安価な2-in-1。 Lenovo「IdeaPad Flex 550/550i」は5万円台からでIntel/AMD両対応

2020年7月21日、LenovoはIntel CPUとAMD CPUのどちらにも対応した14インチ2-in-1ノート「IdeaPad Flex 550」および「IdeaPad Flex 550i」を発売いたしました。
ちなみに型番の”i”がIntelモデルを表しています。無印がAMDモデルになったあたり、下剋上感があって素敵です。

スポンサーリンク

スペック

■IdeaPad Flex 550
CPU Ryzen 7 4700U
Ryzen 5 4500U
Ryzen 3 4300U
メモリ 4~16GB DDR4-3200
ストレージ 256~512GB NVMe SSD
画面 14.0インチ IPS FHD
USB 3.0(Type-C)×1、3.0×2
wi-fi 802.11ac+BT4.2
サイズ 321.5×217.5×17.9mm
重さ 2.1kg

Lenovoで見る

■IdeaPad Flex 550i
CPU Core i7-1065G7
Core i5-1035G1
Core i3-1005G1
メモリ 4~16GB DDR4-3200
ストレージ 256~512GB NVMe SSD
画面 14.0インチ IPS FHD
USB 3.0(Type-C)×1、3.0×2
wi-fi 802.11ac+BT4.2
サイズ 321.5×217.5×17.9mm
重さ 2.1kg

Lenovoで見る

詳細スペックを見る
メーカー Lenovo
名称 IdeaPad Flex 550 IdeaPad Flex 550i
発売日 Wed Jul 01 2020 00:00:00 GMT+0900 (日本標準時)
定価 104,500円~
実売価格 54,340円~
価格条件
CPU Ryzen 7 4700U
Ryzen 5 4500U
Ryzen 3 4300U
Core i7-1065G7
Core i5-1035G1
Core i3-1005G1
グラフィック Radeon Vega 7
Radeon Vega 6
Radeon Vega 5
Iris Plus
UHD
メモリ 4~16GB
メモリ規格 DDR4-3200
メモリ増設 ×
2.5inch ×
M.2 256〜512GB(PCIe) 128〜512GB(PCIe)
画面 14.0インチ IPS
解像度 1920×1080
ベゼル幅
表面 グレア
タッチ対応 10点マルチ
光学ドライブ
USB2.0
USB3.0 2(3.0)
USB-C 1(3.0)
USB PD
HDMI
LANポート
wi-fi 802.11ac
Bluetooth 4.2
office
カードリーダー SDXC
Webカメラ 720p
赤外線カメラ ×
NFC ×
指紋センサー
Windows Hello ×
オーディオジャック
マイク デュアル
スピーカー ステレオ
スピーカー位置 キーボード左右
サウンド
キーピッチ
キーストローク
キーボードバックライト
バッテリー 3セル
稼働時間 13.6Hr(R7)
12.2Hr(R5)
12.8Hr(R3)
10.6Hr(i7)
11.6Hr(i5)
11.9Hr(i3)
ACアダプタ 65W
充電時間 3.0Hr
急速充電 なし
321.5mm
奥行き 217.5mm
高さ 17.9mm
重量 2.1kg
開口角度 360°
カラー プラチナグレー
その他特徴 加速度センサー
ThinkShutter
ペン

モデル一覧

CPU メモリ ストレージ Office 価格
Ryzen 3 4300U 4GB 256GB × 54,340円
Ryzen 5 4500U 8GB 59,455円
512GB 61,875円
Ryzen 7 4700U 16GB 72,380円
Ryzen 3 4300U 4GB 256GB H&B2019 75,240円
Ryzen 5 4500U 8GB 80,080円
512GB 84,150円
Ryzen 7 4700U 16GB 92,565円

CPU メモリ ストレージ Office 価格
Core i3-1005G1 4GB 128GB × 54,340円
Core i5-1035G1 8GB 256GB 63,360円
512GB 70,070円
Core i7-1065G7 16GB 95,040円
Core i3-1005G1 4GB 128GB H&B2019 73,920円
Core i5-1035G1 8GB 256GB 84,535円
512GB 90,365円
Core i7-1065G7 16GB 115,995円

特徴

冒頭にもあるように、「IdeaPad Flex 550/550i」はIntel/AMD両対応の、14インチ2-in-1ノートです。

筐体そのものは共通で、スペック表上での差はIntel CoreシリーズかAMD Ryzenシリーズかといったくらいです。
あとはCPUの価格差を埋めるためか、Core i3モデルはSSDが128GBで、Ryzen 3モデルは256GBといったくらいでしょうか。

CPUはIntelモデルが10nmプロセスなIce Lake世代、AMDモデルは7nmプロセスなRyzen 4000シリーズです。

2019年8月1日、Intelは第10世代Coreプロセッサ「Ice Lake」の仕様を発表しました。 発表されたのはTDP15W/28Wの...
2020年1月7日、AMDはCES 2020(会期:‎2020年01月07日~01月10日)で「Ryzen 4000」シリーズおよび「Ath...

がじぇっとりっぷではIce Lake、Ryzen 4000ともにまだレビューしたことがないのですが、PassMarkでのスコアを見比べる限り、Ryzen 4000が圧倒しています。

PassMark CPU
Ryzen 7 4700U(8C/8T) 139802594

Ryzen 5 4500U(6C/6T) 112382475

Core i7-1065G7(4C/8T) 89922504

Core i5-1035G1(4C/8T) 79642390

Ryzen 3 4300U(4C/4T) 78912370

Core i3-1005G1(2C/4T) 52472306

上段:マルチスレッド、下段:シングルスレッド

これでAMDモデルの方が安いというんだから、LenovoがAMD系を無印にしてしまうのもうなずけます。

メモリはCPUと対応していて、Core i3/Ryzen 3は4GB、Core i5/Ryzen5は8GB、Core i7/Ryzen 7は16GBです。
オンボードでメモリスロットもなしとなっているので、4GBなCore i3/Ryzen 3モデルは選びにくいですね。

ストレージは最安値をそろえるためか、Core i3が128GB、Ryzen 3が256GBと異なっています。
Core i5/Ryzen5は256GBと512GBが選べ、Core i7/Ryzen 7は512GBです。

安価なモデルなためか、Wi-fiは802.11ac(Wi-fi 5)止まりとなっています。
「IdeaPad Flex 550/550i」は固定スペックでカスタマイズもできないので、ここはそろそろ安価なモデルにも802.11ax(Wi-fi 6)を導入してほしいところです。

筐体

前述のとおり、「IdeaPad Flex 550/550i」は共通の筐体を用いています。

▲ディスプレイのベゼルはかなり細いです。

分かりにくいですがカメラはプライバシーシャッター(ThinkShutter)付きです。

▲2-in-1ノートなのでディスプレイは360度回転します。

がじぇっとりっぷは未だにテントモードとか使ったことはありませんが、人によっては使うん…でしょうか?

▲タブレットモードです。

「IdeaPad Flex 550/550i」はLenovo Digital Penなるものが標準で付属します。

Lenovoは複数のペンをリリースしていますが、おそらくは「Lenovo 電子ペン」になるものと思われます。

ペン/PCサプライ > ペン:Lenovo

また、排気口がヒンジ部にあることも画像から分かります。

■右
1. USB 3.0
2. 4-in-1メディアカードリーダー
3. 電源ボタン
■左
4. 電源コネクタ
5. HDMI
6. USB3.0 Type-C (PD対応)
7. コンボ・ジャック

インターフェースは2-in-1スタイルに合わせたものとなっていて、例えば電源ボタンはサイドに来ています。

クラムシェルノートと違って左右バランスよく配置しているのも特徴ですね(最近では右はマウス用のUSB一つとカードスロットなど出っ張らないものを配置することが増えています)。

▲ちょっと画像が小さいですがキーボードです。

指紋リーダーは標準で搭載されます。

スピーカーは底面ではなくキーボード左右にありますが、同じキーボード左右スピーカーな「IdeaPad S540」から変わっていなければ、”底面にあるよりはましだけど目の前を音が通り過ぎる”感じになると思われます。

がじぇっとりっぷはAMD派であることを度々公言していますが、実はこれまでRyzen機のレビューがありません。 ということで、Lenovo「I...

まとめ

「IdeaPad Flex 550/550i」は5万円台スタートと安価な2-in-1ノートですが、性能差やメモリ等のスペックまで含めて考えると、Ryzen 5モデルかRyzen 7モデルに絞られそうです。

特にRyzen 5/8GB RAM/256GB SSDのモデルは記事執筆時点で59,455円と6万円を切っていますし、プラス2,000円で512GBにできるので悩ましいところです。

価格だけならば「IdeaPad Slim 350 14」の方が安価ではありますが、ディスプレイがTNパネルだったり、USB Type-Cがなかったり、ベゼルが太かったりとCPU以外の評価はよくありません(メモリ増設ができる点は「IdeaPad Slim 350 14」の方が上ですが)。

2020年6月9日、LenovoはRyzen 4000シリーズを搭載した14インチノート「IdeaPad Slim 350 14」を発売いた...

個人的にはRyzen 5/Ryzen 7モデルは「IdeaPad Slim 350 14」との差額分くらいのメリットはあるんじゃないかと思います。

関連リンク