かなり狙い目。Lenovo「ThinkBook 14 Gen4(Intel)」は10万円切りからのTB4搭載第12世代Coreノート

PC

2022年5月10日、LenovoはIntel第12世代Core CPU(コードネーム:Alder Lake)を搭載した14インチノート「ThinkBook 14 Gen4(Intel)」を発表しました。

スポンサーリンク

スペック

■ ThinkBook 14 Gen4
CPUCore i5-1235U
Core i5-1240P
メモリ8GB DDR4-3200(オンボード)
空きスロット×1
ストレージ256~512GB NVMe SSD
画面14.0インチ IPS FHD
インターフェースUSB Type-C(TB4)×1
USB Type-C(Gen2)×1
USB 3.2 Gen1×2
HDMI
microSDXC
1GbE 有線LAN
オーディオジャック
wi-fi802.11ax+BT5.0
サイズ323×218×17.9mm
重さ1.4kg

特徴

「ThinkBook」シリーズはコンシューマ向けの「IdeaPad」とビジネス向けの「ThinkPad」の中間となるシリーズで、外は「IdeaPad」、中は「ThinkPad」なコストパフォーマンスを考えたノートです。
もうちょっと具体的に言うと、カスタマイズ項目が豊富な「IdeaPad」というのが近いでしょうか。

“Gen4″なので第4世代と思いきや、AMD版と合わせての世代番号なので、飛ばされた番号もあります。

IntelAMD
Gen1(無印)第10世代なし
Gen2第11世代Ryzen 4000
Gen3なしRyzen 5000
Gen4第12世代Ryzen 6000

CPU

「ThinkBook 14 Gen4」のCPUは冒頭にも書いたように、Intel第12世代 Alder Lakeです。
仕様上はCore i7-1255UまたはCore i5-1235U(ともに10コア12スレッド、TDP15W)なのですが、カスタマイズでCore i7-1260P、Core i5-1240P(ともに12コア16スレッド、TDP28W)も入っています。

10年に一度の大変革。Intelの第12世代Core CPU「Alder Lake」はハイブリッド構成でCPU性能大幅強化
CPUPassMark(Multi)
Core i9-12900H(14C/20T)30586
Ryzen 9 6900HX(8C/16T)25410
Core i5-12500H(12C/16T)23619
Ryzen 9 5900HX(8C/16T)23204
Core i7-1270P(12C/16T)22842
Ryzen 7 6800H(8C/16T)22771
M1 Pro(10C/10T)22423
Ryzen 7 5800H(8C/16T)21492
Core i5-12450H(8C/12T)19820
Ryzen 7 4800H(8C/16T)19068
Ryzen 7 5800U(8C/16T)18924
Core i5-1240P(12C/16T)18754
Core i7-1260P(12C/16T)17154
Core i9-10980HK(8C/16T)16329
Core i5-1235U(10C/12T)15759
Ryzen 5 5625U(6C/12T)15591
Ryzen 7 4700U(8C/8T)13666
Core i7-11375H(4C/8T)12349
Ryzen 3 5425U(4C/8T)12269
Ryzen 5 4500U(6C/6T)11133
Core i7-1165G7(4C/8T)10611
Core i5-1135G7(4C/8T)10140
Core i7-1065G7(4C/8T)8731
Ryzen 7 3750H(4C/8T)8276
Core i5-8259U(4C/8T)8136
Ryzen 7 3700U(4C/8T)7323
Ryzen 5 3500U(4C/8T)7107
Core i5-8265U(4C/8T)6130

まだサンプル数が少ない&ベンチマークアプリ側がEコア/Pコア構成に最適化されていないのでスコアが安定していませんが、CPUのマルチスレッド性能だけで言えばCore i7-1165G7 → Core i7-1155Uで25%アップ、Core i7-1165G7 → Core i7-1260Pで70%アップくらいになるようです。

グラフィックについてはアーキテクチャの変更がないので第11世代(Tiger Lake)と大きな差はありません。

メモリとストレージ

メモリは8GBまたは16GB DDR4-3200。安価な製品なのでさすがにDDR5ではありません。8GBはオンボードで、16GBはオンボード8GB+8GB SO-DIMMです。
8GBモデルの場合は空きスロットとなっており、最大40GB(オンボード8GB+32GB)まで増設することができます

ストレージは256GBまたは512GBのM.2 NVMe SSD。標準では2242サイズとなります。カスタマイズで1TBまで変更することができます。
特筆すべきはカスタマイズでPCIe Gen4タイプを選べる点。しかも同容量であれば追加料金はかからないので、(どれほど効果があるかは不明ですが)是非とも選んでおきたいところです。

その他

Wi-fiは標準で802.11ax(Wi-fi 6E)に対応しています。
カスタマイズで”E”のないWi-fi 6に変更すると1,100円安くなります。
記事執筆時点では国内にWi-fi 6Eに対応したルーターはないものの、数年先まで使うつもりならWi-fi 6Eのままでもいいでしょう。

Wi-fi 6EはWi-fi 6の拡張規格で、従来の2.4GHz/5GHzに加えて新たに6GHz帯(5,925~7,125MHz)に対応したものです。
帯域の混雑や干渉を避けやすくなりますが、速度が速くなるわけではありません。

バッテリーは標準で3セル45WHr。+2,200円で4セル60WHrに変更できます
1セル当たりの容量は変わらないので、充電時間もほぼ同程度と思われます。
額としても大きくはないですし、ここも変更しておきたいポイントですね。

ちなみにディスプレイは14インチIPS FHDでタッチ非対応、輝度は300nits、色域は45% NTSC(sRGBだと60~70%程度)です。
あまりいいパネルとは言えず、IPSの中では最底辺クラスです。
ThinkPadのようにカスタマイズで変更できれば良かったのですが、さすがにそこまでは対応していません。グローバル仕様上ではカスタマイズはあるっぽいのですが…

外観

全体です。
ぱっと見では「IdeaPad」シリーズと区別がつきません。

キーボードも「IdeaPad」シリーズそのままです。

1.4-in-1メディアカードリーダー
2.USB 3.2 Gen1
3.イーサネット・コネクター(RJ-45)
4.セキュリティキーホール
5.USB Type-C 3.2 Gen2
6.USB4 (Thunderbolt4 対応)
7.HDMI
8.USB 3.2 Gen1
9.オーディオジャック

インターフェースはかなり豪華です。
Type-Cは2ポートあり、片方がUSB4(Thunderbolt4)に対応しています。

映像出力はHDMI(3840×2160/60Hz)とType-C(5120×3200/60Hz)で、おそらく本体と合わせてトリプルディスプレイも可能です。

天板は「ThinkBook」共通のツートンカラー。
底面の吸気口は横長で、これは「IdeaPad」と同じですね。

まとめ

「ThinkBook 14 Gen4(Intel)」の価格は92,048円(税込・送料込)から。
Alder Lake世代でUSB4(TB4)も搭載して10万円切りってのはなかなかにお安いです。

10万円切りだとDELL「Inspiron 14 5420」とかが8万円台からありますが、USB4(TB4)は非搭載なんですよね。

いろいろアップグレード。DELL「Inspiron 14 5420」は8万円台からのお手頃AlderLake搭載ノート

USB4(TB4)があれば、たとえばGPU Boxを接続してグラフィックを大幅に強化したり、10GbEアダプタを接続したりとできることが増えます。まぁ本当に必要とするのは一部の層に限られますが。

USB4(TB4)が必要で第12世代に移行したいという層にとっては、かなりおすすめなモデルと言えるでしょう。
まぁ、色にこだわる場合は外部ディスプレイが必須になりますけどね。

キャンペーン情報

本日6月7日は、楽天リーベイツでLenovoが20%還元キャンペーンを行っています。
詳細は下のリンクからご確認ください。

【終了】リーベイツでLenovo/NECが20%ポイント還元!第12世代機が実質7.5万円台、Ryzen 5搭載機が実質5.1万円台で買えるチャンス!

関連リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました