どれを選ぶ?各メーカーの超小型デスクトップPCをまとめてみました

超小型デスクトップと言えば、PC界隈やガジェット界隈ではカスタマイズで格安となるLenovo「M75q」シリーズが不動の人気を誇っていますが、同クラスのデスクトップ機は各社から発売されています。

今回は各社の超小型デスクトップをまとめてみました。

まとめてみて意外だったのが、各社とも5~6万円台からのモデルを用意していたことです。最安モデルのCPUこそバラバラですが、各社とも個性の出し方がそれぞれで面白いです。

スポンサーリンク

Lenovo

ThinkCentre M75q Tiny Gen2

CPU Ryzen 7 PRO 4750GE
Ryzen 5 PRO 4650GE
Ryzen 3 PRO 4350GE
メモリ 4~16GB DDR4-3200
ストレージ 256~512GB NVMe SSD
USB Type-C(Gen1)×1
3.0×3、2.0×2
wi-fi 802.11ax+BT5.1
サイズ 182.9×179×36.5mm
重さ 1.25kg

Lenovoで見る

言わずと知れた、格安ミニデスクトップの代名詞です。
カスタマイズでオプションをどんどん外していくことで、Ryzen 5 PRO 4650GE搭載機が5万円切りの価格となります。

LenovoのミニPC「ThinkCentre M Tiny(AMD)」シリーズはカスタマイズ次第で激安価格になることから一部界隈で大人気で...
モデル CPU 価格 最安構成価格
スタンダード Ryzen 3 PRO 4350GE 49,940円 44,440円
パフォーマンス Ryzen 5 PRO 4650GE 59,950円 47,850円
プレミアム Ryzen 7 PRO 4750GE 74,800円 56,100円

NEC

LAVIE Direct DT Slim

CPU Core i5-10500T
メモリ 8GB DDR4-2666
ストレージ 256GB NVMe SSD
USB Type-C(Gen1)×1
3.0×5
wi-fi なし
サイズ 182.9×179×34.5mm
重さ 1.28kg
その他 キーボード・マウス付

NEC Directで見る

一部世間では「白いM75q」とも呼ばれている、NECのデスクトップです。
こちらも価格.com限定モデルがあり、第10世代Core i5機が5万円台で購入できると話題になりつつあります。

構成 Office 価格 価格(税込)
8GB/256GB × 54,364円 59,800円
8GB/256GB+1TB HDD × 62,545円 68,800円
8GB/256GB H&B 72,364円 79,600円
8GB/256GB+1TB HDD H&B 80,545円 88,600円

ASUS

PB50

CPU Ryzen 7 3750H
Ryzen 5 3550H
メモリ DDR4(2スロット)
ストレージ 2.5インチ+M.2 NVMe
USB Type-C(3.2 Gen2)×1
3.0×4、3.2Gen2×2
映像出力 HDMI、DisplayPort
wi-fi 802.11ac+BT4.2
サイズ 175×175×34.2mm
重さ 1.19kg

ASUS Storeで見る

ベアボーンとなりますが、がじぇっとりっぷでレビューしたこともあるのがASUS「PB50」です。

Ryzen 7 3750Hモデル(47,091円)とRyzen 5 3550Hモデル(37,091円)がありますが、公式ストアではRyzen 5 3550モデルは在庫切れとなっています。
Amazonでも2021年2月14日入荷予定となっているので、市場在庫もないっぽいですね。

PB60G

CPU Core i5-9400T
GPU GeForce GTX 1650
メモリ 8GB DDR4-2400
ストレージ 256GB M.2 SSD+1TB HDD
USB Type-C(Gen1)×1
3.1 Gen2×3
3.1Gen1×1、2.0×2
映像出力 HDMI×2、DVI×1
DisplayPort×3
wi-fi 802.11ac+BT5.0
サイズ 175×175×70.2mm
重さ 1.75kg

ASUS Storeで見る

他とちょっと毛色が違うのが「PB60G」で、GeForce GTX1650を搭載したグラフィックモジュールがセットになっています。

こちらは「PB50」と違ってストレージ・メモリ・OSもそろった完成品となっています。

DELL

DELLは法人向けの「OptiPlex micro」シリーズでmicroフォームファクタデスクトップを販売しています。
法人向けですが特に何かしら提示する必要もなく、個人名でも購入できます。

「OptiPlex micro」は3000、5000、7000の3つのグレードで展開されていて、ちょっとづつ内容が異なっています。
なお、表示価格は現在開催中のキャンペーンクーポン(15~25%オフ)適用後の価格となります。

3080 5080 7080
価格 53,533円~ 77,235円~ 89,985円~
CPU Core i5-10500T
Core i3-10100T
Core i7-10700T
Core i5-10500T
メモリ 4/8GB DDR4 8GB DDR4 8/16GB DDR4-2933
ストレージ 256GB M.2 SSD
or 500GB HDD
256GB M.2 SSD
or 1TB HDD
USB 3.2 Gen1 ×4
2.0×2
3.2 Gen2(Type-C)×1
3.2 Gen1×4
3.2 Gen2(Type-C)×1
3.2 Gen2×3
3.2 Gen1×2
映像出力 HDMI 2.0b
DisplayPort 1.4
DisplayPort 1.4×2
Wi-fi 802.11ac(1×1)+BT4.2
Intel AC3165
802.11ax+BT5.0
Intel AX201
電源 65W 90/130W 90/130/180W
オプション 2.5GbE
デュアルM.2
Radeon RX640(4GB)

「OptiPlex 7080 micro」のGPU内蔵も魅力的ですが、「OptiPlex 3080 micro」であれば5万円台で購入できるところもいいですね。
それぞれのインターフェースは下に掲載しています。

Optiplexシリーズ

OptiPlex 3080 micro

  1. 電源ボタン | 2.ユニバーサル オーディオ ジャック | 3.ライン出力 | 4.USB 3.2 Gen 1 Type-Aポート | 5.USB 3.2 Gen 1 Type-Aポート | 6.ワイヤレス アンテナ用ノックアウト スロット | 7.ビデオ ポート(オプション):シリアル/DP 1.4/HDMI 2.0b/VGA | 8.2 USB 2.0ポート(1つはスマート パワー オン機能搭載) | 9.2 USB 3.2 Gen 1 Type-Aポート(背面) | 10.手締めネジ | 11.RJ-45ポート10/100/1000 Mbps | 12.Kロックスロット | 13.DisplayPort | 14.HDMIポート | 15.電源接続

OptiPlex 5080 micro

  1. 電源ボタン | 2. ユニバーサル オーディオ ジャック | 3. ライン出力 | 4. USB 3.2 Gen 2 Type-Cポート | 5. USB 3.2 Gen 1 Type-Aポート | 6. ワイヤレス アンテナ用ノックアウト スロット | 7. オプションのポート:VGA/DP1.4/HDMI 2.0b/USB Type-C | 8. 4 x USB3.2 Gen1 Type-A | 9. 手締めネジ | 10. パドロック ループ | 11. RJ-45ポート | 12. Kensingtonロック スロット | 13. 2 x DisplayPort | 14. 電源接続

OptiPlex 7080 micro

  1. 電源ボタン | 2. ユニバーサル オーディオ ジャック | 3. ライン出力 | 4. USB 3.2 Gen2 TYPE-Cポート | 5. USB 3.2 Gen 2 Type-Aポート(PowerShare対応) | 6. ワイヤレス アンテナ スロット | 7. オプション:シリアル/PS/2ポート/DP1.4/HDMI 2.0/VGA/USB 3.2 Gen 2 Type C(DP Altモード対応) | 8. RJ45 | 9. 2 x USB 3.2 Gen 1 Type-Aポート(1つはスマート パワー オン対応) | 10. 2 x USB 3.2 Gen 2 Type-Aポート | 11. ケーブル クリップ | 12. 手締めネジ | 13. Kensingtonロック スロット | 14. 2 x DisplayPort 1.4 | 15. 電源接続(DC入力)

「OptiPlex 7080 micro」はGPU搭載時は筐体から変更となります。

Optiplexシリーズ

HP

HPは超小型デスクトップPC特集ページを作っています。スペックが分かりにくいので、そこは別途表を作ってみました。

HP 260 G3 ProDesk 400 G5 ProDesk 400 G6 EliteDesk 800 G6
価格 69,800円~ 34,300円~ 49,800円~ 64,800円~
CPU Core i3-7130U Core i5-9500T
Core i3-9100T
Celeron G4930T
Core i5-10500T
Core i3-10100T
Core i7-10700T
Core i5-10500T
Core i3-10100T
メモリ 8GB 4/8GB DDR4-2666
ストレージ 1TB HDD 128/256GB M.2 SSD
or 500GB HDD
256GB M.2 SSD
or 500GB/1TB HDD
USB 3.1 Gen1×4
2.0×2
3.1 Gen1×4
2.0×2
3.2 Gen2(Type-C)×1
3.2 Gen2×1
3.2 Gen1×2
2.0×2
映像出力 HDMI
VGA
Displayport×2 HDMI 1.4
DisplayPort 1.4
Displayport×2
Wi-fi なし 802.11ac(2×2)+BT5.0
Intel AC9560
802.11ax+BT5.0
Intel AX201
電源 65W
オプション オプションポート

旧モデルとなる「HP ProDesk 400 G5 DM」は、Celeron G4930Tモデルが税抜34,300円からと、かなり安くなっています。

HP 超小型デスクトップPC

マウスコンピューター

M600

CPU Core i5-8265U
Core i3-8145U
Celeron 4205U
メモリ 4~16GB DDR4-2666
ストレージ 128~256GB M.2 SSD
USB Type-C(Gen1)×1
3.1 Gen1×4、2.0×2
映像出力 HDMI×1、D-Sub×1
wi-fi 802.11ax+BT5.0
サイズ 150×194×28mm
150×219×73mm(含スタンド)
重さ 0.62kg

マウスで見る

mouseはちょっとスタイルが違いますが、法人向けに小型デスクトップを出しています。
これについては以前の記事でちょっと言及していて、ASRockのOEMではないかと結論付けています。

2020年11月26日、ASRock(本社:台湾)はRyzen 4000Uシリーズを搭載する薄型コンパクトベアボーン「Mars 4000U」...

ここまで紹介してきた中でも薄さは群を抜いており、本体だけだと厚さは28mmです。それでいてM.2+2.5インチのデュアルストレージができるのですから、びっくりです。

富士通

ESPRIMO WD1/E2

CPU Core i7-10110T
Core i3-10110T
Celeron G5905T
メモリ 4~16GB DDR4-2666
ストレージ 256~512GB M.2 SSD + 2.5″HDD
USB Type-C(Gen2)×1
3.1 Gen2×2
3.1 Gen1×4、2.0×2
映像出力 HDMI×1、DisplayPort×2
wi-fi 802.11ax+BT5.0
サイズ 191×186×55mm
重さ 2.1kg

富士通WEBマートで見る

■前面
1.光学ドライブ
2.ディスク取り出しボタン
3.強制取り出し穴
4.通風孔
5.無線LAN・Bluetooth ワイヤレステクノロジー兼用アンテナ
6.電源ボタン
7.ディスクアクセスランプ
8.USB 3.2(Gen2) Type-Cコネクタ
9.USB 3.2(Gen2) Type-Aコネクタ
10.マイク・ヘッドホン・ヘッドセット兼用端子
11.フット(設置台)
■背面
1.インレット
2.HDMI出力端子
3.ロック金具
4.DisplayPortコネクタ(DP)
5.USB3.2(Gen1) Type-Aコネクタ
6.ラインアウト端子
7.通風孔
8.盗難防止用ロック取り付け穴
9.セキュリティ施錠金具
10.LANコネクタ
11.USB2.0 Type-Aコネクタ

富士通の小型デスクトップは光学ドライブ内蔵タイプです。それでいて55mmという厚さに抑えています。
ただ、スタートは割と安めですが、オプションが高いのが国産メーカーらしいところで、これはちょっと残念だなぁと。

エプソン

ST20E/ST40E

CPU Core i3-7100U
Celeron N3160
メモリ 4~16GB DDR4-2133
ストレージ 64GB~1TB SSD
USB 3.1 Gen1×4、2.0×1
映像出力 DispalyPort×1
HDMI×1、VGA×1
wi-fi 802.11ac+BT4.1
サイズ 184.7×195×45mm
重さ 0.7kg

Epsonで見る

あまり知られていませんがエプソンもPCの発売を続けており、小型デスクトップは3種類のサイズ、4モデルを販売しています。

もっとも小型なのは同サイズのST20E/ST40Eで、ST20EはファンレスのCeleron機、ST40EはファンありのCore i3機となっています。

とはいってもどちらも世代が古すぎるので、とてもではありませんが、今買うPCとは言えないです(販売しているので一応紹介だけしますが)。

ST190

CPU Core i7-8700T
Core i5-8500T
Core i3-8100T
Celeron G4900
メモリ 4~32GB DDR4-2666
ストレージ 256GB~1TB M.2 SSD
128GB~1TB M.2 SSD
500GB/1TBHDD
USB Type-C(Gen2)×1
3.1 Gen2×1
3.1 Gen1×3、2.0×3
映像出力 HDMI×1、DisplayPort×2
wi-fi 802.11ac+BT5.0
サイズ 191×186×55mm
重さ 2.1kg

Epsonで見る

「ST190」は第8世代CPU搭載で、M.2 SSD対応など今風になっています。
面白いのは専用の光学ドライブが用意されていて、一体化できる点でしょうか。光学ドライブ装着時は高さが66mmになります。

オプションポートが一つ用意されていて、シリアルポートの他、LANポートの増設もでき、社内LANとか院内LANなど、複数のネットワーク接続にも対応できるようになっています。

Endeavor SG100E

CPU Core i9-10900T
Core i7-10700T
Core i5-10500T
Core i3-10100T
GPU GeForce GTX 1650
メモリ 8~32GB DDR4-2933
ストレージ 256GB~1TB M.2 SSD×2
USB Type-C(TB3)×1
Type-C(Gen2)×1
3.1 Gen2×2
3.1 Gen1×3
映像出力 HDMI×1、DisplayPort×1
wi-fi 802.11ax+BT5.0
サイズ 177×207×74mm
重さ 2.1kg

Epsonで見る

エプソンが良く分からない本気を出してきたのが「SG100E」です。
ASUS「PB60G」とほぼ同じ大きさながら、カード長170mmまでの2スロットタイプのロープロファイルPCIeカードまでを増設できます。

基本はGeForce GTX 1650などのGPUカードですが、オプションで10GbEカードなどに変更することもできる点は、「PB60G」より柔軟性が高いですね。
背面にThunderbolt 3があるあたりも好印象です。