PCIeが生えてる。 Celeron N3350/N3450搭載の「ZimaBoard」がKickstarterに登場

2021年1月14日、クラウドファンディングサイトのKickstarterで、Celeron N3350/N3450を搭載したSBC(と言えるのかどうか微妙ですが…)の「ZimaBoard」がファンディングを開始いたしました。

ZimaBoard Single Board Server for Creators:Kickstarter

スポンサーリンク

スペック

■ZimaBoard 216/832
CPU Celeron N3450
Celeron N3350
メモリ 2 / 8GB LPDDR4
ストレージ 16 / 32GB eMMC
USB 3.0×2
ネットワーク GbE×2
サイズ 120×75.5×25mm

特徴

冒頭にも書いたように、「ZimaBoard」はSBC(シングルボードコンピューター)っぽい雰囲気を出していますが、GPIOを持つわけでもなく、ちっちゃいオンボードマザボと呼んだ方が正しそうです。

CPUはApollo Lake世代のCeleron N3350(2コア2スレッド)またはCeleron N3450(4コア4スレッド)です。

CPU GeekBench 5
Celeron J4125(GML) 1550450
Celeron J4115(GML) 1452417
Athron 3050U 1358743
Core m3-8100Y(AML) 1256788
Pentium N5000(GML) 1196426
Celeron N4100(GML) 1115380
Amlogic S922X(1.9GHz) 945285
Pentium N4200(APL) 942308
Celeron N3450(APL) 923277
Atom x7-Z8750 707221
RK3399(1.8GHz) 700260
Celeron N4000(GML) 688391
BCM2711(RPi4) 646204
Amlogic S912(1.5GHz) 590105
Atom x5-Z8350 532169
Celeron N3350(APL) 522289
RK3288(1.6GHz) 500155
Amlogic S905X3(1.9GHz) 452133
AllWinner H6(1.5GHz) 329110

上段:マルチスレッド、下段:シングルスレッド

x86/ARM織り交ぜたグラフを作ってみましたが、N3450であればSBCでも上位SoCとして扱われるRockchip RK3399より少し上くらいにはなるようです。
Celeron N3350はBCM2711(Raspberry Pi 4のSoC)どころか、Atom x5-Z8350にも負けています。

CeleronなのでWindowsも動きますが、快適には程遠い動作となることは覚悟する必要があるでしょう。

実際、「ZimaBoard」の対応OSはWindows以外にもOpenWrt、pfSenseなどのルーター系OS、AndroidやLibreElecなどのLinux系OSが挙げられていて、用途もソフトウェアルーター、メディアサーバー、NASなどとなっています。

確かにNAS用途であれば、N3350に近いスペック・スコアのCeleron J3355を搭載したQNAP「TS-251B」やTerraMaster「F2-221」を以前にレビューしていますが、特に不満を感じることはありませんでした。

2018年11月6日、ストレージメーカーのTerraMasterはCeleron J3355搭載の2ベイNAS「F2-221」を発表しました...
QNAPが発売する2ベイNAS「TS-251B」は、がじぇっとりっぷでも紹介記事を書いていますが、このたび試用する機会を得られましたので、ち...

現在はどちらも後継機が出ていて、QNAPはCeleron J4125になり、2.5GbEも搭載した「TS-253D」が、TerraMasterはCeleron J3455止まりだけれども10GbEが付いた「F2-422」が発売されています。

先日、QNAP「TS-x53D」の記事を書きましたが、QNAP様より「TS-253D」をお借りすることができましたので、レビューしたいと思い...

ちなみにCeleron N3350にWindowsを入れたものが2020年8月にドン・キホーテより発売されていますが、一番評価されているのが「キーボードがJIS配列」って点でお察しですね。

2020年8月24日、ドン・キホーテはプライベートブランド【情熱価格】の新商品で、Apollo Lake世代のCeleron N3350を搭...

「ZimaBoard」にはCPU・メモリ・ストレージの違いで2モデルが用意されています。

ZimaBoard 216:Celeron N3350/2GB RAM/32GB eMMC
ZimaBoard 832:Celeron N3450/8GB RAM/64GB eMMC

ストレージはともかく、メモリは2GBか8GBってのは振れ幅が大きいですね。ちなみにLPDDR4なのでDDR3よりは早いです。

▲本体のサイズ感です。

120mm×72.5mmなので、クレカ2枚分より一回り小さいくらいです。

▲映像からの切り出しですが、インターフェースです。

左にminiDisplayPort(DP1.2、4K/60Hz)、真ん中にLAN+USB3.0端子が2つ、右に電源端子と並んでいます。

Celeron N3350/N3450の内蔵グラフィックはHD Graphics 500で、HDMIは1.4b(4K/30Hzまで)、DisplayPortは1.2(4K/60Hzまで)のサポートとなるので、一つだけ選ぶならDPにするのは理に適っています。

…まぁベストは両方とも搭載することなのでしょうが…

▲見づらいですが反対側の端にはSATA端子が2つ並んでいます

真ん中と左側にあるのがSATA電源と思われますが、説明がないんですよね…
SATAがあるとNASにしやすそうです。

あと、ヒートシンクが無駄にかっこいいです。

▲「ZimaBoard」最大のポイントともいえるのが、PCIeスロットです。真横に生えているので使用時は場所を取ります。

PCIe2.0 x4で、メーカー側では下記の5つのボードを用意しています。

・PCIe to 4 Channel USB Adapter
・PCIe to NVMe SSD Adapter
・PCIe to 2.5 Gbe Ethernet
・PCIe to WiFi 6
・PCIe to 5 Channels SATA

PCIe2.0 x4なら規格上は10GbEカードも使えますが、消費電力の面で厳しいでしょう。

▲ヒートシンクなしだとこんな感じ

CPUの右上にあるのがeMMCとなります。
eMMCの下は電源部でしょうが、4+2フェーズでしょうか。

まとめ

「ZimaBoard」の価格は以下のようになっています。

ZimaBoard 216:69.9ドル(約7,300円)(限定200)
ZimaBoard 216:79.9ドル(約8,300円)
ZimaBoard 832:129.9ドル(約13,500円)(限定200)
ZimaBoard 832:139.9ドル(約14,500円)
ZimaBoard Dev Kit:299.9ドル(約31,000円)

上4つはボードのみで電源なし、Dev Kitは216+832+電源(12V/3A)2個+PCIeボード5種と、豪華なセットになっています。

用途を考える必要はありますが、最安で8000円台、1.5万出せば8GB/64GBなIntelボードはアリだと思いますし、3万円で本体2種とボード5種が付いてくるのも面白いですね。

関連リンク

ZimaBoard Single Board Server for Creators:Kickstarter
公式サイト