2021年を振り返って。買ってよかったものをリストアップしてみました

ブログ

2021年も残り5日、今週末はすでに2022年です。
というわけで今年の振り返り第一弾はレビュアー系ブログによくある「今年買ってよかったもの」です。そんなにあれもこれもと買ってはいないので、必ずしも「ベストバイ」というわけではない点、ご了承ください。

スポンサーリンク

アイリスオーヤマ エアリーシートクッション

のっけからPCでもガジェットでもありませんが、めちゃくちゃ座り心地のいいクッションです。
東洋紡が開発したエアリーキューブという3次元素材が使われています。

がじぇっとりっぷは自室用に買った後、リビングの椅子用にリピートしました
発売が2013年と結構古いのに、今まで知らなかったのが悔しいですね。

43cm角という大きさがゲーミングチェアの座面にぴったり収まるので、ずれたりすることもなく快適です。

トランポリンクッション

簡易トランポリンになるクッションです。
がじぇっとりっぷはマンション住まいですが、これだと飛び跳ねても階下に響きません

普段はフットレスト代わりに使っていて、気が向いたら2~3分飛ぶといった感じでお手軽です。
それだけでも結構体温が上がるので、最近は体が冷えてきたらちょっと飛ぶということを繰り返しています。
商品画像では高く飛んでいますが、実際はクッションから足が離れるかどうか位の高さで十分です。

お子様のいる家庭ではソファで飛び跳ねなくなったとか、外に出れない日でも体力を削ってくれるとか評価が高いですね。

がじぇっとりっぷが購入したのは一回り大きな50cmサイズのものですが、45cmサイズであれば安価なものもあります。

プロテイン

テレビで見た「朝プロテイン」のために購入。

食事などで摂取したタンパク質は寝ている間も消費されるので起き抜けは欠乏状態、放っておくと筋肉を分解してタンパク質を補おうとするので、朝一でプロテインを飲むと筋力低下が防げるという話です。
たいていの人は朝はバタバタと動くのでそれが負荷となり、人によっては逆に筋肉が増えるのだとか。

朝に一杯飲むというだけとお手軽なので、これも続いています。

ASUS TUF Gaming F15 FX506HM

現在レビュー中な、次期メインノートに内定したゲーミングノートです。
GeForce RTX 3060を搭載し、Thunderbolt4にも対応しているのに、先日のブラックフライデーセールでは109,800円とか嘘みたいな価格で販売されていました。
現在は年末年始セールでASUS Storeで119,000円ですね。

今買うのであれば、後継機で薄型になった上、テンキーなしでホームポジションが中央になった「FX516PM」がASUS Storeで114,800円で販売されています。

DELL Inspiron 14 5410

Core i5でも6万円台から購入できるスタンダードノートです。
メモリは2スロットで増設可能だし、Core i7モデルはThunderbolt4を搭載する点もポイントです。

【レビュー】 DELL Inspiron 14 5410:高負荷時は爆熱だけどスコアの伸びがいいノート

CPUがHシリーズなだけあって高負荷時でもパフォーマンスがよく(ただし爆熱)、それでいてうるさくはないという、静かな場所でも使える一台です。

実のところ、「FX506HM」を購入するまではこれを次期メインノートとすべく整備していました。
本当ならHP「Pavilion Aero 13-be」が良かったのですが、がじぇっとりっぷは10GbEの検証も行う都合上、Thunderbolt4が必要だったんですよね。

LG 24QP750-B

23.8インチWQHD(2560×1440)のディスプレイです。
がじぇっとりっぷは27インチ4Kディスプレイを使っていたのですが、思ったよりドットが小さく、150%で使っていました。
ところがこの状態だとスクリーンショットを取るとぼやけるんですよね。紹介記事とか書くのに結構困っていました。

また、高さがあって上下の視線移動がつらかったので、思い切ってサイズと解像度を一回り下げて「24QP750-B」を購入しました。

DPIはばっちりで見やすく、HDR対応なのでこれまでよりも色味の調整もしやすくなりました。
Type-C給電にも対応しているのでノートにつなぐケーブルが一本になってすっきりしたのも大きなポイントです。

本当はこれのワイド版があったらよかったのですが、ほとんどのワイドディスプレイって27インチが基準なんですよね…なので高さが…

ロジクール MX Keys mini

現在のメインキーボードです。
碁石にでも触れているようなキートップの感触がお気に入りです。これも来年にはレビュー記事を掲載する予定です。

欲を言えばファンクションキーをもうちょっと詰めて、キーをひとつふたつ増やして欲しかったところです。

Verbatim USBケーブル

安いのにUSB3.2 Gen2(10Gbps通信)と100W給電に対応したUSBケーブルです。

【レビュー】Verbatim Type-C to Cケーブル:太いけれど安くて信頼できる一本

Type-Cケーブルって規格が乱立していて、60Wまでだとか100Wまでだとか、100W対応だけどデータはUSB2.0だったりして結構困るのですが、これならThunderbolt4とUSB4以外はOKなので、重宝しています。

長さが1mのものしかないのが残念ですが、一本持っているととても便利です。

created by Rinker
バーベイタムジャパン(Verbatim Japan)
¥652(2022/12/06 09:48:40時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました