そうだ、GPUを増設しよう。 MINISFORUM「UM780 XTX」はOCuLink搭載のRyzen 7 7840HS ミニPC

PC

2023年11月10日、MINISFORUMはRyzen 7 7840HSを搭載したミニPC「UM780 XTX」を発売しました。

スポンサーリンク

スペック

■ UM780 XTX
CPURyzen 7 7840HS
メモリ0~64GB DDR5-5600
ストレージ0GB/1TB NVMe Gen4 SSD
インターフェースUSB Type-C(USB4)×2
OCuLink×1
USB3.2 Gen2×4
HDMI 2.1
DisplayPort 1.4
2.5GbE有線LAN×2
オーディオジャック
wi-fiWi-fi 6E+BT5.2
サイズ記載なし
重さ記載なし

特徴

MINISDORUMではZen4 CPU搭載ミニPCとしてRyzen 9 7940HSを搭載する「UM790 PRO」およびRyzen 5 7640HS搭載の「UM760 PRO」を販売しています。

2023年5月の発表時には同時にRyzen 7 7840HSモデルとなる「UM780 PRO」も発表されていたのですが、一向に発売されず。
何かあるのかなぁと気になっていたところに登場したのが、「UM780 XTX」です。なるほど、Ryzen 7 7840HSは別機種に振ったのかぁと納得しました。

「UM780 XTX」は「UM790 PRO/UM760 PRO」とはインターフェース構成が全く異なっていて、厚みも増しています。
また、64Gbpsの通信に対応したOCuLinkを搭載しました。

OCuLinkはUSB4(40Gbps)の1.6倍の速度が出るため、外付けのGPU Boxを接続するのに向いています。

CPU

前述の通り、搭載CPUはRyzen 7 7840HS
最新となるZen4+RDNA3アーキテクチャで構成されたCPUです。

シリーズ多すぎ。 モバイル向けRyzen 7000シリーズまとめ
CPUPassMark(Multi)
Ryzen 7 7745HX(8C/16T)32915
Ryzen 9 7940HS(8C/16T)31009
Core i9-13900H(14C/20T)30002
Ryzen 7 7840HS(8C/16T)29144
Core i9-12900H(14C/20T)28652
Core i7-13700H(14C/20T)28460
Core i7-12700H(14C/20T)26476
Ryzen 7 7840U(8C/16T)25263
Ryzen 9 6900HX(8C/16T)24930
Ryzen 7 7735HS(8C/16T)24188
Ryzen 7 6800H(8C/16T)23701
Core i7-12650H(10C/16T)23625
Core i9-11980HK(8C/16T)23063
Ryzen 9 5900HX(8C/16T)22777
Core i5-13500H(12C/16T)22718
M1 Pro(10C/10T)21855
Core i5-12500H(12C/16T)21669
M2 Pro(10C/10T)21622
Ryzen 7 7735U(8C/16T)21214
Ryzen 7 5800H(8C/16T)21184
Core i7-11800H(8C/16T)20810
Ryzen 7 6800U(8C/16T)20589
Core i5-12450H(8C/12T)17933
Ryzen 5 6600U(6C/12T)17185
M2(8C/8T)15489
Core i5-11400H(6C/12T)15839
Core i7-1355U(10C/12T)15355
Core i7-1255U(10C/12T)13829
Core i7-1165G7(4C/8T)10370
GPUFireStrike(Graphics)
RTX 3050 Mobile12001
GTX 1060 Max-Q10765
VR Readyの壁
AMD 780M(7840HS)8430
AMD 780M(7840U)8166
GTX 1650 Max-Q7785
GTX 1050 Max-Q7285
AMD 680M(7735HS)7123
AMD 680M(6800U)6890
GeForce MX5506199
Core i7-13700H6133
Core i9-13900H6012
Core i7-12700H5641
GeForce MX450(30.5W)5362
Core i7-1355U5200
Core i5-13500H5149
Core i7-1165G75102
Ryzen 5 6600H5075
Core i7-1260P4960
Ryzen 5 6600U4832
Core i5-12500H4580
GeForce MX450(25W)4435
Core i7-1255U4383
Ryzen 7 5800U3933
Core i7-12650H(UHD)3800~4300
Core i5-1135G73800
Core i5-1235U3745
Core i3-1115G42403
Radeon 610M1500~1700
Intel N1001164

CPU性能はPassMarkスコアが30,000弱。Core i7-13700H以上Core i9-13900Hという優秀なスコアを収めています。

グラフィック性能はCPU内臓グラフィックとしてはダントツで、GeForce GTX 1650をサクっと上回っています

メモリとストレージ

メモリは32GBまたは64GBのSO-DIMM DDR5-5600。DDR5には48GBモジュールというものがあり、これを使うと最大96GBにできます。

ストレージは1TB Gen4 SSD。
また、公式ストアではメモリ・ストレージ・OSなしのベアボーンモデルも用意されています

その他

無線LANはWi-fi 6E(802.11ax)対応。Bluetoothはv5.2です。
有線LANはデュアル2.5GbE

特殊な端子として、OCuLinkを搭載しています。
OCuLinkとはPCI-SIGが策定した外付けPCI Expressの規格で、 正式名称は「SFF-8611」。GPD「Win Max2(2023)」で搭載されて話題となった端子で、 USB4/Thunderbolt3(40Gbps)を超える64Gbpsで接続できます。

メモリ64GBもあるよ。GPD「WIN Max 2(2023)」はRyzen 7040Uシリーズ搭載で799ドルから

名称は少なくとも2012年から存在するという、意外と古い規格で、名前の由来は「OpticalとCu(Copper)のLinkなんで頭文字とってOCuLink」だそう。なのでCも大文字です。
M.2の配線を外に出しただけというシンプルさで、ケーブルにもチップの類は載っておらず、その単純さゆえに壊れにくいこと、ただの配線なのでPCIeの規格イコールOCuLinkの速度となることがメリットです(なので当初はPCIe Gen3の32Gbps接続だった)。

デメリットは、対応デバイスの少なさ。
記事執筆時点ではMINISDORUMは対応デバイスを用意しておらず、手軽に入手できるのはRadeon RX 7600M XT(8GB)を搭載した「GPD G1」くらいです。
One-Netbook社も同じGPUを内蔵した「ONEXPU」を発表していますが、未発売。

「GPD G1」の場合、OCuLinkとUSB4を同時接続して帯域を増やす(理屈上では104Gbps?)ことができるのだとか(「UM780 XTX」が対応するかは不明)。

注意点として、OCuLinkはM.2スロットと同じような扱いとなるので、ホットスワップには非対応。取り付け/取り外しは電源を落としてから行う必要があります。

外観

本体です。
スタンドは斜め設置になりました。

インターフェースです。
フロントデュアルUSB4だった「UM790 Pro/UM760 Pro」とは違い、USB4はフロントとリアに1ポートずつとなりました。

インターフェース上部にも通気口が開けられ、その分厚みが増しています。
インターフェース下部の排気口も心持ち広くなっていますね。

冷却には自信があるようで、製品ページでは全負荷時でも43dBと説明されています。

他の角度から。スタンドはVESA穴をうまく活用しています。
また、サイドは吸気口が大きくあけられていることも分かります。

内部は「UM790 Pro/UM760 Pro」同様にデュアルM.2 Gen4スロットあり。

発熱しやすいM.2 SSDはアクティブファン付きの大型ヒートシンクで冷却します。
最近はSSD用のファン付きヒートシンクを内蔵するミニPCも増えてきました。

SSDヒートシンクの画像にも映っていましたが、天面にはバックライト・エッチングシートなるものが仕込まれていて、半透明のトップカバーを通して3色に光らせることができます
…いやこの機能、いる?このために筐体を厚くしたの?

まとめ

「UM780 XTX」の価格は以下の通り(記事執筆時点での割引適応後の価格)。

ベアボーン:78,980円
32GB+1TB:106,490円
64GB+1TB:121,980円

他社のRyzen 9 7940HS搭載ミニPCと同程度の価格帯…というか、各構成とも「UM790 Pro」とほぼ同じ価格ですね。
OCuLinkというユニーク要素は大きい反面、使用者はさほど多くないでしょうから(=大量生産によるコスト削減がしにくい)、さもありなんと言ったところです。

現時点ではOCuLink対応のeGPU Boxが存在しないため、好きなグラフィックボードで増設ということはできないものの、大きなスペースを取らずグラフィックを強化できるという点は魅力的です。
まぁ、外付けGPU Boxの選択肢が「GPD G1」しかない以上、「HX99G」のRyzen 7 7840HS+Radeon RX 7600M XT版が出れば解決では?と思わなくもないですが。

今後、OCuLink対応デバイスが増えてくれば輝けるようになるでしょう。
調べた範囲だと(GPUが使えるかは不明ですが)OCuLinkに対応したアダプタはありますし、eGPUのフォーラムではOGRE-250とか、OSMETA GK01とか、OCuLink対応のeGPUアダプタがいくつか存在してはいるようですが。…デバイスが増える未来は、くるかなぁ…

ちなみに、中国ECではシングルデー真っ最中に付き、GPD G1がクーポン:18OT81 で89,399円で購入できます。

MINISFORUMのブラックフライデーセール用に、「UM780 XTX」と、メカニカルキーボード「MKB i83」の同時購入で2,000円引きとなるクーポンコードをいただきました。
有効期間が少し先なので注意してください。

クーポンコード:UM780XTX-I83
期間:11月23日~30日

関連リンク

created by Rinker
ソネット・テクノロジーズ
¥70,042(2024/02/25 22:35:37時点 Amazon調べ-詳細)

UM780 XTX:MINISFORUM

コメント

タイトルとURLをコピーしました