ベンチマーク母艦に良さそう。MINISFORUM「BD770i」はM.2 SSDもPCIeスロットもGen5対応なMini-ITXマザボ

PC

2023年10月1日、MINISFORUMはオンボードでRyzen 7 7745HXを搭載するMini-ITXマザーボード「BD770i」を発売しました。

スポンサーリンク

スペック

■ BD770i
CPURyzen 7 7745HX
メモリSO-DIMM DDR5-5200×2
ストレージM.2 Gen5 SSD×2
インターフェースPCIe 5.0 x16コネクタ ×1
USB Type-C(Gen2)×1
USB3.2 Gen1×2
USB2.0×2
HDMI2.0×1
DisplayPort1.4×1
2.5GbE 有線LAN
オーディオジャック
wi-fiM.2 Key-Eスロット
サイズ170×170mm
電源24ピン

特徴

「BD770i」は「EYERTEC AD650i」に続く、ミニPCメーカーであるMINISFORUMが発売したマザーボード第2弾です。

面白いけどあと一歩。MINISFORUM「EYERTEC AD650i」はオンボードCore i7-12650HにM.2 SSD×6枚な変態マザボ

MINISFORUMでは「BD770i」を”AMD Ryzen 7 7745HX CPUをデスクトップ用マザーボードに搭載した初のMoDT(モバイルデスクトップ)マザーボード”と謳っています。

CPU

「BD770i」のCPUはRyzen 7 7745HX
Ryzen 7000シリーズの中では最上位となる7045シリーズで、デスクトップ向けコアをモバイル用にパッケージングしたCPUです。
強力なCPU性能を持つ反面、ゲーミングノートなど外付けGPUと組み合わせることを前提としているため、内臓グラフィックは最小限となっています。

シリーズ多すぎ。 モバイル向けRyzen 7000シリーズまとめ
CPUPassMark(Multi)
Ryzen 7 7745HX(8C/16T)32915
Ryzen 9 7940HS(8C/16T)31009
Core i9-13900H(14C/20T)30002
Ryzen 7 7840HS(8C/16T)29144
Core i9-12900H(14C/20T)28652
Core i7-13700H(14C/20T)28460
Core i7-12700H(14C/20T)26476
Ryzen 7 7840U(8C/16T,30W)25263
Ryzen 9 6900HX(8C/16T)24930
Ryzen 7 7735HS(8C/16T)24188
Ryzen 7 6800H(8C/16T)23701
Core i7-12650H(10C/16T)23625
Core i9-11980HK(8C/16T)23063
Ryzen 9 5900HX(8C/16T)22777
Core i5-13500H(12C/16T)22718
M1 Pro(10C/10T)21855
Core i5-12500H(12C/16T)21669
M2 Pro(10C/10T)21622
Ryzen 7 7735U(8C/16T)21214
Ryzen 7 5800H(8C/16T)21184
Core i7-11800H(8C/16T)20810
Ryzen 7 6800U(8C/16T)20589
Core i5-12450H(8C/12T)17933
Ryzen 5 6600U(6C/12T)17185
M2(8C/8T)15489
Core i5-11400H(6C/12T)15839
Core i7-1355U(10C/12T)15355
Core i7-1255U(10C/12T)13829
Core i7-1165G7(4C/8T)10370
GPUFireStrike(Graphics)
RTX 3050 Mobile12001
GTX 1060 Max-Q10765
VR Readyの壁
AMD 780M(7940HS)8392
AMD 780M(7840U)8166
GTX 1650 Max-Q7785
GTX 1050 Max-Q7285
AMD 680M(7735HS)7123
AMD 680M(6800U)6890
GeForce MX5506199
Core i7-13700H6133
Core i9-13900H6012
Core i7-12700H5641
GeForce MX450(30.5W)5362
Core i7-1355U5200
Core i5-13500H5149
Core i7-1165G75102
Ryzen 5 6600H5075
Core i7-1260P4960
Ryzen 5 6600U4832
Core i5-12500H4580
GeForce MX450(25W)4435
Core i7-1255U4383
Ryzen 7 5800U3933
Core i7-12650H(UHD)3800~4300
Core i5-1135G73800
Core i5-1235U3745
Core i3-1115G42403
Radeon 610M1500~1700
Intel N1001164

CPU性能は現行最高峰クラスのモバイル向けCPUであるCore i9-13900HやRyzen 9 7940HSを超えて堂々のトップクラス。

参考までにデスクトップ機でよく採用されているCore i5-13500(TDP65-154W)がスコア32,500、Core i7-13700F(TDP65-219W)がスコア39,800。
TDPは45-75Wでありながら、Core i5-13500並みの性能ということになります。

さらに、「BD770i」の製品ページには最上位となるRyzen 9 7945HXのグラフも併記されています。

Ryzen 9 7945HXは16コア32スレッド(Ryzen 7 7745HXは8コア16スレッド)と、コア/スレッド数はRyzen 7 7745HXの2倍でPassMarkスコアは56,600。
デスクトップ向けのCore i9 13900K(TDP65-219W!)で59,700なので、トンデモ具合が分かるかと。これが来たら爆売れしそう。

グラフィックはRDNA2ですが2CUであり、そもそもdGPUと組み合わせるCPUなので内臓グラフィックスは相当に弱め
Ryzen 7 7745HXの内臓グラフィックスコアは見当たらなかったのですが、同じRadeon 610Mを搭載するRyzen 7020シリーズを参考にすると、Intel N100よりはまし程度となるようです。

メモリとストレージ

メモリはSO-DIM DDR5が2スロット。DDR5-5200まで対応します。

ストレージは、M.2 Gen5 SSDスロットが2スロット
ざっくり調べた範囲では、Mini-ITXだとほとんどがGen4スロット、Gen5の複数スロットという製品は見当たりませんでした(あっても最大で5.0+4.0)。
なので、デュアルGen5 SSDスロットというのは「BD770i」の大きな売りの一つですね。

Ryzen 7045シリーズはCPU内にチップセットの機能が組み込まれた形となり、PCIeレーンはCPU直結か、それに近い状態と言えます。
実際にベンチマークを取らないと分かりませんが、デスクトップ機のチップセット経由よりは早いでしょう。

Gen5 SSDは10GB/sを超える超高速な代わりに高発熱で、ゴツいヒートシンクがセットで販売されるような代物ですが、「BD770i」ではアクティブファン付きのヒートシンクで覆うようになっています。

それからスペースの関係か、SATAポートはありません。

その他

無線LANはM.2 Key-Eスロットとアンテナ端子が用意されていて、Wi-fiカードは自前で用意するスタイル
有線LANは2.5GbEです。

上の画像でも示されていますが、「EYERTEC AD650i」とは違ってMini-ITX規格に合わせて、GPUなどで使えるPCIe Gen5 x16スロットが用意されています。
公式製品ページでの文言では、”Nvidia RTX4090/AMD RX 7900 XTXサポート”とされています。

また、あくまでCPU付きマザーボードという位置づけなので、電源などはなし。ケース・電源・メモリ・ストレージ・GPU・OSは自前で用意する必要があります

外観

全体のイメージ。
巨大なCPUヒートシンクと、SSD用ヒートシンクでほぼ全面が覆われています。

後述しますがCPUファンは非搭載で、取り付けプレートだけがある状態です。

ヒートシンクを外した状態のインターフェースです。
見た目的にはかなりシンプルで、電源周りだけがっつりしています。

背面インターフェースも豪華ではないものの必要なものは揃っています。

Wi-fiカード用のスロットが見えないのが気になりますが、背面にあるのでしょうか。

12025ファン(12cmファン)に対応していますが、CPUファンは自前で準備する必要があります。

「BD770i」はハイエンドクラスのCPUオンボードMini-ITXという位置づけであり、そのクラスになるとユーザー側も静音ファンにするとか高風量ファンにするとかこだわりを持つ層になるので、あえて非搭載にするのは理にかなっているかなと。
まぁ、大半はNoctuaを買う気がするわけですが。

あと、BIOSからファン制御はできるものの、OS上で動作する制御アプリは提供されないとのこと。

まとめ

「BD770i」の価格は65,980円
CPU込みでハイエンドマザボよりちょっと高い程度。同程度の性能であったCore i5-13500が単体で3.8万円程度なので、これを3万円弱のマザボと組み合わせたくらいの価格感です。

そう考えると、価格的には高くもなく安くもなく、Mini-ITXでデュアルGen5 SSDという付加価値分くらいはお得かな?といったところでしょうか。

CPUファン込みでも薄めにまとめられる構成だけに、コンパクトゲーミングPCを組みたい層には注目を浴びそうです。
あと、ベンチマーク用。

PCIe Gen5スロットにデュアルGen5 SSDは、これをベンチマーク母艦にしてみようというレビュアーも出ておかしくないかなぁと。

何にせよ、コンセプトがはっきりしていて分かりやすく、価格もわりと手ごろなので、じんわりと売れていくタイプのマザボになる気がします。

関連リンク

created by Rinker
noctua
¥7,265(2024/04/19 01:17:33時点 Amazon調べ-詳細)

公式製品ページ:MINISFORUM

コメント

タイトルとURLをコピーしました