MX450も選べる! Lenovo「ThinkPad E14/15 Gen2(Intel)」はTB4も搭載して6.7万円台から

2020年11月10日、LenovoはIntel第11世代Core CPU(コードネーム:Tiger Lake)を搭載した「ThinkPad E14/15 Gen2(Intel)」を発売いたしました。

スポンサーリンク

スペック

■ThinkPad E14 Gen2(Intel)
CPU Core i7-1165G7
Core i5-1135G7
Core i3-1115G4
メモリ 4~16GB DDR4-3200
ストレージ 256~512GB NVMe SSD
画面 14.0インチ IPS FHD
USB Type-C(TB4)×1
Gen1×1、2.0×1
wi-fi 802.11ax+BT5.0
802.11ac+BT4.2
サイズ 324×220×17.9mm
重さ 1.59kg

■ThinkPad E15 Gen2(Intel)
CPU Core i7-1165G7
Core i5-1135G7
Core i3-1115G4
メモリ 4~16GB DDR4-3200
ストレージ 256~512GB NVMe SSD
画面 15.6インチ IPS FHD
USB Type-C(TB4)×1
Gen1×1、2.0×1
wi-fi 802.11ax+BT5.0
802.11ac+BT4.2
サイズ 365×240×18.9mm
重さ 1.7kg
詳細スペックを見る
メーカー Lenovo
名称 ThinkPad E14 Gen2 ThinkPad E15 Gen2
発売日 2020/11
定価 129,800円~
実売価格 67,496円~
価格条件 税込・送料込
CPU Core i7-1165G7
Core i5-1135G7
Core i3-1115G4
グラフィック Iris Xe
UHD Xe
メモリ 4~16GB
メモリ規格 DDR4-3200
メモリ増設 最大32GB(1slot)
2.5inch ×
M.2 256〜512GB(NVMe)
空き×1
画面 14.0インチ 15.6インチ
解像度 1920×1080
ベゼル幅
表面 ノングレア
選択可
タッチ対応
光学ドライブ
USB2.0 1
USB3.0 1(Gen1)
USB-C 1(TB4)
USB PD
HDMI
LANポート 1GbE
wi-fi 802.11ax
Intel AX201
Bluetooth 5
office
カードリーダー
Webカメラ 720p
シャッター付き
赤外線カメラ
NFC
指紋センサー
Windows Hello
オーディオジャック
マイク デジタルアレイ
モード切替可
スピーカー ステレオ
スピーカー位置 底面左右
サウンド
キーピッチ
キーストローク
キーボードバックライト
バッテリー 45WHr
稼働時間 12.6Hr 10.7Hr(i7)
11.2Hr(i5)
ACアダプタ 65W Type-C
充電時間 2.0Hr
急速充電
324mm 365mm
奥行き 220mm 240mm
高さ 17.9mm 18.9mm
重量 1.59kg 1.7kg
開口角度 180°
カラー ブラック
その他特徴 TPM

特徴

「ThinkPad E14/15 Gen2(Intel)」は、先行して発売されていた「ThinkPad E14/15 Gen2(AMD)」のIntelモデルです。

2020年5月26日、LenovoはノートPCの2020年春モデルについて4シリーズ16モデルを発表しました。 「ThinkPad X」シリ...
「ThinkPad E14 Gen2」は「ThinkPad E495」の後継機種で、CPUがRyzen 4000Uシリーズに更新されています...

CPUには冒頭のとおり、Intel第11世代のTiger Lakeが搭載されています。

2020年9月2日、Intelは第11世代Core CPU、コードネーム「Tiger Lake」を発表いたしました。 合わせて新プラットフォ...
■CPU性能

CPU PassMark
Ryzen 7 4700U(8C/8T) 139802594
Core i7-1165G7(4C/8T) 116123090
Ryzen 5 4500U(6C/6T) 112382475
Core i7-1065G7(4C/8T) 89922504
Core i5-1035G4(4C/8T) 82412360
Core i5-1035G1(4C/8T) 79642390
Ryzen 3 4300U(4C/4T) 78912370
Ryzen 7 3700U(4C/8T) 74252062
Core i5-1135G7(4C/8T) 73392362
Ryzen 5 3500U(4C/8T) 71411991
Core i7-10510U(4C/8T) 70982440
Core i5-10210U(4C/8T) 64852262
Core i3-1115G4(4C/8T) 63202852
Core i3-1005G1(2C/4T) 52472306
Ryzen 3 3200U(2C/4T) 42311976
Core i3-10010U(2C/4T) 41992427

上段:マルチスレッド、下段:シングルスレッド

■グラフィック性能

CPU 3DMark Fire Strike
GTX 1650 Max-Q 68887779
GTX 1050 Max-Q 66017303
Core i7-1165G7
(Iris Xe)
48305139
Core i5-1135G7
(Iris Xe)
36924175
GeForce MX250(25W) 32803655
Ryzen 7 4800U
(Radeon Vega 7)
31193399
Ryzen 7 4700U
(Radeon Vega 7)
27573052
GeForce MX250(10W) 27452983
Ryzen 5 4500U
(Radeon Vega 5)
25412829
Core i7-1065G7
(Iris Pro 10th)
24822715
Ryzen 7 3700U
(Radeon Vega 10)
22462514
Ryzen 3 4300U
(Radeon Vega 5)
20432221
Ryzen 5 3500U
(Radeon Vega 8)
22102451
Core i5-1035G4
(Iris Pro 10th)
18741981
Core i7-10510U
(UHD 10th)
11181221
Core i5-8250U
(UHD 620)
10721172
Core i5-10210U
(UHD 10th)
10411139
Core i3-1005G1
(UHD 10th)
9361024
Core i3-10110U
(UHD 10th)
921995
Core m3-8100Y
(UHD 615)
838935
Celeron N4000
(UHD 600)
375394

上段:総合、下段:グラフィック

Core i3-1115G4のグラフィックスコアはありませんが、48EU(最大1.25GHz)のUHD Xeであることは分かっているので、単純計算だと96EU(最大1.35GHz)のCore i7-1165G7の半分弱くらいでしょうか。

そうするとRyzen 3 4300UやRyzen 7 3700Uと同程度ということになりますね。

メモリはオンボードなしの1スロットのようです。
まだレビューしたことがないのでTiger Lakeのデュアルチャネルの影響がどのくらいかは分かりませんが、最大性能は発揮できないでしょう。

ストレージはM.2+M.2のデュアルストレージです。標準搭載されるのは2242サイズとなるようで、おそらくは2242+2280の組み合わせでしょう。
カスタマイズでは最大で512GB+1TBまで選択できます。

そして個人的にグッと来たのが、Core i5以上のカスタマイズモデルで選択できる、GeForce MX450です。

GeForce MX450はGeForce GTX 1650/1650Tiと同じTU117アーキテクチャで、その性能もTDP28.5Wのものであればモバイル用のGeForce GTX 1050を超えてGeForce GTX 1650 Max-Qに迫るスコアを出しているようです。

2020年8月25日、NVIDIAは「GeForce MX450」を発表しました。 ※2020年10月18日追記:デスクトップ向けの情...

個人的にはCore i7よりもグラフィック能力で劣るCore i5と組み合わせた方が、dGPUを追加する意味が大きいんじゃないかと思っています。

そして何がすごいって、Core i5モデルだとMX450をオプションで付けても他のオプション次第では9万円を切るんですよね。

GeForce GTX 1650を搭載した、9万円を切るゲーミングノートはいくつかありますが、9万円を切るゲーミングノート並みの「ThinkPad」ってのはそうそうないと思います。

さらに注目したいのが、Thunderbolt 4です。

「ThinkPad E14/15 Gen2(Intel)」も当然搭載しています。

筐体(E14 Gen2)

▲筐体はおそらくAMDモデルと共通です。

ディスプレイはカスタマイズ可能で、以下の選択肢が用意されています。

・220nit TN
・250nit IPS :+1,100円
・300nit IPS 100%sRGB :+5,500円
・300nit IPS 10点マルチタッチ対応 :+7,700円

好みで選べとしか言いようがありませんが、最低でもIPSにした方が目には優しいです。

WEBカメラはWindows Hello用のIR(赤外線)カメラ付きにすることもできます。

また、マイクにはAIベースのノイズキャンセリング機能が内蔵されているとのこと。

■左
1. USB Type-C 3.1 Gen 1 (TB4対応)
2. Powered USB 3.1 Gen 1
3. HDMI
4. オーディオ・コンボ・ジャック
■右
5. USB 2.0
6. イーサネットコネクター(RJ-45)
7. セキュリティキーホール

インターフェースも配置や構成はAMDモデルと同じで、Type-C端子がThunderbolt 4対応になっている点が違いとなります。

給電可能な端子がType-C一つしかないので、給電能力のないTB3/4機器を使うときは、消費電力に気を付ける必要があります

▲キーボードが分かる画像はこんなのしかありませんでした。

キーボードバックライトはモデルによって標準搭載だったりオプションだったりします。
電源ボタンはキーボードの外側についています。
指紋リーダーはモデルによってあったりなかったりですがオプションで変更できます。

筐体(E15 Gen2)

▲フロントです。

15.6インチモデルはディスプレイのカスタマイズ内容が少し異なっています。

・220nit TN
・300nit IPS 60Hz 100%sRGB :+4,400円
・300nit IPS 60Hz 45%NTSC 10点マルチタッチ :+7,700円

■左
1. USB Type-C 3.1 Gen 1 (TB4対応)
2. Powered USB 3.1 Gen 1
3. HDMI
4. オーディオ・コンボ・ジャック
■右
5. イヤホン収納トレー(一部構成で選択時に搭載)
6. USB 2.0
7. イーサネットコネクター(RJ-45)
8. セキュリティキーホール

イヤホン収納トレーって何なんでしょうね…?
なんでもBluetoothイヤホンを収納できるようなのですが。充電もできるようになるのでしょうか?

サイトには「行方不明のヘッドセットや絡まったコードに悩まされることはもうありません」とありますが、イヤホンはPC以上に個人の好みが分かれると思うわけで…特定モデルの収納しか行えないとかだったら、害悪になり得ると思うのですが…

なお、記事執筆時点ではイヤホン収納モデルはなく、選択できません。

▲15.6インチモデルもキーボードが分かる画像はこんなのしかありませんでした。

まとめ

「ThinkPad E14/15 Gen2(Intel)」は、おそらく国内で2番目のGeForce MX450搭載可能機種です。国内初はたぶん、11月4日発売のMSI「Modern 14」ですね。

MSI エムエスアイModern-14-B11SB-030JP MODERN14B11SB030JP
created by Rinker

価格は「E14/E15」ともに税込・送料込で67,496円からですが、GeForce MX450を選択するにはCore i5以上である必要があります。

「E14」だと”パフォーマンス (Pro OS選択可能)”モデルのみ4GBメモリが選択できて(「E15」はどのモデルでも選択可)、GeForce MX450を搭載した場合の最安値は86,944円となります。

最安値にするとTNパネルだったりWi-fiが802.11acだったりと微妙なので、もうちょっと実用的な、”パフォーマンス”モデルにGeForce MX450を追加選択しただけの場合でも97,240円です。

なお、価格.com限定モデルもありますが、価格.com限定モデルは定額割引のため、オプションを付けるほど割安感が薄れます。

ThinkPad E14 Gen2(価格.com限定)

ThinkPad E15 Gen2(価格.com限定)

給電端子がType-Cの1ポートのみという点が個人的には残念ですが、その点さえ気にしなければ、予算10万円で買うノートとしてはおすすめです。

あ、GeForce MX450を選択するときは、標準の65Wアダプタだと足りなくなるかもしれないので、90Wくらいのアダプタも注文した方がいいでしょう(LenovoのType-Cアダプタは65Wまでしかないので、サードパーティー製品を使うことになります)。

関連リンク