これは来て欲しい。ASRock「NUC 1100 BOX」はTiger Lake搭載NUCサイズPC

PC

2020年12月1日、ASRockの産業部門であるASRock Industrialは、Intel第11世代Core CPU(コードネーム:Tiger Lake)をオンボード搭載した各サイズのマザーボードおよびミニPCを発表しました。

この記事ではマザーボードについて触れつつもNUCサイズPCの「NUC 1100 BOX」シリーズをメインに紹介します。

スポンサーリンク

スペック

■NUC 1100 BOX
CPUCore i7-1165G7
Core i5-1135G7
Core i3-1115G4
メモリSO-DIMM DDR4-3200×2
ストレージM.2+2.5インチ
USBType-C(Gen2)×2、3.2 Gen2×3
映像HDMI2.0a+DP1.4
wi-fi802.11ax+BT5.0
サイズ110mm×117.5mm×47.85mm
重さ1.0kg
詳細スペックを見る
メーカーASRock
型番NUC 1100 Box
価格
発売日
110mm
奥行き117.5mm
高さ47.85mm
容量0.62L
CPUCore i7-1165G7
Core i5-1135G7
Core i3-1115G4
CPU世代Tiger Lake
ベース周波数1.2GHz
0.9GHz
1.7GHz
バースト周波数4.7GHz
4.2GHz
4.1GHz
グラフィックチップIris Xe
UHD Xe
コア/スレッド数4C/8T
4C/8T
2C/4T
TDP12~28W
チップセット
メモリインターフェイスSO-DIMM DDR4-3200
メモリスロット2
メモリ最大64GB
ECC対応×
ストレージ×
SATAポート数1
M.21(2280,PCIe/SATA)
mSATA×
USB2.0(内部)×
USB2.0(外部)×
USB3.0(内部)×
USB3.0(外部)Front x 1(Gen2)
Rear x 2(Gen2)
USB type-CFront x 2(Gen2)
SDカード
LAN2.5GbE x 1
1GbE x 1
(Intel I225LM+I219V)
Wi-fi802.11 ax
Intel AX200
Bluetooth5
D-Sub
DVI
HDMIRear x 1(2.0a)
4K対応4K/60Hz
DisplayPortRear x 1(1.4)
シリアルポート×
S/PDIF×
オーディオジャックFront x 1
サウンドチップRealtek ALC233
光学ドライブ×
PCI-Eスロット×
eSATA×
赤外線×
Optaneメモリ対応×
最大消費電力
電源90W/19V
ノイズレベル
VESA
付属品VESAマウントキット
M.2ブラケット
その他

特徴

ASRockのTiger Lake搭載ミニPCについては以前に「iBOX 1100」シリーズおよび搭載マザーボードの「NUC 1100」シリーズを紹介しています。

早くも来た。 ASRockの産業部門からTiger Lake搭載のファンレスNUCサイズPCが発表

今回の発表はその続報ともいうべきもので、NUC規格に続いてMini-ITXおよびMini-STX規格のマザーボード、「iBOX 1100」と同じく「NUC 1100」マザーボードを搭載した「NUC 1100 BOX」シリーズが発表されました。

横長だった「iBOX 1100」と違って、「NUC 1100 BOX」は正真正銘のNUCサイズ(約10cm四方)で、非常にコンパクトです。

がじぇっとりっぷでもほぼ同じサイズのASUS製NUCをいくつかレビューしていますが、本当に小さくて邪魔になりません。

【レビュー】 ASUS PN62:性能上昇はわずかながらTB3が使えるようになったミニPC

「NUC 1100 BOX」シリーズが搭載するCPUは、Intel第11世代Tiger LakeのCore i7-1165G7、Core i5-1135G7、Core i3-1115G4です。
「iBOX 1100」シリーズでは同じマザーボードでも末尾に”E”の付いた組み込み向けTiger Lakeでしたが、こちらはコンシューマ向けが使われます。

新要素多いね! Intelの第11世代Core CPU「Tiger Lake」が登場。Ryzenを追い越した?
CPUの性能比較表を見る
■CPU性能

CPUPassMark
Ryzen 7 4700U(8C/8T)139802594
Core i7-1165G7(4C/8T)116123090
Ryzen 5 4500U(6C/6T)112382475
Core i7-1065G7(4C/8T)89922504
Core i5-1035G4(4C/8T)82412360
Core i5-1035G1(4C/8T)79642390
Ryzen 3 4300U(4C/4T)78912370
Ryzen 7 3700U(4C/8T)74252062
Core i5-1135G7(4C/8T)73392362
Ryzen 5 3500U(4C/8T)71411991
Core i7-10510U(4C/8T)70982440
Core i5-10210U(4C/8T)64852262
Core i3-1115G4(4C/8T)63202852
Core i3-1005G1(2C/4T)52472306
Ryzen 3 3200U(2C/4T)42311976
Core i3-10010U(2C/4T)41992427

上段:マルチスレッド、下段:シングルスレッド

■グラフィック性能

CPU3DMark Fire Strike
GTX 1650 Max-Q68887779
GTX 1050 Max-Q66017303
Core i7-1165G7
(Iris Xe)
48305139
Core i5-1135G7
(Iris Xe)
36924175
GeForce MX250(25W)32803655
Ryzen 7 4800U
(Radeon Vega 7)
31193399
Ryzen 7 4700U
(Radeon Vega 7)
27573052
GeForce MX250(10W)27452983
Ryzen 5 4500U
(Radeon Vega 5)
25412829
Core i7-1065G7
(Iris Pro 10th)
24822715
Ryzen 7 3700U
(Radeon Vega 10)
22462514
Ryzen 3 4300U
(Radeon Vega 5)
20432221
Ryzen 5 3500U
(Radeon Vega 8)
22102451
Core i5-1035G4
(Iris Pro 10th)
18741981
Core i7-10510U
(UHD 10th)
11181221
Core i5-8250U
(UHD 620)
10721172
Core i5-10210U
(UHD 10th)
10411139
Core i3-1005G1
(UHD 10th)
9361024
Core i3-10110U
(UHD 10th)
921995
Core m3-8100Y
(UHD 615)
838935
Celeron N4000
(UHD 600)
375394

上段:総合、下段:グラフィック

メモリはDDR4-3200までで最大64GB(32GB×2)、ストレージはM.2 SSD+SATAのデュアルストレージが可能です。M.2はPCIe4.0対応なので、5000MB/sなどの高速SSDも使えます。

Wi-fiは、「iBOX 1100」シリーズでは非搭載(自力追加可能)でしたが、「NUC 1100 BOX」シリーズでは802.11ax(Wi-fi 6)対応のIntel AX200カードが標準搭載されます。

▲インターフェースです。

正面のType-C端子についてはUSB4認証試験の保留中となっているので、ハードウェア的には対応しているようです。

USBはすべて10Gbpsに対応したUSB3.2 Gen2です。有線LANの片方は2.5GbEとなっています。
Thunderbolt 3/4がない以外は、文句なしですね。

▲「NUC 1100 BOX」は、USB Type-CのDisplayPort出力も活用することで、クアッド4K表示に対応しています。

マザーボード(IMB-1224)

同時に発表されたマザーボードの一つが、Mini-ITXサイズの「IMB-1224」です。

搭載CPUは”E”付きの組み込み向けTiger Lakeで、Celeron 6305Eモデルも用意されています。

▲PCIeスロットはなく、代わりに大量のピンが並んでいます。

いかにも産業向けっぽいなぁと見ていたら、さらっとSIMスロットがあったりと、侮れません。SIMスロットの上はLTEカード用のM.2 Key B(3042/3052サイズ)スロットですね。

▲背面にはeDPコネクタ(左下の部分)があるだけです。

▲インターフェースはHDMI×4が目立ちますが、LANポートもGbE+2.5GbEになっています。

DisplayPortはモニタの電源を消すと接続も切れますが、HDMIは接続そのものは維持されます。
そのあたりの違い、規格の古さなどから、産業向けではHDMIが好まれているイメージがありますね。

マザーボード(STX-1500)

最後はMini-STXサイズの「STX-1500」です。

Mini-STXはMini-ITX(170×170mm)より小さい5.5×5.8インチ(140×147mm)で、ASRockで人気の「DeskMini」シリーズに搭載されているマザーボードのサイズと言えば伝わるでしょうか。

それでいてできるだけ「IMB-1224」から機能を削るまいとした努力が見え隠れしています。

▲表側はとても密です。

COMピンの数などはだいぶ減っていますが、SATA×2や、LVDSなどは残っています。
M.2もKey MとKey Bがありますね。

▲背面です。

メモリスロットは表裏に分かれる変則仕様ですね。

この手の変則仕様はASRockの得意とするところで、サーバー向けブランドのASRock RackではMini-ITXなのに表裏合わせて6枚のメモリを搭載できる「EPC621D6I」という、変態の極みみたいなマザーボードがあったりします。

ASRock Rack > EPC621D6I

▲インターフェースは前後に分かれましたが、HDMI×4は死守しています。

前面にHDMIが一つ来ているので、VRヘッドセットと相性がよさそうだなぁと思ったり。

まとめ

「NUC 1100 BOX」は産業部門のASRock Industrialから発表されたものの、明らかにASRock本家がかつて「BeeBox-S」の名で販売していたミニPCの流れを汲んでいます

「BeeBox-S」は国内でも販売されていましたし、同じ系列にあたる、組み込みRyzenを搭載した「4X4 BOX」はAmazonで販売もされています。

産業向け要素の濃いファンレスの「iBOX 1100」は怪しいですが、コンシューマ寄りの「NUC 1100 BOX」は国内でも販売される可能性はあるでしょう。

今後のアナウンスが楽しみです。

関連リンク

created by Rinker
ASROCK
¥29,800(2021/12/07 11:51:08時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ASROCK
¥42,030(2021/12/07 14:02:10時点 Amazon調べ-詳細)

NUC BOX-1165G7:ASRock Industrial
NUC BOX-1135G7:ASRock Industrial
NUC BOX-1115G4:ASRock Industrial
IMB-1224:ASRock Industrial
STX-1500:ASRock Industrial
ニュースリリース:ASRock Industrial

コメント

タイトルとURLをコピーしました