark 601603 721008
ALU 276821 275446
FPU 175504 172411
MEM 89387 115688
HDD 65034 63760
GDI 17304 17743
D2D 6963 8043
OGL 60610 67917
CINEBENCH R15 OpenGL 46.82fps 74.14fps
CPU(M) 1782cd 1793cd
CPU(S) 194cd 193cd
CINEBENCH R20 CPU(M) 4111pts 4140pts
CPU(S) 495pts 495pts
CINEBENCH R23 CPU(M) 10671pts 10673pts
CPU(S) 1271pts 1272pts
PCMark ALL 5614 5966
Essensial 10022 10174
Productivity 8592 8683
DigitalContent 5579 6526
3DMark TimeSpy 942 1563
Graphics 823 1374
CPU 5408 7107
FireStrike 2261 3932
Graphics 2526 4336
Phisics 19750 21273
Combined 726 1346
NightRaid 9668 13866
Grapihics 10292 17958
CPU 7199 6053
SkyDiver 9393 14644
Graphic 8919 14296
Phisics 15149 18033
Combined 8019 13329
CloudGate 17750 21518
Graphics 18881 30801
Phisics 14674 10472
IceStorm 101255 121473
Graphics 117424 156577
Phisics 68327 68065
IceStormEX 80144 103024
Graphics 84813 120899
Phisics 67199 67893
IceStormUnlimited 142862 150649
Graphics 195843 218799
Phisics 73382 72076
VR Mark 2081
DQ(DX9) 1280・標準 13484
すごく快適
17967
すごく快適
1920・最高 6676
快適
11555
すごく快適
FF XIV(DX11)
紅蓮
1280・標準 4518
快適
7836
非常に快適
1920・最高 1924
設定変更
3421
やや快適
1920・標準 2561
やや快適
4742
快適
1920・低 3214
やや快適
6177
とても快適
FF XIV(DX11)
漆黒の反逆者
1280・標準 4348
快適
7482
非常に快適
1920・最高 1893
設定変更
3458
やや快適
1920・標準 2471
普通
4596
快適
1920・低 3013
やや快適
5829
とても快適
FF XV(DX11) 1280・標準 1972
動作困難
3400
普通
1920・最高
MHF(DX10)
大討伐
1280 7543 14129
1920 4112 7699
ブラウザ jetstream2 139.277 144.716
BaseMark 864.72 1003.04
WebXPRT 216 226
MotionMark 346.42 359.79
SpeedMeter2.0 105.3 107.1
octane 51458 51547

ベンチマーク結果画像