4.6万円から。Lenovo「IdeaPad Slim 350i 14」は最安のTigerLake機

2021年1月26日、LenovoはIntel第11世代Core CPU(コードネーム:Tiger Lake)を搭載したエントリーノート「IdeaPad Slim 350i 14」を発表、2月1日ころから発売を開始しました。

スポンサーリンク

スペック

■IdeaPad Slim 350i 14
CPU Core i7-1165G7
Core i5-1135G7
Core i3-1115G4
メモリ 8GB DDR4-2666
ストレージ 256~512GB NVMe SSD
画面 14.0インチ TN FHD
インターフェース USB 3.0×2
USB 2.0×1
HDMI
SDXC
オーディオジャック
wi-fi 802.11ac+BT4.2
サイズ 327.1×241×19.9mm
重さ 1.5kg
詳細スペックを見る
メーカー Lenovo
名称 IdeaPad Slim 350i(14)
発売日 2021/01
定価 90,200円~
実売価格 46,904円~
価格条件 税込・送料込
CPU Core i7-1165G7
Core i5-1135G7
Core i3-1115G4
グラフィック Iris Xe
UHD Xe
メモリ 8GB
(4GBオンボード)
メモリ規格 DDR4-2666
メモリ増設 最大36GB
2.5inch
M.2 256〜512GB(NVMe)
画面 14.0インチ TN
解像度 1920×1080
ベゼル幅 やや太
表面 ノングレア
タッチ対応
光学ドライブ
USB2.0 1
USB3.0 2(Gen1)
USB3 Type-C
USB PD
HDMI
LANポート
wi-fi 802.11ac
Bluetooth 5
office
カードリーダー SDXC
Webカメラ 100万画素
シャッター付き
赤外線カメラ
NFC
指紋センサー
Windows Hello
オーディオジャック
マイク デュアル
スピーカー ステレオ
スピーカー位置 底面左右
サウンド
キーピッチ
キーストローク
キーボードバックライト
バッテリー 2セル
稼働時間 7.3Hr
ACアダプタ 65W
充電時間 3.5Hr
急速充電
327.1mm
奥行き 241mm
高さ 19.9mm
重量 1.5kg
開口角度 135°?
カラー プラチナグレー
その他特徴

ラインナップ

CPU メモリ ストレージ Office 価格
Core i3-1115G4 8GB 256GB 46,904円
68,266円
Core i5-1135G7 64,130円
82,137円
512GB 75,284円
107,019円
Core i7-1165G7 85,272円
108,031円

特徴

「IdeaPad Slim 350i 14」はタイトルにもあるように、4.6万円台からという格安のTigerLake搭載ノートです。先代Ice Lake搭載搭載機とモデル名は同じままですが、Core i3モデルのメモリが8GBになりました。

2020年6月17日、LenovoはIceLakeを搭載した14インチノートの新モデル「IdeaPad Slim 350i」を発売いたしまし...

現在のLenovoでは下位となる”1″、”3″、”5″を「IdeaPad」シリーズに、上位の”6″、”7″、”9″を「Yoga」シリーズに分類しています。

“1”は以前は最エントリーでしたが、現在はAMD 3020E/A4-9120Eという、Athron未満のAPU(AMDでのCPUの呼び名)搭載機しかラインナップされていません。

“3”と”5″の違い(「350i」と「550i」で比較)は、ざっくり以下のようになっています。ざっくりなので例外もありますが、イメージとしてはつかめるんじゃないかと。

550i 350i
CPU Core i3/i5/i7
メモリ 8/16GB(オンボード)
DDR4-3200
8GB(うち4GBオンボード)
DDR4-2666
メモリ増設 不可 可能(1スロット)
ストレージ 256/512GB M.2 SSD
ストレージ増設 M.2 SSD 2.5インチ
(コネクタがあるかは不明)
ディスプレイ IPS TN
USB 3.0(Type-C)×1
3.0×2
3.0×2
2.0×1
USB PD ×
バッテリー 3セル 2セル

ディスプレイパネルとインターフェース辺りが一番大きな違いです。

CPUは「IdeaPad Slim 350i 14」でもTiger Lake世代のCore i7-1165G7、Core i5-1135G7、Core i3-1115G4を搭載し、処理能力の面では違いはありません。

メモリはIceLake時代の4GBがなくなり、全モデル8GBで統一されました。
オンボード4GB+4GBモジュールの組み合わせなので換装ができ、最大36GBが可能(なはず)です。

ストレージは256GBまたは512GBです。
「IdeaPad Slim 350(14)」と同様であれば、内部には2.5インチストレージ用のスペースがありながら、コネクタが付いていない状態でデュアルストレージは不可になっているものと思われます

「IdeaPad Slim 350」はRyzen 4000シリーズを搭載していながら3万円台で購入できるという、格安ノートです。 Ryze...

Wi-fiは「IdeaPad Slim 550i」もそうでしたが、802.11ac(Wi-fi 5)止まりです。

▲フロントです

ベゼルはやや太めで、全体的にずんぐりとした印象を受けます。

キーボード自体はIdeaPadシリーズ共通で、同等クラスのAMD機である「IdeaPad Slim 350(14)」のレビューでは多少剛性が気になる程度で、打ちにくいとか引っかかるとか、そういうことはありませんでした

■左
1. 電源ジャック
2. HDMI
3. USB2.0
4. USB3.0
■右
5. マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック
6. 4-in-1メディアカードリーダー

インターフェースについて、USBは3ポートですがうち1ポートはUSB2.0で、Type-C端子もありません
当然、USB PD給電はなく、電源ジャックからの給電のみとなります。

▲うっすらとですが底面が見えます。

底面カバーはプラスチック製です。

まとめ

「IdeaPad Slim 350i 14」は4.6万円台からという、とにかく安価なモデルです。でも正直なところあまりお勧めはできません。

がじぇっとりっぷもあれこれレビューしましたが、TNパネルは本当に目が疲れます。これだけで敬遠の理由になります。

ちなみに「IdeaPad Slim 550i(14)」および「IdeaPad Flex 550i(14)」、AMD版の「IdeaPad Slim 550」の価格と比較するとこのようになります。

CPU メモリ SSD Office 価格 価格(Slim 550i) 価格(Flex 550i) 価格(Slim 550)
Core i3-1115G4 8GB 256GB 46,904円 55,242円 58,916円 54,340円(4GB)
68,266円 76,582円 78,848円 75,240円(4GB)
Core i5-1135G7 64,130円 65,637円 67,584円 59,455円
82,137円 85,910円 89,199円 80,080円
512GB 75,284円 76,835円 74,382円 61,875円
107,019円 96,976円 95,029円 84,150円
Core i7-1165G7 85,272円 89,100円(16GB) 99,792円(16GB) 72,380円
108,031円 109,021円(16GB) 121,011円(16GB) 92,565円
2021年1月26日、Lenovoは画面が360度回転する2-in-1ノート「IdeaPad Flex 550i」のIntel第11世代Co...
2021年1月13日、LenovoはIndel第11世代Coreプロセッサ(コードネーム:Tiger Lake)を搭載した14インチと15....

安いのはCore i3モデルだけで、Core i5以上は「IdeaPad Slim 550i」と差がなく、わざわざ下位を選ぶ理由もありません。というか、大容量メモリが必要ないなら「IdeaPad Slim 550i」を選ぶべきです。

これを買うとすればディスプレイを長時間見続けない用途や大量のメモリを積む用途、例えばマインクラフトサーバーなどには向いているでしょうか。

関連リンク